MENU

バイクを降りてからも動きやすさ抜群!デグナーのソフトシェルジャケット20WJ-7はライトユーザーに最適

ソフトな着心地ながら、バイクウエアとしての基本性能を有する

バイクの楽しみ方は人それぞれ。目的地を設定して観光したり、土地の料理を楽しんだり、今流行のキャンプをしたり、もちろんただ純粋に走りを楽しむという人もいるはずだ。そんなバイクとの付き合い方によって、バイク用ジャケットに求められる性能が異なるのは言うまでもない。

しかし、バイク用のジャケットとなると、やはりハードなデザインで、重く、動きにくいものがやはり多数派。かと言って、プロテクターが入っていないようなバイク用ではないアウトドアウエアを着用するのは、安全性の観点から見れば気が引けるものだ。

デグナーのソフトシェルジャケットは、その名の通り動きやすいポリエステルのソフトシェル素材を採用。着心地も軽く、バイクを降りてからの動きやすさは抜群だ。

一見するとバイクウエアに見えないようなシンプルなデザインも好印象。スクーターからスポーツバイクまで、違和感なく合わせることができるだろう。

背中、肩、肘、胸にプロテクターがしっかり入っており、安全性も抜かり無い。

真冬の厳寒時や高速ロングツーリングには、もっとヘビーデューティーなバイクウエアが必要になるかもしれないが、日帰りや街乗りなどライトなツーリングなら、最適な1着となりそうだ。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

中綿インナーで保温性を確保する。滑りの良い裏地なので、脱ぎ着もしやすい。止水チャックではないので、防水性は期待できない。天気の怪しい日にはしっかりとかっぱを携行したい。

柔軟性の高いプロテクターを各部に装備

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

背中のポケットにはプロテクターが内臓される。発泡素材で弾力性があるので、着用時に違和感を感じることは無かった。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

ジャケット胸の両サイドには胸部プロテクターが入る。こちらも弾力性があり、軽い素材のなので着用時の違和感が無い。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

胸部プロテクターを単体で装備する場合は、プロテクターを外して着用することもできる。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

肩のプロテクターは包み込むような形状で、こちらも動きやすさを阻害しなかった。厚みもあるので効果は高そうだ。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

プロテクターも包み込むような形状のもの。肘を極端に曲げるとプロテクターの存在に気付く程度で、ライディング時に気になることは一切無かった。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

肩と肘にプロテクターも脱着は容易。動きやすさと着心地を両立したソフト素材だが、あると無いとでは大きな違いがある。

ライディングを阻害しない工夫が随所に

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

背面の肩の部分には腕が動かしやすいようにアクションプリーツが設けられている。ハンドルに腕を伸ばすと袖がまくれて手首の部分から走行風が入ってきたりするなんてこともあるが、アクションプリーツがあるおかげで、動きやすく、ライディングポジションを取っても、袖が捲れるようなこともなかった。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

裾部分は背中の方が長い、ライディングポジションに沿ったカットになっているので、背中が捲れ上がって下着が露出するなんてことも無い。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

体型やインナーに合わせて調整可能

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

裾両サイドにはマジックテープのベルトがあり、インナーや体型に合わせて絞ることができるので、走行風の侵入を防ぎつつ、バタつきを防止することができる。

袖口にはゴムが入っていない

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

袖部分にはゴムが入っておらず、風の侵入を防ぐには袖口のベルトで絞る必要がある。ゴムが入っていた方がより、風の侵入を防ぐことができそうだが、長時間着用すると窮屈さを感じることもあるので、ここは好みにもよるだろう。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

袖口を絞って実際にバイクで走行したが、気になる風の侵入は感じられなかった。

ポケットは全3ヵ所

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

ポケットは深さもあったので、バイクから降りて手を入れて暖を取るにも良かった。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像
デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

胸のポケットには各種カード類やスマートフォンを入れるのにちょうど良い大きさ。財布はよほど小さいものでないと、収納するのは厳しいかもしれない。

フードは取り外し可能!

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

フードは簡単に取り外しが可能。走行中もバタ付きなどを感じることは無かったが、高速道路を長時間走るシーンなのでは、外しておいても良いかもしれない。

着用イメージ 身長180cm、体重75Kgくらい

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

身長180cmで体重75KgがLサイズを着用すると写真の感じになる。ソフトシェルなので、動きやすく窮屈さは無かった。

デグナー(DEGNER)のソフトシェルジャケット20WJ-7のプロテクター画像

気温が15度近くあったので、防寒性能は未知数な部分があるが、走行風の侵入などで気になる点は無かった。

SOFT SHELL JACKET [20WJ-7]

価格21,780円(税抜価格19,602円)
サイズ展開S,M,L,XL
カラーネイビー/ブラック ・ カモ/ブラック
素材ポリエステル(ソフトシェル)

デグナーのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てモトメガネの編集担当に。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台