MENU

バイクの振動によるスマホ故障から護る!デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの防振性をレポート!

最新スマートフォンのカメラはバイクの振動に弱いので故障に要注意!

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

去年末にバッテリー劣化に耐えかねて、スマホを最新iPhone12proに新調した。SIMフリー端末を一括で買ったので「購入の確定」ボタンを眼前にしてマウスを持つ手がじっとりと汗で濡れたのを今でも覚えている。

そうだ、スマホはたっかいのである。それに、私はiPhone3GS時代からアップルケアにも未加入で通しているので、完全に故障にブルってしまい、バイク用スマホナビは前に使っていたiPhone7にGoogleマップをダウンロードしてオフラインで使用している。渋滞情報が反映されないのですこぶる不便であるが、とにかく故障が怖いのだ!

最新スマホのカメラはバイクの振動に弱く、故障する例が少なくないようである

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

スマートフォンのカメラのレンズはスプリングでフローティングマウントされている。振動によりスプリングが徐々に変形すると、フォーカスが合わないなどの不具合が出るそうだ!

現在のトレンドなのがスマホに伝わる振動を軽減させるスマートフォンマウント

そんなユーザーの不安に応える形でデイトナのスマートフォンマウント「SP CONNECT」にアンチバイブレーションモジュールが追加された!

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

これで、大切なスマホを護ることができるならば、心置きなくスマホナビを活用できるではないか!

さらに、90度回転させるだけで脱着できるSPコネクトの使い勝手もおおいに魅力なのだ!

SP CONNECTアンチバイブレーションモジュールを実際に使ってみた

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

ハンドルマウントと専用スマホケース、各種付属品など取り付けに必要なものが全てセットになった「SP MOTO BUNDLE モトバンドル iPhone」(写真左)と今回、新発売された「SP CONNECTアンチバイブレーションモジュール」(写真右)。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

「SP MOTO BUNDLE モトバンドル iPhone」は、スマートフォンケース×1、モトマウントプロ×1、シリコンバンド×1、ウェザーカバー×1、アタッチメント3種×1(両面テープ貼り付けマウント、GoProマウント用アダプター、スタンドツール)シリコンバンド、六角レンチがセットになっている。

DAYTONA SP MOTO BUNDLE モトバンドル iPhone

価格13,750円(税込)
品番19438
タイプ12/Pro

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

新発売となった「SP CONNECTアンチバイブレーションモジュール」ブラック

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像
裏側はこんな感じ。サイズは直径50mmくらいで厚さは25mmくらい。

DAYTONA  SP CONNECT アンチバイブレーションモジュール

価格ブラック 3,949円 (税込)
クローム 4,609円(税込)
品番ブラック19143
クローム24024
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

独自開発の振動軽減ラバーによる 3 D振動軽減効果で、 スマートフォンに加わる振動などを最大 60%まで抑制できるとのこと。

モトマウントプロにアンチバイブレーションモジュールを組み込む

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

標準アダプターをアンチバイブレーションモジュールに交換するだけだ。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

レンチも付属するので自分で簡単に脱着できる。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

iPhoneに専用ケースを被せる。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

ケースは手触りも良いし、バッテリー充電の穴も空いているので、バイクに乗らない時もそのままで使うことができる。カメラ部分もしっかり保護される厚さがある。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

これでバイクに装着する準備はOK。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

国産車の22.2mmハンドル用のアダプターを使用する。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

ハンドルクランプ幅は11mm。幅は少ないので、幅広い機種に装着できそうだ。ハンドルにストレートな部分が必要になる。

スマホを装着しない時でもスッキリとした印象

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

付属のレンチで装着。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

アーム角度の自由度が高い!

スマートフォンの脱着手順

STEP
ケースとマウントの溝を合わせて
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像
STEP
スマートフォンを載せるように
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像
STEP
そのまま回転させる(方向はどちらでもOK!)
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像
STEP
90度回転させるとロックがかかる
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像
外すときはさらに90度回転させればOK
デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

Vmax1200だとスマホ横位置でメーターにも干渉無く、かなり見やすい位置にマウント可能だ!

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

スマホを縦マウントしたければ、2つの突起が縦になるようにアンチバイブレーションモジュールを回転させて

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

スマホを固定すれば良い。

必ず工具が必要になるので、出先で気軽に変更するのは面倒かも

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

脱落防止ゴムバンドはアンチバイブレーションモジュールと併用不可。

実際に走ってみた

端的に言うと、目で見て確認できる範囲では振動抑制しているまではわからない。

が、バイクの振動は車種や回転域によって様々だ。

街中ではなんでも無いのに、高速で一定の回転域で走ると、手が振動で痺れてしまうことは良くある話だ。その振動がスマホに伝わるかと思うと、やはり何らかの対策は必要となるだろう。しかも、この振動による故障は、いきなり発生するのではなく、ダメージが蓄積して故障に至るのだ。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

デイトナのグラフによると振動軽減は明らかである。

そう考えると、特にスマホ最新機種をお使いの方は、振動対策されているスマホマウントの使用がマストであると言えるのでは無いだろうか!

SP CONNECT&アンチバイブレーションモジュールのおすすめポイント!
  1. 最新スマホのカメラ故障を抑制!
  2. ワンアクションで片手でスマホ脱着できる
  3. アルミボディかつ小型なのでスマホを装着しない時もスタイリッシュ!

ダメージは蓄積によるものなので、SP CONNECT用アンチバイブレーションモジュールを使えば絶対にスマホカメラの故障が防げるという訳では無いのでご注意を。

今回は、iPhone12pro用のマウントを紹介したが、その他スマホ用はデイトナSPコネクトのHPを参照されたい!

ここからは「SP MOTO BUNDLE モトバンドル iPhone」の追記です。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

アームが必要なければクランプ部にダイレクトにスマホをマウントすることもできる。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

アダプターリングを交換することでアームの高さ変更もできる。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

防水カバーが付属している。

iPhone12proは防水ではあるが、豪雨の中では本体内に水の侵入の可能性がある。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

防水カバーをつけると、顔認証は効いたがタッチ操作は難しい感じ。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

3種類のアタッチメントで(φ22.2/25.4/28.6/31.7mm)のハンドルサイズに対応する。

デイトナの「SP CONNECT」用アンチバイブレーションモジュールの画像

車のインパネとかに使える両面テープ貼り付けマウント、GoProマウント用アダプター、机に置いて角度が付けられるスタンドツールなどが付属する。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てモトメガネの編集担当に。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台