フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

PCXで連続5時間の走行実験。尻痛対策アイテムで尻は痛くならないの?

バイクで走行しているとお尻が痛くなる。

2から3時間に一回程度は休憩を入れないとおしりが痛くなってしまうのだ。

一度おしりが痛くなってしまうと、休憩して回復しても痛くなるまでの間隔が短くなる。

お尻が痛くなるまでの時間は人によって違うし、乗っているバイクによっても違う。だがそれは確実にやってくるのだ。

筆者の場合、基本的には根性で乗り切ってきた。痛くなってから休憩をしても再び痛くなるまでの間隔が短いので、ならば根性で家まで走れ!とばかりだ。

だが近年、様々なメーカーからバイクのお尻痛み対策グッズが販売されている。有名な製品はSNSでもレビューや口コミが投稿されているようだ。

目次

バイク3Dエアクッション

先日クラウドファンディングサイトを見ていた際にバイク3Dエアクッションなる製品を発見した。初見である。

早速実行者に製品をお借りできないか打診したところ、了承頂いたので実際に試してみたいと思う。

届いた製品は真空パックされていて驚くほど小さい。大きめのスマートフォン二個分ぐらいだ。

内容品
本体・バンド×2・ポンプ

内容は本体の他にエアーを入れるためのポンプ、シートに固定するためのバンドが2本。

ポンプでエアーを入れてみる

本体にはバルブがついているので、逆時計回りに回して開閉し、付属のポンプを差し込む。

ゴム製のホースはきつめなので少し力を入れる必要がある。エア漏れしては困るのできついぐらいでちょうどいい。

ポンプを押す力は弱くて大丈夫だ。女性でも問題ない。大体3~5分ぐらいシュッシュすればパンパンになる。

膨らんだ形がこちら。頑丈な素材なので簡単に穴があくことはないので安心。

車体に装着する

今回はPCXに装着したが、シートが鍵で開閉できるので脱着は1分。

バンドはよく伸びるので取り付けは簡単。クロスして取り付けする形だ。

走ってみる

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる