防犯ロックを切断テスト!自転車ユーザーに愛される軽量・小型・頑丈な「OTTO LOCK」はバイクでも使えるのか!?

以前、モトメガネNEWSでも話題となっていた「OTTO LOCK(オットロック)」。
バイク業界では聞き馴染みのない「プレート式ロックシステム」を採用している。
今回は、この異色機構のロックがバイク乗りにとって「使える」アイテムなのかを検証してみた。

目次

今回チェックした製品

商品名価格(税込) 長さ 直径 バンド幅 重量
30″ Cinch Lock HEXBAND¥9,900 76cm 約12cm 1.8cm約250g
60″ Cinch Lock HEXBAND¥12,650 152cm 約14cm 1.8cm約375g
※共にバンド内プレート6層ステンレススチール構造

①HEXBANDのサイズ感

写真は30インチのロック
写真は30インチのロック。結束用のラバーバンド付属で便利

手のひらサイズのため小型バッグにも容易に収まりそう。
実際に使用する際の寸法はこちら。

左が30インチ、右が60インチロック
左が30インチ、右が60インチロック

30インチロックが直径22cmほど、60インチロックが直径47cmほどだった。
バンドを絞り込んで長さ調整できるのが今までのロックにない特徴だ。

②HEXBANDの重量

実際に量ってみた。

HEXBANDの重量

実測値で30インチロックが226g、60インチロックが370g。
一般的なロックと比較しても軽量で、スマートフォンが200g前後と考えると邪魔になる重さではないレベルだろう。

③HEXBANDの操作性

ロックの使用方法や解除番号設定は極めてシンプル。

①ベルトを抜いた状態でダイヤルロック解除番号に揃える(初期設定は000)
ベルトを抜いた状態でロック解除番号に揃える(初期値は000)
②画鋲など先端が鋭い物をダイヤル横の穴にカチッと音が鳴るまで差込む
②先端が鋭い物を側面の穴にカチッと音が鳴るまで差込む
③変更したい番号に合わせダイヤル右にあるプッシュボタンを押すと番号変更完了
③変更したい番号に合わせダイヤル右にあるプッシュボタンを押すと番号変更完了
④あとはベルトを差込めばOK
④あとはベルトを差込めばOK
⑤プッシュボタンを押した状態でベルトが動く構造。やや硬い。
プッシュボタンを押した状態でベルトが動く。やや硬い。

④HEXBANDの堅牢性

今回、1番気になるのが剛性。
チェーンロック、ワイヤーロックとは全く異なるプレート式のロックのため、今一つピンとこない方も多いかと思う。

HEXBANDの堅牢性

早速ニッパーで切断してみた。

↓ ↓ ↓


物理的に薄いベルトのため一瞬で切れてしまうと予想していたが少々時間を要した。

HEXBANDの堅牢性

結論としては、5~10分程で切断される。

バンド部分はステンレスプレートが六重になり、その周りをケブラーで編み込み、ラバーでカバーされた構造。

力に任せて切断を試みたが予想以上に固かったので、プレートを上下左右にねじり倒して1枚ずつねじ切った感じだ。

検証結果

  • スマホ並みの軽量さがGood
  • 保管サイズが小さい点がGood
  • 使用時にサイズ可変できる点がGood
  • 使用方法が簡単な点がGood
  • ベルトの可動が固い点がBad
  • 暗証番号が3桁で少ない点がBad
  • 強度が弱い点がBad

上記を踏まえた結論は、
「自宅等の長時間駐車での盗難対策には不向き」
だった。

ただし、軽量・コンパクト・可変サイズなどGoodポイントも多く、
「ツーリング時の携行品に特化」
した使用であれば、むしろ他のかさばるロックよりお勧めできるだろう。

HEXBANDの使用例

ロックにはそれぞれ特性がある。
「破壊耐久性」、「警報音」、「形状可変性」、そして「携行性」。

それぞれのシチュエーションに適したロックを使い分け、大事な愛車をイタズラや盗難から守り楽しいバイクライフをおくって欲しいと思う。

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる