お値段1.2万円の「気軽さ」を重視したヘルメットFLXを大型バイクで検証

MotoMeganeをご覧の皆様、こんにちわ♪

ネイキッドやSSにもオフロードヘルメットで乗っちゃう男、、、いや、本当はそれ相応のヘルメットが欲しいけど、常に先立つものが足りない男、さすライダーです。

だって、ヘルメットってかな〜り高い買い物ですよね?いや、もちろん分かるんですよ?そりゃ〜命を預ける大切なアイテムですからね、、、でも「ぶっちゃけもっと安ければなぁ〜」ってシンプルに思いませんか?

とは言ってもAraiとかSHOEIだとエントリーモデルでも結構な価格だし、OGKでもまだちょっと厳しいし、、、でもね、リード工業の「FLX」なら今すぐポチれる価格ですよ、奥さん!

脅威のコスパを誇るヘルメット「FLX」見参!
目次

老舗リード工業のジェットヘルメット「FLX」とは?

気軽に被れてコスパ良好なヘルメットを多数リリースしている「リード工業」の新型ジェットヘルメットが「FLX」です。

特徴としてはエッジの効いたスタイリッシュなデザイン、ベンチレーションにインナーシールド、着脱式内装という各種ユーティリティを備えながら、なんと!12,000円(税別)という脅威のコスパを実現している点です!

しかもちゃっかり、、、失礼しました、しっかり「PSC・SG規格」を通しているので、まさかの全排気量対応となっております。

つまりは僕が乗ってるR1200GS号でも使えるということで、コスパが良いものをこよなく愛する僕としては被らずにはいられない!ってわけですYO

まさかの全排気量対応の12,000円ヘルメット!

FLXの開封の儀

それでは、早速FLXの開封の儀を執り行おうと思いますが、まずはパッケージのカッコよさに胸キュンしちゃいました!

だって、僕の好きなサイバーでクールなデザインなんですもの、、、そもそもパッケージがイケてる商品は「良い商品」と相場が決まっているので、この時点でFLXがナイ〜スヘルメットであることは確定ですね。

ナ〜イスパッケージ!

ってことで、ドキをムネムネしながら開封していくと、中から出てきたのは「ヘルメット本体、カバー、説明書」と気持ちの良いくらいにシンプルな構成物でした。

ぶっちゃけこれで全く問題はございませんし、きっとこういうところが驚きのコスパに繋がっているのでしょうね♪

It’s a シンプル!

FLXの各部の詳細

無事に開封の儀を終えたところで、早速FLXの各部をじっくりと見ていきましょう。

まずはデザインですが、いかにも走行風がス〜ッと抜けていきそうな流線型のカッコいいやつで、シンプルで飽きの来ない感じとなっております。

ちなみに今回僕が使ったのは「マッドブラック」ですが、他には「マットシルバー、ホワイト」のカラバリもありますYO

シンプルでシュッとしたデザインです
見た目の質感もいい感じです
後ろもシュッとしてます
中はこんな感じです

シールド

FLXのシールドは4段階に角度調整が可能で、シールド真ん中のヘリを手で押して動かすことができます。

僕は普段Araiのヘルメットを被っているのですが、シールドを開ける際は左側の出っ張りを押す癖がついているので、最初はちょっと慣れなかったです。

なお、動作としては若干硬めな感じなので、信号待ちや停車中に操作することをオススメします。

ここを手で押してシールドを開けます

インナーシールド

FLXには嬉しいことにインナーシールド(バイザー)も装備されているので、眩しい時はシャキ〜ン!と太陽光をシャットアウトすることができます。

操作はヘルメット左側のスライドを前方に動かすとシールドシャキ〜ン、反対に動かすと格納される仕組みですYO

なお、スライドの操作感は軽い感じなので、走行中でも問題なく操作可能でございました♪

これがインナーシールドの操作スライドです
眩しい時はすかさずシャキ〜ン!

ベンチレーション

FLXには大きな開閉式のベンチレーションが装備されていて、後ろ側を指で押すとON、前を押すとOFFとなります。

ちなみにヘルメットの後方にはちゃんと風の出口が装備されていますYO

ベンチレーションONの状態
ベンチレーションOFFの状態
風の抜け穴は後方の左右にあります

顎紐

FLXの顎紐は僕が大好きな「ラチェット式バックル」を採用しており、脱着がと〜っても楽チンです♪

特に外すときは黄色のベルトを引っ張るだけなので「暑くて早くメット脱ぎて〜よ!」という時や「あぁ、早くしないと遅刻しちゃうYO」という時になかなか顎紐が外せなくて、キィィィ!ってなることがありません(素晴らしい)

ラチェット式バックル最高!!

Dリング

これが地味にありがた〜いポイントなのですが、FLXの顎紐には「Dリング」が付いているので、ヘルメットロッカーに引っ掛けることが出来ます!

僕はヘルメットを持ちながら歩くのが大キライ、これは本当に良かったです、、、だって、ただ単に安いヘルメットだとDリングが付いてなかったり、付いてても強度的にヤバそうなケースがありますからね!

ヘルメットロッカー使えます(重要)

FLXのシールドと内装の脱着について

FLXのシールドと内装は脱着可能となっているので、シールドの傷が増えてきたら交換できますし、内装からBadなスメルが漂ってきたら、、、外して洗うことが出来ますYO

ってことで、シールドを外す際は全開状態にした上で、左右の留め具の真ん中にある「PUSHボタン」を押しながら、シールドを斜め前に引き抜きます(左右別々に行います)

留め具の真ん中にある「PUSHボタン」押します
結構強めにプッシュします!!
シールドを斜め前に引き抜きます
無事に外れてくれました

再びシールドを装着する際は、留め具にシールドの出っ張りを合わせた上で、今度は斜め下に押しながらはめ込ます。

するとカチャっ!とハマる音がするので、そしたらシールドを下げると完全にくっ付きます(こちらも左右別々に)

ってことでFLXのシールドの脱着は、最初はちょっと怖いかもしれませんが、2〜3回やればかなりスムーズにできるようになりますYO

出っ張りを合わせて斜め下にはめ込む

内装の脱着

洗濯などでヘルメットの内装を外したい場合は、まずは左右のチークパッドを外す必要があります。

左右ともに合計3カ所あるホックを外していくだけなので、キィィィ案件となる要素は一切ありません!

3カ所のホックを外すだけでOKです

次に頭の部分の内装は、額側にある3カ所の△印の部分を引き抜いて、後頭部側の左右にあるホックを外せばスパっ!と引き抜くことが出来ますYO

ちなみに再び内装を取り付ける場合は、今と逆の手順を踏めばOKでございます。

頭の内装の額側をこのように引き抜きます
後頭部側の左右のホックを外します
内装の脱着を完了いたしました!

FLXのサイズ感について

まずは結論から言ってしまうと、なんと!FLXには「Mサイズ」がなく「L・LLサイズ」の展開だけとなっています!

えぇ?マジで?それじゃ〜俺っちみたいなモデル並みに顔の小さいライダーはブカブカじゃない?って僕は絶望しましたが、、、蓋を開けてみればLサイズで問題ありませんでした(良かったぁ)

普通に問題なかったです

確かにヘルメット全体のサイズとしてはLなんですが、帽体が比較的コンパクトであること、そして内装がしっかりとした作りなので意外とフィットしてくれました!

さすがに左右に思い切り首を振ると、多少はグラつきましたが、、、個人的には許容範囲かと思いましたし、なんと言っても僕は女子が羨む顔の小ささなので、ある意味サンプルとしてはシビアコンディションと言えます(ニコニコ)

ちなみに僕は普段「Araiのツアークロス3 Mサイズ」を着用していますが、ぶっちゃけこちらも若干の余裕があります。

つまりはまとめると、普段AraiやSHOEIのMサイズを被っているライダーなら、恐らくFLXのLサイズで問題ないということです!

走行中にズレることはありませんでした
横幅が広く見えますが、帽体と内装のお陰でフィット感はMサイズとそこまで変わらず

ちなみに「何故Mサイズを用意していないのか?」という至ってまともな正論に対しての答えは「コスパを重視するライダーは、フィット感よりも気軽に被れることを重視するから」ということでした。

実際、他社と比べてリーズナブルなものが多いリード工業のヘルメットは、その傾向からかMサイズがあまり売れないという事実があるようです。

でも、そう言われてみれば、、、確かにこの「なんとなくな感覚」は、ライダーなら分かる気がしますよね?

俺っちはヘルメットに絶対的なフィット感と性能を求めるぜ!ってなライダーは、そもそも素直にAraiやSHOEIを選ぶわけで、必要十分な性能かつ気軽に被れる、コスパの良いヘルメットが欲しい!ってなライダーはリード工業が選択肢に入るわけですから。

気軽さも一つの性能です!

FLXを被って愛車の大型アドベンチャーバイクGSで走ってみた結果

いやぁ〜、これが本当にびっくりしました!想像以上に「普通」でした!

いくら全排気量対応のヘルメットだからと言って、さすがに大型アドベンチャーバイクのGSの速度域、それこそ普段Araiのフルフェイスを被っている身としては「結構大変な感じなんだろうな、、、」と思っていました。

ところが今ではそんな風に思っていた自分を殴り倒してから〜の、リード工業様に対して半沢直樹ばりの熱量溢れる土下座をしたい気分です(汗)

久しぶりにジェットヘルメットを被ったので「愛車のエンジン音がいつもより大きく聞こえるなぁ、シールド下から多少風が巻き上げる音がするなぁ」ぐらいは感じましたが、逆に言えばそれ以外は至って普通でした!

大型アドベンチャーバイクでも普通に使えます

なんせ!価格が12,000円なわけです、その価格でこの走行感覚であれば、これは間違いなく「アリ」だと思った次第です!

強いて言えばインナーシールドがもっと下まで降りて欲しいなぁ(境目が眩しい)というのはありましたが、全くもって許容範囲でございました。

もちろん絶対的な性能や快適性を求めるならArai、SHOEI、次点でOGKに軍配が上がりますが、コストパフォーマンスの良さ、つまりは「費用対効果が優れている」という観点なら、これは圧倒的にFLXに軍配が上がると僕は感じましたYO

それとジェットヘルメットはネイキッドやSS、クラシックやオフロード、それからアドベンチャーと幅広いバイクにマッチするので、例えば複数台のバイクを持っているライダー、今風にレンタルバイクを利用する機会のあるライダー、僕のようにモトブログ用に色々なバイクに試乗する機会のあるライダーなら、一つ持っておくとどんな種類のバイクでも、見た目的な違和感がなく乗れるかと思います。

FLXはネイキッドでも似合いますよ〜!

FLXにはミラーシールドが装着可能

通常この価格帯のヘルメットにおいては、シールドの選択肢が無いのが一般的ですが、FLXではオプションとしてミラーシールド(税別3,000円)が用意されています!

ちなみにノーマルシールドとの付け替えは、先に説明したシールド脱着の際に入れ替えるだけでOKです。

実は僕は今回人生初のミラーシールド体験となりましたが、目が疲れなくて良い+変な顔で運転しててもバレないのが最高ですね(え?)

オプションでミラーシールドがあります
付け替えは簡単です
ちょっとワルな感じが良いですね(不良に憧れる年頃)

結論:大型バイクでも全然ありです!

一言で言うと「大型バイクでもあり、全然あり、素晴らしくあり」いやぁ〜、FLXはマジで予想以上に良いヘルメットでした!

単純に価格が安いだけのヘルメットなら幾らでもありますが、ちゃんとした安全性の認証を取得していて、デザインも妥協せず、その上各種ユーティリティも備えている、、、となるとかなり限られた存在です。

とはいえ、最近はコスパに優れた海外製のしっかりとしたヘルメットも出回っていますが、FLXはなんといっても安心安全な日本の老舗用品メーカーの製品だし、ミラーシールドのようなオプションも揃っているし、補修用パーツもちゃんと用意されているので安心して使えますYO

ぶっちゃけ、ここだけの話、、、実売価格で1万円を切って販売されているケースもあるらしく、見かけたら速攻でポケモン、、、いや、FLXゲットだぜ〜!で決まりですね♪

FLXはカフェも似合います(個人的には最重要項目)

動画でもFLXを解説しています

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる