MENU

パイプ形状のものから板状のものまで、マウント箇所を選ばない独自のグリップと、ダンパー入り防振マウントの組み合わせ。F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダー

幅広い箇所に取り付けられるマウントなら、バイクに乗っていない時にも便利!

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

ハンドルへの独自のクランプ方法とこれからスマホマウントに積極的に採用されていくであろう防振性能を共に適えるのがコルハートの製品だ。

幅広いパーツのラインナップでバイク以外、スマホ以外のマウントもOK!

今回紹介するハンドルのマウント、スマートフォンのマウント以外にもラインナップは豊富なので、アクションカメラを車載したり、バイクのミラーと共締めしてマウントしたりもできる。

F-LOCK HAWK1は様々な部位にマウント可能!

まず、ハンドルへのマウントだが、こちらの特徴はアダプターなどの別パーツを準備する必要なく、ハンドルや板状のものにマウントできるのが特徴だ。パイプ径なら10~32mm。板状部分であれば6~32mmの場所に固定することが可能なのである。

つまり、バイクの様々な部分にマウントすることができるし、例えばカメラをマウントして、三脚代わりに撮影することもできる。

防振機能を有するTKプロテクトZホルダー

一方、TKプロテクトZホルダーは、磁力反発による作用を利用した振動吸収性能を持つ製品。バイクのエンジン振動や走行振動によってスマホのカメラが故障する例が近年少なくないそうだ。これから、同製品のように振動抑制機能を持つスマホホルダーが主流になってくるのかもしれない。

肝心のスマホのホールド性も良好である。対角の2点の角を保持する構造だが、アームのロック機構があるので、外れたりすることも無さそうだ。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

F-LOCK HAWK1には、滑り止めや傷防止になるゴムパッドが付属する。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

ハンドルマウントとなるF-LOCK HAWK1は、写真で見るより予想外にコンパクトである。これならハンドルにマウントしても邪魔にならなそうではある。全長は150mm程度。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

キモとなるのが顎の部分。両顎先端の樹脂のパーツ「キューブ」と、両顎中心部分の緑の「インナーバー」が稼働することで、幅広い太さの棒状のものから板状のものまで咥えることができる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

国産車に多いハンドル径22.2mmのバーにマウントする際は、両顎先端のキューブと緑色のインナーバーは写真の位置になる。φ17~32mmのバーはこの状態でしっかり4点で保持できている。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

10~16mmのバーにマウントする際は、写真の状態になる。両顎先端のキューブと緑色のインナーバーの3点で保持することになる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

板状のものに固定する場合は、クランプのキューブでつかむことになる。キューブが自由に動くので、板が多少斜めでも形状に沿って固定できる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

クランプの顎を締めたり、ボールジョイントを固定するためのネジは特殊形状となっており、付属の専用工具でないと締め、緩めはできない。盗難防止策となっている。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

F-LOCK HAWK1に組み合わせることができるスマートフォンマウント「TKプロテクトZホルダー」は、防振性能を有する。スマートフォンと接する部分に貼りつけるコーナーパッドとスマートフォンの厚みによってサイズ調整に使うダンピングフォームが付属する。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

スマートフォンをホールドするアームはスプリングの反力で自動的に最小位置に戻る。スマートフォンの角を保持する構造。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

金属製のアーム直にならないようにコーナーパッドを使用する。両面テープで貼り付けるようになっている。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

上下の向きがあるので注意して貼り付ける。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

コーナーパッドを貼り付けた上で、スマートフォンを保持する部分の厚み測定を行うと、約12mm程度だった。iPhone12の厚みは7.4mmなので、ケースを付けていてもかなり余裕がありそうだ。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

余裕があるということは、ガタが出てしまうということだ。これはスマホマウントとしてはあまり好ましいものではない。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

そこで付属のダンピングフォームを使用する。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

ダンピングフォームを重ねて2枚貼り付けた。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

すると、スマートフォンの角の隙間が無くなり、マウントとのフィット感も向上。ガタが出ることも無くなった。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

防振システムが組み込まれる分、マウントの全長はやや長くなる。

防振「ANVシステム」の動画こちら

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

防振機能を持たない同形状の「TKアドバンスフォーンホルダー(PH05)」(写真右)と比較すると、真鍮色に輝くANVシステムの部分だけ全長が長くなる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

実測してみたところ、防振タイプのTKプロテクトZホルダーの全長約75mmに対し、TKアドバンスフォーンホルダー(PH05)は60mmくらい。つまり、TKプロテクトZホルダーの方がより、ライダーに近い位置にスマホが来ることになる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

TKプロテクトZホルダーとF-LOCK HAWK1はボールジョイントで接続される。スマホ位置の自由度が高いのがボールジョイントの利点となるだろう。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

専用レンチをセットしてナットが中央にくるようにスライドさせて、締め込んだり、緩めたりすることで位置調整を行う。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

ハンドルマウントの幅は12mm程度。直線部分が短いハンドルにも装着が可能だ。

ハンドルへの装着手順

STEP
F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

本体をマウントする部分にゴムバンドを装着しておく。

STEP
F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

ゴムバンドを併用することで滑り止めになるし、ハンドルの傷防止にもなる。

STEP
F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

専用工具でクランプを締め込んでハンドルに固定する。アルミボディなので、締め込む際も安心感がある。

STEP
F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

スマートフォンマウントTKプロテクトZホルダーをセットしてボールジョイントを固定する。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

TKプロテクトZホルダーは4.7~6.7インチのスマートフォンに対応する。外形サイズでは、幅66~85mm、高さは137~170mm、厚みは最大14.5mmとなる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

スマートフォンは対角の角を保持することになる。スプリングの反力でスマホのサイズに自動調整される。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

スマホをセットしたら背面のノブをロックの位置にする。これでスライドアームは動かないので、スマホの脱落を防ぐことができる。

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

アームが広がるとスマホは簡単に外れてしまうので、確実にロックをかけるようにしたい。カメラを遮る位置にマウントは無いものの、iPhone12proの広角レンズだとマウントが画面に入り込んでしまう。

スマホの脱着の模様はこちら

F-LOCK HAWK1 & TK プロテクト Zホルダーの写真

他メーカーの商品とはひと味違う、クランプ式のハンドルマウントに対角を保持する防振機能付きスマートフォンホルダーの組み合わせは、コルハートの製品にしか無い個性だ。

特にハンドルや板などにもマウントできるF-LOCK HAWK1は、別売りのTKカメラクリップボールマウントを使用すれば、一眼カメラの重量にもしっかり耐えられそうなほど、安定感があるので、バイクに限らず様々なアクティビティで動画や写真撮影をしたい人にとっては最適な商品となるのではないだろうか。

F-LOCK HAWK1

価格6,050 円(税込)
品番850029
取り付け可能ハンドル外径φ10〜32mm
取り付け可能板厚6〜32mm

TKプロテクトZホルダー

価格4,950円(税込)
品番850033
対応スマートフォンサイズ4.7 ~ 6.5インチ

F-LOCK HAWK1とTKプロテクトZホルダーのセットで重量は実測248gだった。

TK アドバンス フォーンホルダー(PH-05B)

価格3,300円(税込)
品番850033
対応スマートフォンサイズ4.7 ~ 6.5インチ

コルハートのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てモトメガネの編集担当に。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台