フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

おたふく 高機能アンダーウェアの冷感・速乾・消臭機能が高レベルで驚き!

目次

風に吹かれるとグングン涼しくなる冷感性能に驚き!BODY TOUGHNESSのPOWER STRETCH EVO JW-723

最近ガテン系の方々がピタピタの薄手のアンダーウェアを着て炎天下の中、作業に勤しんでいる光景を目にしたことは無いだろうか? たいてい、黒色なので見るからに暑そうに思えるのだが、着ていて暑ければそんなに流行ることもないはずだ。 

それに最近では、ライダー中でもチラホラとこのアンダーウェアを着用している人がいるのが気になってきた。

今までは真夏のバイクに無対策で挑んでいたのだが、それも最近、気力体力的に難しくなってきたお年頃。ここは高機能なアンダーウェアに頼ってみるべきかもしれない。

そこで、おたふく手袋の 高機能アンダーウェアブランド「BODY TOUGHNESS」の中でも最高レベルの冷感・速乾・消臭機能に優れた「POWER STRETCH EVO JW-723」を試してみることにした。

先日、たまたま立ち寄ったガテン系の職人さん御用達ホームセンターのドイトでこの「BODY TOUGHNESS」のアンダーウェアがずら〜っと並んでいたのを目撃したばかりだったので、プロからの信頼も厚いはずなのだ。 

パッケージには私とは似ても似つかないマッチョモデルが。私が着ても良いのか一瞬の逡巡があった。

私の体型は180cm80kgくらい。LLサイズを着用した。

パッケージから出すと、生地の薄さに驚いた。まるで紙のように薄く、軽い。

アウトドア用品などにも使われる例の多い耐久繊維コーデュラが採用されている。接触冷感性能も優れているそうだ。

背中側の裾が長くなっているおり、ズボンから出にくくなっている。バイクに乗るときは少なからず前傾姿勢になるので、これはライダーにも嬉しいポイントだ。

驚くほど薄い生地だが、これが良く伸びる。

生地が薄いので、ものすごくコンパクトに折り畳める。綿の半袖Tシャツの1/3くらいのイメージだ。これなら替えを持ち歩いても荷物にならないだろう。

POWER STRETCH EVO実際に着用してみた

着用した瞬間にひや~っと上半身が冷たい。真夏の夜に寝返りを打って、シーツの冷たいとこを探し当てたような清涼感。 そして、体のラインに沿って全体に着圧がほんのりかかっているのがわかる。

伸びるのだから動きやすい!

着圧がかかっているとはいえ、非常に動きやすい。体を激しく動かしても裾がまくれたり、袖が突っ張ったりと言ったこともない。

肘もしっかり伸びて、部分的に生地が極度に薄くなっている感もない。

実際にバイクに乗って走ってみる

メッシュでもない3シーズンウエアを着て走ってみた。気温は30℃くらい。流石にジャケットを羽織ると暑い!すぐにじんわり汗をかくが、シャツが汗でベタつくような不快感は皆無だ。そこから走ってみると驚いた!

着用した瞬間に清涼感はあったのだが、真価は走行時にあった。袖口や襟元から入ってくる風で上半身がものすごいひんやり感につつまれる。 ただ、風に当たらないと冷えないので、メッシュウェアを着るか、袖口やなど風の通り道を確保したジャケットの着方をするのがマストだ。

ライディングポジションも取りやすい。

バイクを降りても風吹けば涼しい

さらに、バイクから降りてジャケットを脱いで日陰に入ると、自然の風でまるで水シャワーを浴びたような涼しさだ。 これは綿のTシャツと比べると雲泥の差で、綿ならはっきり言って濡れていると不快だが、汗をかいても着心地良く爽やかだ。もう、夏場にこれなしでバイクに乗るのはすでに嫌なレベル。 

肌触りも良好

わたしは、ゴリゴリのおじさんなのに敏感肌というまるで魅力のないギャップを抱えている。冬場のヒート系肌着は、半日も着ると背中がかゆくて仕方がなくなるのだが、これは大丈夫だった。 

消臭性能にも期待大

真夏にコットンTシャツで屋外活動すると、黒いTシャツには塩の汗ジミが付いて、自分が汗臭く感じることがあるが、今回半日着用してみてそれなりに汗をかいたが、自分で自分の匂いが気になるという末期症状は一切無かった。

中年が着用する唯一のハードルはピッタピタのシルエット

ひとつネガとしては中年のぽっちゃりお腹問題である。高機能アンダーウェアは肌に密着していなければ効果が無いわけで、着用時は体形がモロに露になる。むっきむきの体ならまだ良いが、醜く出たお腹をごまかすことは全く不可能。 

デカ盛りツーリングなんて行った日にはあなた! もう、悲惨なことになりそうである。なので、ぽっちゃり体型の方はバイクから降りてジャケットを脱いだら、薄手のシャツなどを羽織るか、もしくは夏まで体をむっきむきに鍛えることをお勧めしたい。 

今回のセルフ撮影は息を止めて腹を思いっきりへこませて行ったので酷く疲れたことを書き添えておこう。

半袖もあるが長袖を強くお勧めしたい。 

半袖でメッシュウェアを着ると、腕の汗にメッシュウェアの裏地が引っ付いて不快なことこの上ないし、脱ぎ着の時に抵抗になったりするものだが、JW-723の長袖を着ていれば、ウェアとの抵抗もなくスルリと脱げるし、不快な肌触りも無い。 

POWER STRETCH EVO JW-723はブラックとカモフラ×ブラックの2色展開。パンツやクールフェイスマスクもラインナップする。

ボディタフネスにはその他にも高機能アンダーウェアのラインナップがあるので、気になる方はチェックしてみていただきたい。

BODY TOUGHNESS POWER STRETCH EVO JW-723

価格オープン
サイズS、M、L、LL、3L
カラーブラック、カモフラ×ブラック

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる