フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

ネックブレースの神が降臨。ツーリングでも使えるアトラス ヴィジョン!

こんにちは!けんです!

突然ですが、こちらの画像をご覧ください。

お分かりいただけただろうか…。

そう、実はこれパーカーの下にネックガードを付けています!

けん

革命的すぎる…。ここまで目立たないネックガードは今までなかった!

今回はネックガードの概念をぶっ壊したアトラスの革命児を紹介するぞ!

目次

そもそもネックガードってなに?何のためにつけるの?

ネックガードはズバリ!首を守るために付けます!(そのままですね…)

バイクで走っていて転ぶと、重い頭は慣性の法則に従いスゲー力であらぬ方向に飛んでいこうとします。

転んで振られた頭の負担は全て首に!ムチウチ…悪ければ頸椎を損傷します。

けん

最悪は下半身麻痺など…考えたくない…

その首をガードするために登場したのがネックブレース!

しかしこのネックブレース、既存製品は様々な問題を抱えていました…。

・装着が面倒
・見た目が悪い
・運転がしづらい(首の自由度がない)など

その問題に立ち向かったのが、アトラス!既製品の問題を解決する革命的商品を出したので、紹介しよう!

新ジャンルのネック”カラー” アトラス ヴィジョン ”

そこで今回紹介するのが新ジャンルのネックガード、アトラス ヴィジョンです!

アトラス ヴィジョンはネック”ブレース”ではなく、新しいジャンルのネック”カラー”です!

アトラスエアーを初めとするネックブレースと比べ、前後のサポートがないことが分かります。

当然、ガード性能は落ちるのですが、それにより既製品(アトラス エアー)比で可動域が最大66%拡大し、重量は約35%削減しています。

けん

つまり「ガード性能を落として使いやすくした」ということ!
エンデューロや林道ツーリングなど、低速スポーツユーザにはこの割り切りが嬉しい!

首が曲がった際、かなり深い位置でネックカラーに当たる。

首の可動域はほぼ無着用と変わりません!

が、限界まで首を下げると確かに当たるのでガード性能はありそう!コレはすごい!

この究極とまで言えるスリム化により、マジで目立たないネックガードになっています!

ちょっと出っ張りますが、ゆったり目なら服の下にも着られます!

今まで競技専用品という位置付けのネックブレースでしたが、コレならツーリングにも使える?!

しかも価格は29,700円!

このレベルのネックガードが3万円を切るのは大変にお値打ちである。

けん

というワケでマジで使えるのか、今回もオフロードに突撃したぞ!

早速ツーリングで試した感想!

ツーリングで試してみたが、何の違和感もない!

今回はあえてリュックを背負い、干渉しないかもチェックしてみました。

が、何の支障もなく乗れてしまいました!

公道では、標識や看板、スピードメーターなどをチェックする必要があります。

公道では上も下も情報がたくさん!

従来製品では特に上下の動きが難しく、看板やスピードメーターが見づらい問題がありました。

しかーし!アトラスヴィジョンならこの通り!全く支障になりません!

大事なことなので繰り返し言いますが、「なんとか使える」ではなく「全く支障にならない」です。

けん

コレはスゲぇ

オフロードコースで一応試した感想!

一応!オフロードに行って試してみました!

…が、全く普段と同じように走れてしまいました…。

砂利道でも全く違和感ナシ!
けん

インプレって言われても「いつもと同じ」としか…
凄すぎて感想がないという謎の体験をした。

特に恩恵を感じるのは、激坂やフロントアップ時です。

坂道で前輪の位置が高くなると、首を下げて前方を確認する必要があります。
従来製品では坂道で前方が確認しづらく、敬遠する人もいました。

今回はフロントアップまで検証しなかったですが、坂道でも全く邪魔になりませんでした!

けん

この製品、もはや言うことなし。

ちなみにネックブレースがないと、どのくらい危ないのか?

ここまで読んだ方の中には「本当にネックブレースって効果あるの?」と疑問に思った方もいるでしょう!

一時Twitterでも話題になりましたが、アメリカのオフロードスポーツ救急医療サービス団体が非常に興味深い論文を出しています。(論文URL ※注意:英語論文)

けん

以下要約です。
正しく詳細な情報が見たい人原文を見てください!

2009/1~2018/10までの約10年、ネックブレース着用有無が確認できた8529人の患者のうち、頸椎損傷、鎖骨骨折、死亡などの有無を記録した。

8529人のうち、着用ありは3802人、着用なしは4726人

深刻な頸椎損傷者はネックブレース着用なし239人、着用あり26人

深刻ではない頸椎損傷者はネックブレース着用なし702人、着用あり109人

鎖骨骨折者はネックブレース着用なし443人、着用あり291人

うち死亡者は着用なしで4人、着用ありで1人(グラフは簡素なため省略)

まとめとして「ネックブレースは指数関数的にライダーの安全性を高めている」と結論づけています。

けん

こりゃスポーツするならネックブレース大事だわ…

最後にアトラス ヴィジョンの微妙なとこ!

完璧に見えるアトラスヴィジョンだが、やはり欠点もある!

欠点1 よーくみると着用しているのは分かる

もうこれ以上目立たないように作ることはできない!と言えるくらい極小な造りだが、やはりよーく見ると着用がわかります。

けん

ツーリングでは気付かれないと思う。
ただ、渋谷を歩けって言われたら嫌かな…。

街歩きする時などは外したほうが良いと思います!

欠点2 メーカーによってはボディプロテクターと干渉する!

ごつい肩プロテクターとは干渉するので注意!

けん

特にハード系プロテクターの入ったツーリング用ジャケットだと当たって痛い。
アトラスヴィジョンと肩ガードどちらかしか付けられないので注意!

ちなみに私はこのジャケットを着てオフで何度か転倒しているが、肩ガードはあまり活躍しなかったです。

転倒時、肩が地面と設置することは経験上あまりない…。(個人の感想)

まとめ!こいつは神よ。

ネックブレースにあまり馴染みのない人には伝わらないが、コレは本当に本当に革命的です(3回目くらい)。

邪魔にならないネックガードはオフ乗りの夢でした。

それが令和になり、とうとう公道で使えるレベルまで昇華されてきました。

皆さんもぜひ新時代の先進的な転倒対策を!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる