MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【ワールドウォーク】バイクオーナーの声を反映した商品が話題!!【東京MCS】

  • URLをコピーしました!


バイクオーナーのニーズを鋭く掴み、キャッチーな商品を驚異的なペースで開発・販売する東京のパーツブランド「ワールドウォーク」。

ホンダスーパーカブのパーツをはじめ、モンキー125やヤマハXSRシリーズなど幅広い車種のオリジナルパーツを自社で設計して販売しているのがワールドウォークです。

目次

【メーカー紹介】


スタッフ全員がバイク乗りであるというバックボーンもあって、ワールドウォークがリリースするオリジナルパーツは、ライダーたちが持つ「こんなパーツがあったらいいな」を形にすべく日々生み出されています。これまで同社が世に送り出してきたパーツ点数はじつに1,000点を超え、その数はいまも増え続けています。

企画から開発まで自社でおこない、さらに新型車種が登場すると、サンプル車両を手配していち早くパーツ開発に着手。2021年もホンダCT125ハンターカブ用のオリジナルパーツをいち早く投入するなど、市場に新型車が出回り始めた頃にはワールドウォークのオリジナルパーツがリリースされているという、スピード感のある同社の開発能力はライダーたちから高い支持を集めています。

【ユーザーフレンドリー。それが大切なコンセプト】


バイク市場でのニーズを敏感に察知してキャッチーな製品を送り出すことに長けているワールドウォーク。同社では製品開発のテーマとして「ライダーの声をできるだけ取り入れた商品開発」と「職人の技術力を活かした商品開発」の2点に特に力を入れていると言います。

ここ数年はSNSでの情報発信にも注力。そのSNSアカウントもフレンドリーなスタンスで継続していることから一般ライダーとの距離も近く、そうした場で寄せられたオーナーからの声を元に実際の製品化が進んだ事例もあるそう。「こんな製品があったらいいな」というライダーたちの要望にも応えられる親しみのあるブランドを目指していきたい、とはワールドウォークの杉山さんの言葉です。

【2022年のブランドテーマはこれ!】
①キャンプやツーリングをもっと楽しめるアイテムの開発

コロナ禍以降、キャンプ需要が高まりを見せ、それと連動するようにバイクでのキャンプやツーリングを楽しむ人が爆発的に増加しました。そんな時代の流れをしっかりと読んで、これまでも多彩なキャンプ&ツーリンググッズをリリースしてきたワールドウォークですが、2022年もそうしたトレンドを踏まえてキャンプツーリングやロングツーリングなどのシーンで重宝する積載系アイテムの拡充に力を入れるそうです。

②話題の車両に注目しつつ、カスタムの楽しさ&便利さをアピール!

話題のニューモデルに対して驚異的なスピードで商品開発をおこなうことに定評があるワールドウォークでは、ドレスアップパーツはもちろん、多彩なラインナップを誇る積載系パーツまで2022年も精力的に発売予定とのこと。特に重視しているのは、ライダーの用途に応じて同じ系統のアイテムでも複数のバリエーションを展開している点。これも同社のスタイルです。

特に2022年は、人気のホンダカブシリーズのオリジナルパーツを精力的にリリースするそう。2021年からワールドウォークでは、純正のボディカラーに合わせた塗装済みリアボックスや塗装済みナックルガードをリリース。すでにカブオーナーたちから絶大な支持を集めていますが、今年はさらにそのラインナップを拡充予定! もちろん、今後新色が登場したとしてもスピーディに対応していくとのことですから、これからも目が離せませんね。

さらにはホンダモンキー用のリアキャリアもリリース予定。もちろん、ホンダPCX、ヤマハトリシティ用のウインドシールドや車種専用設計のリムステッカーなど、実用的なものからドレスアップ用のアイテムまで幅広くラインナップする同社のアイテムはさらに広がりをみせていきます。

ではここからは、ワールドウォークの注目アイテムについて具体的に詳しく解説していきましょう。

【ワールドウォークのイチオシアイテムはこれだ!】

ではここからは、ワールドウォークの最新カスタムパーツを中心に、2022年の注目アイテムをご紹介していきます。特にカブ系のアイテムは充実していますよ。

商品①
スタイリッシュに実用性をアップ!
商品名:CT125ハンターカブ用センターバスケット(品番:wca-bsk-1)


CT125専用設計のセンターバスケットは、車体中央のフレームカバー上にバスケットを増設できる便利なパーツ。キャンプツーリングやロングツーリングの際には、積載能力をさらに高めたいと思うのがライダーの心情ですが、そんなニーズをきっちりと押さえたアイテムです。

幅190mm、深さ160mmと充分なサイズを誇るバスケット本体は、ブラックペイント仕上げのスチールパイプで構成されています。底面は格子状として、両サイドには曲げ加工したパイプをセットしており、例えばシュラフやちょっとしたバッグを積載するにも便利。また、バスケットサイズに合わせたミニネットを同梱しているので、それを使えば簡単・確実に荷物を固定することができます。もちろん、手持ちのベルトなどを使って固定する際にもパイプワークによって構成されたバスケットであれば色々と応用が効くことも大きなポイント。シンプルなパーツながらも高い拡張性を持っているのです。

さらにバスケット上部のステアリングヘッド部にもご注目。 よく見るとステンレス製のコンビニフックも付属しているのです! 
ステアリング周りにコンビニフックを取り付けるだけでは、フックに荷物をぶら下げる際に荷物が動いて運転もしづらくなるのですが、バスケットとの組み合わせであれば荷物の動きも最小限に食い止めることができますよね。さらに、コンビニフックを使用する際にもミニネットを使用すれば安定感もより高まります。このセンターバスケットは、日常使いから本格的なツーリングユースに至るまで、あらゆるシーンで利便性を追求するCT125オーナーにとっては頼もしいパーツとなるでしょう。

商品②
もっとたくさん荷物を積みたいならこれ!
商品名:CT125ハンターカブ延長リアキャリア(品番:wca-53)

純正キャリア後方に約10cmほど伸びるスチールパイプが延長リアキャリア。シンプルなデザインが好印象ですね。

CT125では大型リアキャリアを標準装備していますが、さらに積載性を向上させるために純正リアキャリアの後方までキャリアを延長したのがこのアイテム。CT125のボディデザインを崩さないように丹念にデザインされたキャリアは頑丈なスチール製で、センターバスケット同様にブラックで塗装済みです。純正キャリア後方に約10cm延長されているので、長尺モノの積載に頭を悩ませていたオーナーにとっても朗報です。

このキャリアは同社の各種リアボックスにも対応済みなので、拡張性の高いアイテムと言えるでしょう。

商品③
純正品のようなフィット感で人気爆発中
商品名:CT125ハンターカブ専用塗装ボックス/容量32L(品番:hwb32-4

純正ボディカラーとのマッチングも最高な塗装済みリアボックス。オーナー待望のアイテムです!

CT125の純正カラーに合わせて自社工場にて丹念な塗装を施した塗装済みリアボックスは、ワールドウォークの人気定番商品です。写真の通り、そのマッチング具合はまさに純正クオリティ! CT125は通勤通学などデイリーユースで使用するオーナーも多いでしょう。CT125が持つ世界観を崩さずに使い勝手の良いリアボックスを取り付けるのであれば、まさにぴったりのアイテムです。もちろん、ワールドウォーク製の延長リアキャリアやタンデムシートリアキャリアにも対応しています。

ボックス本体は強度にすぐれるABS樹脂製。ワンプッシュ開閉機構のほか、キー、リフレクターも装備しています。写真は容量32Lですが、用途に合わせて様々な容量を用意しているのもワールドウォークが支持される理由なのです。

【こちらも要チェックの商品!】


以上が現在注目のCT125用アイテムですが、これ以外にもワールドウォークの製品のなかから編集部イチオシのアイテムをご紹介しましょう。

商品④
長距離ランをもっと快適に!
商品名:ハンターカブメーターバイザー(品番:ws-34)

扱いやすいエンジンとあらゆる路面状況でも走りやすい車体設計で、すでに多くのツーリングライダーに愛されるホンダCT125ハンターカブ。ただ、長距離ツーリングの際には、走行風をもう少し和らげて快適に走りたいと思うオーナーも多いのではないでしょうか。

そんなニーズを受けてワールドウォークが製作したのがこのメーターバイザーです。極端に大型のバイザーとせず、CT125のデザインにスッと溶け込む絶妙な作りは、派手なカスタムを好まないオーナーにとってもとっつきやすいパーツと言えるでしょう。装着によって走行風による負担を和らげるほか、雨天時の走行でも重宝します。もちろん専用設計のためボルトオンで装着可能。カラーはクリアとスモークの2種類を用意しています。

商品⑤
スタイリッシュかつ快適にタンデムランを楽しむ
商品名:CT125ハンターカブ用 タイホンダ純正タンデムシートキット(品番:ts-2 wca-56 )

CT125ハンターカブでタンデムライドをする場合、大型の純正キャリアの上に小ぶりなタンデムシートを装着しますが、キャリアの横幅があるために、タンデムライダーはがに股を強いられて快適とは言えない座り心地となってしまうことも事実。そこでワールドウォークが開発したのが、タンデムシートキットです。

純正キャリアを取り外してキットのタンデムシートをセットするだけで、快適なタンデムランを楽しむことができます。もちろん、国内仕様のライダーシートとのマッチングも問題なく、さらにはワールドウォーク製のリアキャリアにも対応しているため、タンデムシートを装着したままでも荷物の積載が可能に。既存製品の組み合わせによって様々なスタイルを構築できるのも同社パーツ群の大きな特徴のひとつなのです。

商品⑥
純正カラーにマッチしたリアボックス
商品名:クロスカブ110専用塗装リアボックス32L(品番:hwb32-3)

ワールドウォークの超人気アイテムのひとつがリアボックスです。このクロスカブ用のリアボックスは、純正のボディカラーに合わせて自社工場にて丹念にペイントを施したもので、まるで純正パーツのような仕上がりを楽しみながら、利便性を大幅に向上させています。容量は32Lと普段使いからツーリングまでちょうど良い大きさ。

同社のリアボックスはすべて高い強度を持つABS樹脂を用いて製作されていることも特徴のひとつ。便利なワンタッチのプッシュロックをはじめ、キー、リフレクターも付属しています。

商品⑦
個性派カスタムのマストアイテム
商品名:スーパーカブ110 ハンドルポストキットコンプリートパック(品番:wh-6-FULL)

スーパーカブ110(JA44)でハンドル周りをカスタムしようとすると、カバーやメーター、配線の処理など、それなりの手間がかかるのも事実。そこで開発されたのがハンドルポストコンプリートパックです。ハンドル本体はもちろん、削り出しのハンドルポスト、メーター、各種ケーブル、ヘッドライトケースなど、スーパーカブ110でバーハンドルカスタムに着手する際に、必ず直面してしまう様々な問題はこのキットがすべて解決!

マニアックなカスタムパーツですが、個性派カスタムを目指すならぜひ利用したいアイテムです。

商品⑧
タンデムしても積載性をあきらめない!
商品名:スーパーカブC125用リアキャリア(品番:wca-36)

実用車というよりも洗練されたデザインを楽しむ趣味性の高い車両として生まれたスーパーカブC125。でも、やっぱり実用性も確保したい……そんなオーナーのために生み出されたのがこのオリジナルリアキャリアです。C125ではタンデム時には積載ができない設計ですが、このリアキャリアを装着すれば、タンデム時であっても荷物の積載が可能に。もちろん、ワールドウォーク製のリアボックスにも対応した設計です。

商品⑨
純正カラーの色合いも忠実に再現
商品名:スーパーカブC125専用リアボックス32L(品番:hwb32-2)

C125のアイキャッチとなるボディカラーを忠実に再現したリアボックスキットは、デザインを重視するこだわり派オーナーも納得の仕上がりが魅力のアイテム。汎用品の単色のリアボックスだとどうしてもボックスだけが浮いてしまいますが、純正カラーに合わせたリアボックスならC125の持つデザイン性はそのままに実用性を格段にアップできます。

素材は高強度のABS樹脂を使用して、プッシュロック式の開閉機構やキー、リフレクターなど基本設計は同社のリアボックスシリーズ共通の仕様です。容量は使い勝手の良い32Lです。

商品⑩
車種専用設計の凝ったデザイン
商品名:スーパーカブC125専用リムステッカー(品番:rim-1)

車体デザインはもちろん、足周りまで考え抜かれたデザインで人気を博すスーパーカブC125。モダンでスポーティなデザインのアルミキャストホイールはC125のハイライトと呼べるパーツのひとつです。そんな足元をさらに個性的に彩るのが、C125専用のリムステッカーです。

ワールドウォークのリムステッカーは、ホイールリムだけでなく、複雑な曲線を持つキャスト部にもステッカーを用意することで、C125のアイキャッチであるホイールがさらに際立つデザインです。完成された車体ゆえに、足周りのカスタムに着手するオーナーも少ない車両ですが、こうしたドレスアップパーツを使用して差別化を進めるのも良いのではないでしょうか。
同社ではC125の他にもグロム(JC92)用のリムステッカーも用意しています。



 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる