MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【DAYTONA】「バイクを愛するすべてのひとに」がテーマ【東京MCS】

  • URLをコピーしました!

創業50周年の記念すべきタイミングで一連のモーターサイクルショー2022を迎えたデイトナは、グループ企業のダートフリークと共同でブースを出展。カスタマイズやツーリング、本格的なキャンプから憧れのガレージライフ、そしてバイクの種類もオンロードからオフロードまで、バイクおよびそれに関連する楽しみを全方位で提案した。ウェブサイトでも、モーターサイクルショー特設サイトと創業50周年記念サイトを同時公開するなど、自社の50歳と3年ぶりの国内モーターサイクルショー開催を盛大に祝ったのだ!

目次

50周年を迎えた東証スタンダートのビッグ企業

前身の阿部商事が1972年4月に創業され、今年で50周年を迎えたデイトナ。その社名を冠する「DAYTONA」ブランドで膨大な数のオリジナルアイテムを展開するのに加えて、バッグとウエアのオリジナルブランドとして「HenlyBegins(ヘンリービギンズ)」も手がける。

さらに、「GIVI(ジビ)」や「MOTOREX(モトレックス)」、「NOLAN(ノーラン)」や「TCX(ティーシーエックス)」や「SP CONNECT(エスピーコネクト)」など、海外ブランドの製品も取り扱う。 またオフロード系アイテムを取り扱うダートフリークをグループ企業とし、今年のショーでも共同で展示を実施した。

エリアごとに趣向が異なる多彩なアイテム展示

取り扱う製品も多様なデイトナ。東京モーターサイクルショー2022のブースは、中央にデイトナ創業50周年記念プロジェクトとして復刻された「デイトナセブンスターキャストホイール」を飾り、アニバーサリーの雰囲気を強調した。 その裏側には、デイトナが開発に力を入れているキャンプグッズと、アウトドアテイストやキャンプツーリングイメージのカスタムモデルを展示して、アクティブツーリングの世界を演出。一方でGB350のカスタマイズモデルや、モデルチェンジを果たした「デイトナモーターサイクルガレージ・ベーシックシリーズ」、デイトナが扱うGIVIのツーリングボックスやNOLANのヘルメットなども展示して、ツーリング以外のバイクライフも幅広く提案していたぞ!

3年ぶりということ以上に、創業50周年記念に大きな意味あり

デイトナは創業50周年を記念して、日本初の二輪用キャストホイールとして1975年に発売されて国内外で高い評価を受けたセブンスターマグホイールの復刻版となる「デイトナセブンスターキャストホイール(前後セット29万7000円)」を、受注期間限定で発売(すでに受注期間は終了)。この壮大なプロジェクトは昨年発表され、大きな話題を呼んだ。 今回のショーでは、その製品版を来場者に披露。ホイール単体に加えて、このホイールを装着したカワサキ・900 Super4(通称Z1)も展示して来場者を出迎えた。製品は当時と同じくエンケイが鋳造を担当。50周年を意味する刻印に加えて、シリアルナンバーも刻まれている。

東京モーターサイクルショー2022で注目を集めたのは?

幅広いアイテムとコンセプトモデルを展示したデイトナ。その中でも、ホンダ・GB350のカスタマイズモデル、参考出品の「モトスマートモニター」、好調なセールスを続けるデイトナアウトドアサプライの新作となるツーリングテントの「ドームルーム」が話題となった。

セパハン&シングルシートでカフェレーサーに
ホンダ・GB350(オリジナルカスタムモデル)

オリジナルのセパレートハンドルとシングルシートで、GB350を正統派カフェレーサースタイルに。燃料タンクなどの外装にはゴールドリーフをあしらったスペシャルペイント、ホイールにはパウダーコーティング、ケースカバーにもガンコートを施すことで、イメージを大きく変えている。 ただし、使用パーツはボルトオン装着可能な車種専用品がほとんど。ステップも敢えてリーズナブルなGB350S純正品を取り入れるなど、多くのユーザーが真似しやすい仕様にまとめてある。このうち、現在開発中で年内発売予定のセパハンセットは、トップブリッジやハンドルクランプ、ハンドルなどがキットになった製品。単体での発売も検討中だ。

主な装着パーツ■セパハンセット(開発中・年内発売予定) ●セパハンセット・オプションタコメーターキット(開発中・年内発売予定) ●スロットルボディカバー(2022年5月発売予定) ●ステンレスチェーンケース(開発中) ●フェンダーレスキット(開発中) ●シングルシート(開発中) ●HIGH SIDERバーエンドミラー エンタープライズEP1 ブラック(1万3200円/個) ●アシストグリップ(左右各5060円) ●アジャスタブルリヤショック ローダウン(予価5万7200円・2022年7月発売予定) ●ショートサイドスタンド(9900円・2022年4月発売予定)

スマホ連携できる多機能モニター
モトスマートモニター(参考出品)

ハイエンドモデルを中心に、現行型のバイクには液晶メーターとスマートフォンをBluetooth接続して、さまざまな機能が使える車種もある。参考出品された開発中の「モトスマートモニター」は、これと同等以上のことができる車載用モニター。手持ちのスマホとApple CarPlayやAndroid Autoで連携することで、スマホをポケットなどに入れたままモニター側でさまざまな操作がタッチパネル操作できるようになる。インカムとペアリングできるので、ナビの案内や音楽などを聞くことや、SiriやGoogleアシスタントによる音声操作も可能。さらに、付属のリヤカメラで後方を確認することもできるという。発売が待ち遠しい!

室内広々、収納はコンパクト!
ドームルーム(デイトナアウトドアサプライ)

バイク乗りでキャンプが好きのデイトナのスタッフが、キャンプツーリングに求められる積載性やコンパクトさと、キャンプ地での快適性のバランスを考えながら開発しているキャンプギアシリーズがデイトナアウトドアサプライ。その新作テントとなるドームルームは、ソロでも設営が簡単で、ポールが地面から垂直に近い角度で立ち上がることで高い天井と広い室内空間を実現。前後左右の開閉メッシュ構造で、春~秋まで快適に過ごせる。イスやテーブルやツーリングバッグなどを置くのに便利な前室と後室を設定。収納時は435×180mmに収まるコンパクト設計だ。

価格■3万1900円

こちらも要チェック!


膨大なアイテムラインアップを誇るデイトナ。気になる製品はまだまだあるが、その中でも東京モーターサイクルショーで見つけた注目のアイテムはこちら!

“最強固定”の頼れる「Ⅱ」に進化
シートバッグPROⅡシリーズ(HenlyBegins)

デイトナオリジナルブランドのヘンリービギンズからリリースされている、車載固定と機能性と収納のすべてを“旅のプロ級”に高めたシートバッグプロシリーズが、今春にバージョンアップして「PROⅡ」に。シートの下において使用するイージーリングベルトと、荷掛けフックやタンデムステップホルダーなどに固定する4点支持ベルトというふたつの車載方法により、これまで以上に確実で安定した積載が可能になった。 同シリーズには、日帰り~1泊程度に最適な20~26L容量のDH-757から、超本格的なキャンプツーリングにも対応する55~70L容量のDH-760まで、4タイプのサイズが用意されている。

価格■1万9800円(DH-757)/2万5300円(DH-758)/2万6400円(DH-759)/2万9700円(DH-760)

強度アップや防犯性向上も達成!
デイトナモーターサイクルガレージ・ベーシックシリーズ

豊富なサイズバリエーションで展開されているデイトナモーターサイクルガレージは、2022年5月にリニューアル。シャッターメーカーの変更により本体重量が従来型より軽くなり、開閉がスムーズに。シャッター錠は2→1ヵ所になり、従来はオプションだったラウンドロックが標準装備化される。また、ガレージ外観も変更され、シャッター上部のダクト形状がシャープな台形に。柱や妻板にはリブ形状が採用され、強度アップを達成している。また、標準装備のマットがゴムマットからMCガレージフロアマットに変更。全18タイプから、設置場所や好みなどに応じて選べるのもうれしい!

価格■51万4250円(DBS-1830H ※送料・設置料込み)

グループ企業のダートフリークも精力的に活動中

東京モーターサイクルショー2022では、デイトナのグループ企業となるオフロード系のダートフリークも、ホンダ・CRF250Lをカスタマイズした「デュアルクロス」仕様、ホンダ・CT125ハンターカブを軍用車風にアレンジした「サバイバルアドベンチャー」仕様、販売を手がけるキッズ用電動バイクのヨツバモトを展示。オフロード好きとアドベンチャーファンに強烈にアピールしていたぞ!


 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる