MENU

デイキャンプであたたかい食事をつくるために揃えたい調理器具を解説。これだけあればレシピの幅も広がる。はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第3回

バーナーとセットで準備したい調理器具の選び方

はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第3回の写真

調理器具=クッカーも種類が実に豊富だ。

調理器具=クッカーも種類が豊富!

A 鍋、B 縦に長い鍋、C フライパン、D 火にかけられる小型のカップ=シェラカップが一般的。

どれか一つだけ選ぶとしたら、C が焼く煮る沸かすとできて便利。

ラーメンなどを作るならAも欲しいところ。コンパクトさを優先するならB がいい。

バーナーとの相性もあり、バーナーのゴトクより極端に大きなクッカーだとバランスが悪く調理中に倒れることも……。過ぎたるは及ばざるが如し!

持ち手が熱くなりにくい!革製ハンドルカバー

はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第3回の写真

シェラカップは直接火にかけられて便利だけど、持ち手が熱くなりがち。それを解決してくれるのが同商品。革製で経年変化も楽しめる。

KIJIMA シェラカップハンドルカバー 800 円(税抜)

キジマK3のウェブサイトはこちら

調味料、洗剤類などはコンパクトにまとめよう!

塩、胡椒などの調味料や洗剤をそのまま持っていくとかさ張るし、そもそもキャンプならそれほど量も必要ない。百円ショップなどで売っている小型容器に移せばコンパクトにできるぞ。包丁替わりの小型ナイフと小型まな板も揃えよう!!

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

二輪用品店勤務、某メンテナンス雑誌の編集を経てモトメガネの編集担当に。
得意分野はバイクの修理、メンテナンス。
最新のバイクや用品は疎いので絶賛勉強中。
所有車はYAMAHA VMAX1200、vespa V50S、YAMAHA zippy80×2台