MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

軽い! 安い! よく走る! オフロードバイクのASIAWINGって知ってる?

  • URLをコピーしました!

バイクを載せる車はないけど、オフロードでは無双したい!

けん

と思ってる人、正直に手をあげてください。
…はい、自走派オフローダーは全員そうですね?

けど、これは夢に終わります!なぜならこうなるから

今までのレーサー・トレール問題
  • 走りを優先する = レーサー = 自走で移動が難しい
  • 自走を優先する = トレール(公道用オフロードバイク) = 走りが満足いかない
けん

とはいえトランポ買うのは金銭的にキツイし、まったりオフロードツーリングもしたいんじゃ!

しかーし!この問題を解決する外車トレールが存在するらしい!
早速乗ってきたぞ!

目次

自走派の最適解?!ASIAWING NC250!

走りを優先しつつ自走もできちゃうトレールメーカー、それがASIAWINGだ!

ASIAWINGは中国のバイクメーカーで、オフロード専門ショップであるビバークが代理店として販売しているぞ。

けん

世界では既に数万台の販売実績があるバイク!
今回ビバークによって日本にも来たぞ!ありがとうビバーク!

コンセプトは斬新かつ明快、「レーサーのようなトレール」である。

フレームやサスペンションはレーサーと同レベルの装備!
エンジンはトレールと同様のものを使用しているぞ!

けん

通常、レーサーバイクはエンジン始動時間でオイル交換やエンジンオーバーホールを管理する!だから自走すると超もったいない。

つまり、KTMやハスクバーナ、フサベル、TM Racingなどのオフロードレーサーでツーリングをする人が極端に少ない理由はエンジンなのだ!(タイヤもったいないのもあるけど)

これはKTMやハスクの質が悪いのではなく、オフロード性能に全振りしているからである。
レースのためのバイクだからしゃーない。

これを解決するのがASIAWINGというわけ!

乗ってない時点で自走派の私が感じたことは「コンセプト最高かよ」である。

実際にASIAWING NC250を見てみよう!

けん

普通にカッコ良い。風格は完全にレーサーのソレよ!

レーサー並の豪華装備を見よ!

正直エンジン以外はほぼレーサーです…。

圧倒的装備で超軽量!装備重量は驚異の118kgです!(ガソリン8L込)

フレームは軽量なアルミを採用!トレールでアルミフレームは国産だとWRくらい。すげえ。
フォークはFastAce製 48mm倒立フォーク!調整機構付き。ぶっとい!
リアサスはFastAce製シングルショック。調整機構付き。
ホイールは21インチ-18インチのフルサイズ!ハブがCNC削り出し!
タンクはプラスチック製で超軽量!ハンドルはテーパーバー!トリプルクランプはCNC削り出しでアルマイト済!
テールランプは最小限の大きさ…!
けん

全体的に中華パーツが多いが、価格(後述)を考えると妥当だと思う。
これでオーリンズとブレンボだったら100万円超えてしまう。

エンジンはトレール用を採用!

エンジンは水冷単気筒249cc 4stエンジンを積んでいます。レーサーエンジンではなくトレール用エンジンです!

6速でセル/キックで始動
マフラーは小ぶり、音量は大きめ

26馬力とレーサーに比べ控えめなスペックになっています。

気になるお値段は…

乗り出し72.5万円!

けん

この装備でコレは破格だと思う…。

オンオフ80km!ガッツリ走った感想!

オフロードコースから街乗りまでガッツリ試走してきました!

街乗りできるレーサー的な立ち位置だけど、実際どうなのか…?

街乗りの感想!

メーカーへの忖度とかないのでハッキリ言います。

普通です。

けん

250ccの国産トレールとあんま乗り味は変わらない

悪いように聞こえるが、コレは凄いことである。

マジのレーサーで公道を走ると、「バランサーがないので手が痺れる!」「ピーキーすぎて街乗りが難しい!」ということが普通にある。

しかし、ASIAWINGは全然そんなことない。

ノーマルマフラーにしては音が大きく、振動も多めだがレーサーほどじゃない。
100km走れって言われたら普通に走れる。

けん

高速に乗ったら振動つらいと思うけど、そもそも250ccの単気筒は国産でも高速つらい…。

オフロードの感想!

オフロードはスゲェ良かった。

とにかくサスが良く動く!

けん

FastAceってどこのサスだよwwwwって思いましたが、めっちゃ良く動きます。
素人が分かるくらい、トレールのサスとは一線を画す乗り味です。

現行モデルはフロントフォークがツインチャンバーになってさらにパワーアップしているらしい!

あと高出力すぎないのでブン回せるのが良い!

直線はガバ開けしたくなる気持ち良さ!

250ccレーサーはモノによるけどパワフルすぎて扱えんのよ。

けどASIAWINGは大丈夫。初心者でもブン回せる気持ち良さがあります。

けん

上級者にはパワー不足かも知れない。
が、コレでパワー足りないならもう普通にレーサー買ってください!

ぶっちゃけ微妙なところ!

ASIAWINGも完璧じゃないんだ…。

気になった微妙なところをぶっちゃけるよ。

足つきは極悪!

オフを優先しているので、トレールと比較すると足つきは極悪です…。

シート高は驚異の960mm!ちなみにこれは少しローダウンしています。

173cmで両足つまさき、片足べったりです。

けん

ローダウンシートがあるっぽいのでキツかったら買おう!

メンテナンスしてくれる店舗は限られる!

今回ASIAWINGを貸していただいたビバーク川崎!

ASIAWING代理店のビバークは北海道、大阪、神奈川2店舗!

それ以外のショップでメンテナンスする場合は、ビバークのオンラインショップでASIAWINGのパーツを買って持ち込みとなる可能性が高い。

持ち込みパーツでメンテナンスを受けてくれるかはショップ次第だ…。

けん

コレはASIAWINGの欠点というか、マイナー外車の欠点…。
代理店が少ないイタリア車のレーサーを買っても同じことが言える…。

動画もあるよ

まとめ!中華のトレール、アリじゃない?

見直したぜ中華!

正直乗る前は「どんなゲテモノなんだろうwww」って思ってたけど、こいつはスゲェわ。

今までにない乗り味のバイクに仕上がってるので、レーサー興味あるけど自走したい人はビバークに急げ!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる