MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ブルーボトルコーヒー×日産 サステナブルな移動型店舗が限定オープン 

  • URLをコピーしました!

日産自動車株式会社は、サステナビリティを信念の一つに掲げ、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供する「ブルーボトルコーヒー」と、自社の新型電気自動車である「日産サクラ」をコラボレートし、移動型店舗「SAKURA COFFEE」を2022年10月19日(水)から10月31日(月)までの期間限定で、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)にて出店すると発表した。同イベントは、「環境にやさしい未来のコーヒーショップ」をテーマに、「日産サクラ」による移動型店舗で環境に配慮した新しいコーヒー体験を提供する。商品は、コーヒー以外に、ブルーボトルコーヒーの100%オーガニックコールドブリュー缶やサステナブルな限定フード、土の中で分解可能なバンブーパウダーを使用した、エコカップやタンブラーなどの限定アイテムも販売される。

目次

脱炭素社会の実現に向けて日産が「ブルーボトルコーヒー」と初のコラボレーション、軽の電気自動車「日産サクラ」によるサステナブルな移動型店舗「SAKURA COFFEE」オープン

2022/10/19(水)〜10/31(月) 東京ドイツ村に期間限定で出店

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区)は、サステナビリティを信念の一つに掲げ、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供する「ブルーボトルコーヒー」と初めてコラボレートし、移動型店舗「SAKURA COFFEE」を2022年10月19日(水)から10月31日(月)までの期間限定でオープンいたします。「SAKURA COFFEE」は、「環境にやさしい未来のコーヒーショップ」をテーマに、新型軽の電気自動車「日産サクラ」による移動型店舗で、環境に徹底的に配慮した新しいコーヒー体験を提供します。本店舗は、ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェから出発し、花と緑の自然あふれるテーマパーク、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)にて展開予定です。

「SAKURA COFFEE」キービジュアル

本コラボレーションは、共にカーボンニュートラルの実現を目指し、サステナビリティへの取り組みで業界を牽引してきた両社が、脱炭素社会の実現に向けて、何か新たなアクションを起こせないかという想いによって実現いたしました。移動型店舗「SAKURA COFFEE」は、100%電気で走り、CO2を出さない軽の電気自動車「日産サクラ」から一部電力をまかなう店舗設計となっており、ブルーボトルコーヒーと共同開発したサステナブルな限定フードなど、環境に徹底的に配慮した、自然と共生するコーヒーショップを提案します。


【開催概要】
名称:NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE「SAKURA COFFEE」
期間:2022年10月19日(水)~10月31日(月)09:30~17:00
※営業時間は変更になる可能性がございます。10月19日(水)のみ14:00〜17:00までの短縮営業予定
10月28日(金)~10月31日(月)イルミネーション開催期間に伴い、営業時間を20:00まで延長して営業予定
場所:東京ドイツ村 (千葉県袖ケ浦市永吉419)

■NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE 「SAKURA COFFEE」 販売商品概要
●SUSTAINABLE COFFEE
ブルーボトルコーヒーの100%オーガニックなコールドブリュー缶(※1)や、バリスタがドリップしたスペシャルティコーヒー(※2)をオリジナルスリーブ付きカップにて提供いたします。
※1:オーガニック認証「USDA」取得
※2:一部期間限定での提供となります。

●SUSTAINABLE FOODS
ブルーボトルコーヒーと共同開発した、環境負荷の低い大豆やパンプキンシードなどの持続可能な食材を活用したコラボ限定フードメニュー。期間中、渋谷カフェ、清澄白河フラッグシップカフェなどの既存6店舗でも限定で販売します。

●SUSTAINABLE GOODS
土の中で分解可能なバンブーパウダーを使用したエコカップやタンブラーなど、ドライブに持っていきたいコラボロゴをあしらったサステナブルな限定アイテムを展開。

※画像はイメージです。
※内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

■NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE 「SAKURA COFFEE」 ステートメント

新しく生まれた軽EV、日産サクラ。
サステナブルに取り組む、ブルーボトルコーヒー。

一緒だから届けられる、
CO2も無駄なゴミも出さない、
おいしくて気持ちのいいコーヒー。

アイデアから開発までこだわり、
環境負荷の少ない素材で作ったスイーツもいかがですか?

その味わいが、未来を考えるきっかけになりますように。

地球のために、EVとコーヒーができること。
SAKURA COFFEE
NISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE

■サステナビリティへの取り組み
日産自動車は、環境に配慮した電気自動車をいちはやく市場に投入し、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラル実現を目指しています。2030年代早期より、主要市場に投入する新型車をすべて電動車両とすることを目指し、電動化と生産技術のイノベーションを推進しています。

ブルーボトルコーヒーは、2021年に、ブランド全体での2024年までのカーボンニュートラル実現を宣言し、コーヒーの調達、電力、乳製品、廃棄物の4つの主要分野で温室効果ガス排出量削減に注力してきました。2002年の創業以来、サステナビリティはブルーボトルコーヒーの理念のひとつであり、人と地球を大切にすることだと考えています。

■日産サクラについて

「日産サクラ」は、100%電気で走るまったく新しい軽の電気自動車です。軽自動車独自の小回り性能に加え、「日産リーフ」の開発で培った技術をフル投入した電気自動車ならではの静粛性や力強くなめらかな加速を提供します。また軽自動車として初搭載(※1)の先進運転支援技術「プロパイロット パーキング」などが、生活に寄り添いながらも運転する楽しみをもたらし、クルマとの日々の生活にワクワク感をお届けします。コンパクトなボディながらも、通勤や買い物など、日常のドライブに十分な航続距離と広々とした室内空間を確保し、手の届きやすい価格帯で、電気自動車をより身近に感じていただけます。
※1:日産2022年5月調

■ブルーボトルコーヒーについて

ブルーボトルコーヒーは 2002 年に、創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生しました。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してまいりました。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒーを配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を行っています。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ボストン、シカゴ、上海、韓国、香港、東京、横浜、前橋、大阪、京都、神戸で100店舗以上を展開しています。(2022年10月現在)

​リリース提供元:日産自動車株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次