MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

クルマの買い替え 次回電気自動車を検討する理由1位は燃料代の安さ

  • URLをコピーしました!

「モビリティテックでクリアな自動車売買の体験を。」の実現を目指す株式会社MOTAは、2022年9月に、現在クルマを所有していて、今後1年以内で買い替えを検討している方を対象に「電気自動車に関するアンケート」を実施した。

調査はインターネットを通して行われ、対象は現在、クルマを所有していて、今後1年以内で買い替えを検討している方、サンプル数は240人となった。今後、車を購入する場合に電気自動車を検討すると回答した方は65%、また積極的に検討しようとする理由の1番目は「燃料代が安くなること」となったが、購入を検討する際「充電スポット数の不足、車両価格の高さ」などで不安を感じている方が約60%いることがわかった。

目次

【MOTAカーライフアンケート】65.0%の人が「次回購入時に電気自動車を検討する」と回答|MOTA「電気自動車」に関する調査レポート【2022年】

MOTA「電気自動車」アンケート調査レポート【2022年9月】

「モビリティテックでクリアな自動車売買の体験を。」の実現を目指す株式会社MOTA(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 大輔、以下「MOTA」)は、2022年9月に、現在クルマを所有していて、今後1年以内で買い替えを検討している方を対象に「電気自動車に関するアンケート」を実施しました。今回は、その結果をレポートします。

◆現在クルマを所有していて、今後1年以内で買い替えを検討している方を対象にアンケートを実施
エンジンやディーゼルなどの内燃機関を持たず、バッテリーだけで駆動させるBEV(電気自動車、ベブと呼びます)。世界的にSDGsへのチャレンジが進んでいる中で、自動車業界も環境に優しいクルマづくりがますます加速しています。

各社、電気自動車への販売目標を公表した時には、「電気自動車はまだ先の話でしょ」と思っていた方も多いはずです。最近では、フル充電で走行可能距離が600kmを超える高性能BEVから、軽自動車のBEVまで幅広い車種が発売されて、選択肢が増えたことで、現実のものとして見えてきたのではないでしょうか。

そこで、今回は、「現在クルマを所有していて、今後1年以内で買い替えを検討している方」に、電気自動車に関するイメージや、購入したい理由や不安点などをお聞きしました。

◆調査概要
調査内容:電気自動車に関する実態および意識の調査
調査対象:現在、クルマを所有していて、今後1年以内で買い替えを検討している方
サンプル数:240人
調査手法:インターネット調査(Surveroidを利用)https://surveroid.jp/
調査エリア:インターネット調査用パネルからランダムに抽出
調査実施日:2022年9月9日

◆電気自動車を所有している人は5.8%、乗った経験のある人は40.8%

まずは「現在、どのような車種を所有していますか?」から聞きました。

1位はやはり「エンジン車/ディーゼル車」で67.5%を占めました。2位は「ハイブリッド車」(29.2%)、3位は「プラグインハイブリッド車」(10.0%)でした。

今回アンケートにご協力いただいた方の5.8%が、すでに「BEV(電気自動車)」を所有していることがわかりました。また「FCV(燃料電池車)」は2.1%にとどまりました。

では、さっそく電気自動車に関する調査結果を紹介していきましょう。

「電気自動車に乗ったことはありますか?」という質問に、「はい」と答えた方は40.8で、一方「いいえ」と答えた方は59.2%でした。

最近では、ディーラーにて試乗できる車が用意されていたり、カーシェアリングやレンタカーなどのサービスを利用したり、親戚や知人が所有する車を利用したりなど、BEVに乗る機会は確実に増えているようです。

◆65.0%の人が「次回購入時に電気自動車を検討する」

「今後、車を購入する場合、電気自動車を検討しますか?」という質問では、「検討する」が65.0%と、「検討しない」(35.0%)より大きく差を付けました。
このことからも、すでに電気自動車が次回購入するクルマの選択肢に挙がっていると理解してもいいでしょう。

続いて、「電気自動車を積極的に検討しようとする理由」はどういった点にあるのでしょうか?

1位は「電費(燃費)が安くなる」で、53.3%の方が燃料費の安さを挙げました。続く2位は「補助金や免税の対象だから」(42.9%)。金銭面でのメリットが、検討理由のトップ2を占めました。

3位には「環境保全に貢献したい」(42.5%)が入っています。

その他の理由としては、電気自動車の運転性能である「走行音が静か」が4位(34.6%)、「始動時の加速が良い」が5位(22.5%)がランクインしています。

やはり、車内での会話がしやすい静粛性は欠かせない要素の1つと言えるでしょう。

◆購入検討時の不安材料1位は「充電スポットの数に不安を感じる」

一方「購入検討時の不安材料は」という質問に対しては、1位は「充電スポットの数に不安を感じるから」(59.2%)、2位が僅差で「車両価格が高いから」(57.9%)と続きます。

3位は「走行可能距離がまだまだ物足りないから」(47.5%)、4位は「充電切れの対処の仕方がわからないから不安」(30.0%)でした。

この結果から、充電施設などの環境に関する不安はまだまだ高く、これまでのメーカーが努力しているように、いつでもどこでも充電できる環境を整備していく必要があるようです。

◆充電スポットの利用で面倒だと感じることは?

続いて、「充電スポットの利用にあたって、面倒だと思うことはありますか?」と聞きました。

1位は「決められていた時間通りに戻ること」(49.2%)。これはショッピングモールなどの駐車場で充電している際には、時間を気にしながら買い物しなくていけないので、とても不便に感じているようです。

2位は「充電器の操作」(45.8%)、3位は「窓口などでの利用受付」(31.3%)、4位は「車室においてあるコーンをどかすなどの操作」(30.8%)、5位は「充電器の使い方を調べること」(30.4%)という結果になりました。

どうしてもガソリンスタンドでのセルフ給油と比較して、まだまだ手間がかかったり、不慣れだったりという理由から、充電スポットの利用を面倒に思われる方が多いようです。

◆これからの国内充電設備などのバッテリー環境に期待することは?

最後に、「これからの国内充電設備などのバッテリー環境に期待すること」を質問しました。

1位の「行き先(目的地)での充電スポットの充実」(65.8%)、2位の「自宅近くの街中充電スポットの充実」(57.5%)、4位の「高速道路(PA・SA)充電スポットの充実」(53.3%)、6位の「マンションなどの集合住宅に設定されている充電スポットの充実」(19.6%)などの充電スポットの充実が上位にランクインしました。とにかく「いつでもどこでも」充電ができるという安心感を求めていることが分かります。

また、3位の「急速充電器の出力UP」(56.3%)、5位の「バッテリー容量の増加」(48.8%)などの充電器やバッテリーの性能アップを求める声もありました。

◆BEVの選択肢が広がる中、まだまだ充電環境への不安も高い
冒頭に紹介したように、走行可能距離が600kmを超える大容量バッテリーを搭載した車種や、軽自動車のBEVの登場で、長距離ドライブから街乗りまで多様なニーズに応えられるようになってきました。

電気自動車への優位性に対して、好意的に評価している人でも、出先での充電切れに対する不安は払拭できていないようです。ユーザーの利便性を高めるために、充電スポットを検索したり、使用状況がリアルタイムで調べられたりできるアプリを各メーカーが開発しています。

今後は、日々性能や環境が向上しているBEV市場について、最新の情報をお伝えしていきます。

リリース提供元:株式会社MOTA

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次