MENU
カテゴリー
公式SNS
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

電気自動車だけじゃない ホンダの水素・燃料電池自動車が実現するカーボンニュートラル

  • URLをコピーしました!

本田技研工業株式会社は、2023年3月15日(水)から3月17日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第19回 FC EXPO水素・燃料電池展」に出展する。2050年のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みで、2020年代半ばに販売開始を予定しているHonda燃料電池モジュールのプロトタイプを展示する。また、その主な適用先として、自社の燃料電池自動車(FCEV)に商用車、定置電源、建設機械を加えた4つのコアドメインでの活用を提案する。

目次

「第19回 FC EXPO 水素・燃料電池展」Honda出展概要

Hondaは、2023年3月15日(水)から3月17日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第19回 FC EXPO水素・燃料電池展」に出展します。

Hondaは、2050年にHondaの関わる全ての製品と企業活動を通じて、カーボンニュートラル実現を目指しており、製品だけでなく、企業活動を含めたライフサイクルでの環境負荷ゼロの実現に向けて、「カーボンニュートラル」「クリーンエネルギー」「リソースサーキュレーション」の3つを柱に取り組んでいます。その中で水素を、電気とともに有望なエネルギーキャリアとして位置づけています。

今回のFC EXPOでは、コア技術であり2020年代半ばに社外への販売開始を予定しているHonda燃料電池モジュールのプロトタイプを展示します。また、その主な適用先として、自社の燃料電池自動車(FCEV)に商用車、定置電源、建設機械を加えた4つのコアドメインでの活用を提案します。

主な出展内容

Honda燃料電池モジュール プロトタイプ

GMと共同開発している次世代燃料電池をベースとした、最大出力80kWを有する外販用モジュールです。燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」<2019年モデル>に搭載していた燃料電池システムに対して、コストを3分の1、耐久性を2倍に向上させるとともに、耐低温性も大幅に向上させています。

定置電源 設置イメージモデル(1/24スケール)

Hondaは、米国現地法人アメリカン・ホンダモーターの敷地内に、「CLARITY FUEL CELL」の燃料電池システムを再利用した約500kWの定置電源を設置し、今月よりデータセンター用の非常用電源として実証運用を開始するなど、クリーンで静かな非常用電源から、発電領域における燃料電池システムの適用の提案を進めています。FC EXPOでは、その定置電源の設置イメージとして、3メガワット規模の定置電源を模したモデル(1/24スケール)を展示します。

燃料電池大型トラックの取り組み

いすゞ自動車との共同研究による燃料電池大型トラックのモニター車がナンバーを取得し、公道での実証実験を2023年度中に開始予定です。その共同研究の進捗状況を映像で紹介します。

「第19回 FC EXPO 水素・燃料電池展」開催概要
主催者:RX Japan株式会社
開催日程:2023年3月15日(水)~17日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟
FC EXPO公式ウェブサイトURL:https://www.wsew.jp/hub/ja-jp/about/fc.html

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次