MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

スズキ インドネシアで四輪車累計生産300万台を達成

  • URLをコピーしました!

スズキ株式会社は、インドネシアにおける四輪・二輪生産子会社スズキ・インドモービル・モーター社が四輪車累計生産300万台を達成し、1月16日にチカラン工場で記念式典を行ったことを発表した。同社は、1976年3月にプロガドゥン工場で四輪車の生産を開始し、46年9ヵ月での達成となった。

目次

スズキ、インドネシアで四輪車累計生産300万台を達成

スズキ株式会社のインドネシアにおける四輪・二輪生産子会社スズキ・インドモービル・モーター社(以下、SIM)は、12月6日に四輪車累計生産300万台を達成し、1月16日にチカラン工場で記念式典を行いました。

SIMは1976年3月にプロガドゥン工場で四輪車の生産を開始しました。1991年タンブン工場、2015年にはチカラン工場で生産を開始し、現在はキャリイ、XL7などを生産しています。
今回、46年9ヵ月で四輪車累計生産台数300万台を達成しました。300万台目の車両はチカラン工場で生産された「エルティガ ハイブリッド」でした。
SIMでは、四輪車に加え、タンブン工場で二輪車の生産も行っています。

SIMの瀬崎社長は記念式典のなかで、「スズキは、我々の社是、『お客様の立場になって価値ある製品を作ろう』に沿い、インドネシアおよび輸出先のお客様にご満足いただけるような商品をこれからも提供してまいります。今回の累計300万台到達にあたりご支援いただいた関係者の皆様、どうぞ引き続きご協力をお願い申し上げます。」と述べました。

今後もスズキは、お客様に必要とされるモビリティの提供を通じて、インドネシアの自動車産業の発展に貢献していきます。

スズキ・インドモービル・モーター社の概要

スズキ・インドモービル・モーター社の歴史

  • 1970年 タンブン工場にて二輪生産開始
  • 1976年 プロガドゥン工場にて四輪生産開始
  • 1991年 タンブン工場にて四輪生産開始
  • 2004年 多目的車「APV」生産開始
  • 2012年 3列シートの7人乗り小型乗用車「エルティガ」生産開始
  • 2015年 チカラン工場にて四輪生産開始

リリース提供元:スズキ株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次