MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【ロールスロイス】ブラックバッジゴーストのカスタムバージョン発表

  • URLをコピーしました!

独・チューナーブランド「NOVITEC」の日本法人である株式会社ノビテックグループジャパンが、「ロールス・ロイスブラックバッジ ゴーストSPOFECバージョン」を発表した。

ブラックバッジとはロールス・ロイスが展開するモデル・シリーズの、最高級グレードにのみに与えられる特別ラベルのことで、同モデルは高級自動車メーカーのハイエンドカスタムを手掛けるNOVITECグループのSPOFECならではの仕様である。

今回発表されたプレミアムなロールス・ロイス ゴーストは、ドライビングダイナミクスの向上が図られているとともに贅沢さが格段に上がっている。また搭載するツインターボV12エンジンは工場出荷時から106psアップのチューンが施されている。

目次

ドイツ、ノビテック・グループのロールス・ロイス・チューナー、SPOFEC(スポーフェック)からロールス・ロイス ブラックバッジ ゴーストにSPOFECのパフォーマンスとデザインが誕生。

最高級グレードラベルのブラックバッジにさらなる付加価値を。

フェラーリ・ランボルギーニ・ロールスロイス・マクラーレン・マセラティ・テスラの過激チューナーで知られる、ドイツのチューナーブランド「NOVITEC」の日本法人である株式会社ノビテックグループジャパンは、「ロールス・ロイスブラックバッジ ゴーストSPOFECバージョン」を、発表したのでお知らせする。

「ブラックバッジ」とはロールス・ロイスの様々なモデル・シリーズの最高級グレードに付けられるラベルである。NOVITECグループのSPOFECは、英国の高級自動車メーカーの現行車種のハイエンドカスタムを専門に扱っている。また、ドイツの工場では、最高級車種のカスタムパーソナライゼーションも行っている。

今回、新たに追加されたのは、ロールス・ロイス ブラックバッジ ゴーストのSPOFECバージョンで、4ドアのドライビングダイナミクスを向上させ、よりスリリングな外観を実現している。

SPOFECエンジンのチューニングにより、ゴーストのツインターボV12エンジンの最高出力は519kW/706hp、最大トルクは1,002Nmに向上した。このエンジンは、このモデルを静止状態から時速100kmまでわずか4.3秒で加速させる。最高速度は電子制御により250km/hに制限されている。

さらにSPOFECのデザイナーは、ブラックバッジゴーストのルックスを受け継ぎ、テーラーメイドのカーボンボディスタイリングキットを装着して、より贅沢な外観に仕上げている。

また、アメリカの高級ホイールメーカーVossenと共同開発したSPOFEC製22インチキングサイズホイールも欠かせない。さらに、車高を約40mm下げることができるSPOFECサスペンションモジュールもある。

12気筒、6.75リッターの排気量、2基のターボチャージャー。ロールス・ロイス ブラックバッジ ゴーストのエンジンには、オーナーとその同乗者にさらなるドライビングの楽しみを提供するために、SPOFECのパワープラントエンジニアがこの贅沢なセダンに眠る余剰を引き出した。もちろん、エンジンの滑らかさや耐久性は損なわれていない。

そのために、プロセッサー制御のSPOFEC N-TRONICプラグアンドプレイ・パフォーマンス・モジュールが、電子エンジン管理システムに適合させられている。インジェクションとイグニッションのマップをカスタムプログラムし、ブースト圧を適度に上げることで、性能を大幅に向上させている。

ブラックバッジゴーストは、工場出荷時には出力が441kW/600hpである。SPOFEC仕様では106ps向上し、519kW/706psを5,400rpmの低回転で発生させる。ピークトルクも102Nm増加して、2,400rpmの低回転域で1,002Nmとなる。8速オートマチックと全輪駆動との完璧な相互作用により、約2.5トンの重量を持つSPOFEC改良型セダンは、ゼロから100km/hまでわずか4.3秒で加速することができる。最高速度は、タイヤを保護するために電子制御で250km/hに制限されたままである。

ブラックバッジゴーストのSPOFECコンセプトには、当然ながらステンレス製のスポーツエギゾーストシステムも含まれており、テールパイプが見えるタイプと見えないタイプの2種類が用意されている。アクティブに制御されるバタフライバルブを備えたバージョンでは、コックピットからのリモートコントロールによって、V12のエキゾーストノートを繊細なものからスリリングでスポーティなものまで変化させることも可能である。

SPOFECが世界的に高い評価を得ているのは、ドイツの自動車リファインメントのスペシャリストが、ロールス・ロイスのさまざまなモデルに、独特のスポーティでエレガントな視覚的タッチを与える方法を知っているからである。この哲学は、ブラックバッジゴーストにも適用され、軽量かつ高強度なカーボン製のエアロダイナミクス強化パーツをオーダーメイドで開発した。

SPOFECフロント・フェイシアは、純正部品と完全に置き換えられるように設計されており、ロールス・ロイスの顔をより印象的にしている。オプションで、縦に配置されたLEDポジションマーカーも用意されている。高速走行時のフロントアクスルの浮き上がりを抑え、操縦安定性をさらに最適化するエアロダイナミクス効率に優れていることが特徴である。また、大型のエアインテークにより、ラジエーターやフロントブレーキへの気流をより効果的に導くことができる。

SPOFECロッカーパネルは、サイドビューでゴーストをより長く、より低く見せる効果がある。ショートホイールベース車用とロングホイールベース車用の2種類を用意した。

SPOFECリアパネルは、エキゾーストテールパイプのカットアウトの有無が選択でき、トランクの繊細なリップスポイラーと相まって、スポーティなアップグレードを際立たせている。

また、フロントとリアのホイールアーチ下のスペースを有効に活用するために、SPOFECオリジナルのアロイホイールも用意されている。9本のツインスポークを持つSPOFEC SP2ホイールは、アメリカのメーカーVossenと共同で開発されたものである。フロントアクスル用9.5Jx22サイズ、リアアクスル用10.5Jx22サイズの専用リムは、ハイテクな鍛造・機械加工技術によって製造されている。表面処理も多彩で、カラーも72色から選ぶことができる。サイズ265/35 ZR 22と295/30 ZR 22の高性能タイヤは、外観上の理由だけでなく、ハンドリングも最適化する優れた選択である。

これらの効果は、SPOFEC CAN-Tronicサスペンションモジュールによってさらに向上させることができる。ゴーストのエアサスペンションの制御に介入し、時速140kmまでは車高を約40mm下げることができる。それ以上の速度では、自動的に元の車高に戻る。

ノビテックグループジャパンについて

株式会社ノビテックグループジャパンはフェラーリ・ランボルギーニ・ロールスロイス・マクラーレン・マセラティ・テスラの過激チューナーで知られる、ドイツのチューナーブランド「NOVITEC」の日本法人である。また、ショーカー生まれのカーコーティングブランド「SPASHAN」を開発・販売する株式会社スーパースポーツコレクションが運営も行っている。
ノビテックでは高級車をメインにハイグレードなカスタマイズパーツやチューニングパーツを手がけている。空力学に基づいた設計と驚異的な走行性能を実現しつつ、芸術的にも優れた造形・質感は、数あるチューニングメーカーの中でも世界においてトップクラスの評価を得ている。より高度な製品の取り扱いを検討されている企業の方へ現在販売パートナーを募集している。

リリース提供元:株式会社スーパースポーツコレクション

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次