MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

DUNLOPタイヤ装着車両がワンツーフィニッシュ 『SUPER GT第4戦富士』GT300クラス

  • URLをコピーしました!

DUNLOPブランドを展開する住友ゴム工業株式会社は、8月6日から7日に富士スピードウェイで開催された国内最高峰のレースのひとつ『2022 AUTOBACS SUPER GT』の第4戦で、DUNLOPとしてサポートするチームが、1位から3位の表彰台を独占した第2戦に続き、GT300クラスでワンツーフィニッシュを果たす好成績を収めたと発表した。

目次

『SUPER GT第4戦富士』GT300クラスでDUNLOPタイヤ装着車両がワンツーフィニッシュ

住友ゴム工業(株)は、8月6日から7日に富士スピードウェイで開催された国内最高峰のレースのひとつ『2022 AUTOBACS SUPER GT』の第4戦で、DUNLOP(ダンロップ)としてサポートするチームが、1位から3位の表彰台を独占した第2戦に続き※GT300クラスでワンツーフィニッシュを果たす好成績を収めました。

優勝した井口卓人選手(左)、山内英輝選手(右)

真夏のレースとは思えない想定外の低い気温かつ路面温度の中、決勝レースはスタートしました。予選2位の「R&D SPORT」の「SUBARU BRZ GT300」は、着実なペースでレース中盤まで3番手のポジションを維持。レース終盤では、DUNLOPタイヤ装着車両同士の「SUBARU BRZ GT300」と「GAINER」の「NISSAN GT-R NISMO GT3」による激しいトップ争いが繰り広げられ、最後は「SUBARU BRZ GT300」が2位の「NISSAN GT-R NISMO GT3」とは6秒の差で今季初優勝を飾りました。

「R&D SPORT」の「SUBARU BRZ GT300」

今年のレースは、昨年の300kmから延長され、450kmの距離で行われました。より長い距離をトラブルなく走り切れる性能と耐久性を持ったタイヤが求められるレースにおいて、上位5台のうち4台がDUNLOP装着車両となる好成績を収めました。続く第5戦鈴鹿においてもチャンピオン獲得を目指し、参戦するチームとドライバーを足元から支えます。

リリース提供元:住友ゴム工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次