MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ホンダ特別仕様車「STYLE+ URBAN」が登場 洗練されたシックなデザイン

  • URLをコピーしました!

ホンダは、軽自動車「N-ONE」を一部改良し、8月26日(金)に発売する。また、Nシリーズ誕生10周年を機にスタートした新ブランド「N STYLE+」から、特別仕様車「STYLE+ URBAN」を同時発売する。

「N STYLE+」シリーズは、ほかの人とは一味違う個性あるデザインを求めるユーザーのニーズに応えることを目指し、さまざまなNの世界観を提案するブランド。シリーズ第二弾となる今回は、”URBAN”というコンセプトのもと、都会的で洗練された、シックなデザインを追求した。

目次

「N-ONE」を一部改良し発売

~「N STYLE+」シリーズ第二弾 特別仕様車「STYLE+ URBAN」を同時発売~

Hondaは、軽自動車「N-ONE(エヌワン)」を一部改良し、8月26日(金)に発売します。また、Nシリーズ誕生10周年を機にスタートした新ブランド「N STYLE+(エヌ スタイルプラス)」より、特別仕様車「STYLE+ URBAN(スタイルプラス アーバン)」を同時発売します。

N-ONE 製品サイト:https://www.honda.co.jp/N-ONE/

特別仕様車紹介動画「STYLE+ URBAN」篇

N-ONEは、Hondaの乗用車の原点である「N360」から継承する「丸・四角・台形」を基本のかたちとしたタイムレスなエクステリアデザインと、Honda独自のM・M思想※1に基づくミニマルで心地よい室内空間を追求したモデルです。
 2020年11月に発売された二代目となるN-ONEは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※2を全タイプに標準装備としたほか、RSには軽自動車初※3のFFターボと6MTの組み合わせを設定。通勤・通学や買い物といった日常使いからロングドライブに至るまで、「運転の楽しさ」「操る喜び」を満喫できる走行性能がご好評をいただいています。

今回の一部改良では、N-ONEを象徴するデザイン・走りはそのままに、Originalタイプをベースとした特別仕様車「STYLE+ URBAN」を設定します。

「N STYLE+」シリーズは、ほかの人とは一味違う個性あるデザインを求めるお客様のニーズに応えることを目指して、さまざまなNの世界観を提案するブランドです。シリーズ第二弾となる今回は、”URBAN”というコンセプトのもと、都会的で洗練された、シックなデザインを追求しました。エクステリアには、高級感のあるクロームメッキの加飾を施したフロントグリルや、ブラックで引き締めたライセンスガーニッシュとサイドモールを、インテリアにはウッド調のインパネガーニッシュや、落ち着いた配色のシートとフロントドアアームレストを採用するなど、大人のためのスタイリッシュな世界観を演出しています。さらに運転席・助手席にはシートヒーターを備え、より快適で心地よい、いつまでもクルマとともに過ごしたくなる空間に仕上げています。
 Premiumではフォグライトガーニッシュモールやヘッドライトなどの加飾部分を、RSではステアリングやシフトレバー周辺のカラーリングを、それぞれ落ち着いたダーク調とし、より上質なデザインとしました。また、ボディ色にはN-ONEとして新色を4色※4採用し、クルマ選びの楽しさを高めています。

※1マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想。人間のためのスペースは最大に、機械のためのスペースは最小限にして、クルマのスペース効率を高めようとする、Hondaのクルマづくりの基本的な考え方
※2Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。詳細はホームページをご参照ください。
https://www.honda.co.jp/hondasensing/
※3Honda調べ(2020年11月時点)
※4フィヨルドミスト・パール、プレミアムサンライトホワイト・パール、メテオロイドグレー・メタリック、ガーデングリーン・メタリック(タイプ別設定)

全国メーカー希望小売価格

・価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれません
・価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)で参考価格です。販売価格は販売会社が独自に定めております。詳しくは販売会社にお問い合わせください
・自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額

ボディーカラー

【N-ONE Original】
・フレームレッド
・プラチナホワイト・パール※5
・プレミアムサンライトホワイト・パール※6
・プレミアムアイボリー・パールⅡ※5
・メテオロイドグレー・メタリック※5
・フィヨルドミスト・パール※5

<2トーンカラー>
・フレームレッド&ブラック※7
・プラチナホワイト・パール&ブラック※8
・メテオロイドグレー・メタリック&ブラック※8
・プレミアムアイボリー・パールⅡ&ブラック※8
・フィヨルドミスト・パール&ブラック※8

【N-ONE Premium/Premium Tourer】
・プラチナホワイト・パール※5
・ミッドナイトブルービーム・メタリック※5
・ブリティッシュグリーン・パール
・プレミアムサンライトホワイト・パール※6
・プレミアムアイボリー・パールⅡ※5
・メテオロイドグレー・メタリック※5

<2トーンカラー>
・プラチナホワイト・パール&ブラック※8
・ミッドナイトブルービーム・メタリック&ブラック※8
・ブリティッシュグリーン・パール&ブラック※7
・プレミアムアイボリー・パールⅡ&ブラック※8
・メテオロイドグレー・メタリック&ブラック※8

【N-ONE RS】
・クリスタルブラック・パール

<2トーンカラー>
・フレームレッド&ブラック※7
・プラチナホワイト・パール&ブラック※8
・ブリティッシュグリーン・パール&ブラック※7
・プレミアムイエロー・パールⅡ&ブラック※8
・メテオロイドグレー・メタリック&ブラック※8

【N-ONE Original 特別仕様車 STYLE+ URBAN】
・ガーデングリーン・メタリック
・プラチナホワイト・パール※5
・メテオロイドグレー・メタリック※5
・プレミアムアイボリー・パールⅡ※5
・フレームレッド

※533,000円(消費税抜き 30,000円)高
※655,000円(消費税抜き 50,000円)高
※760,500円(消費税抜き 55,000円)高
※882,500円(消費税抜き 75,000円)高

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次