MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

三菱自動車 新型軽自動車「デリカミニ」など車両9台を東京オートサロンにて展示

  • URLをコピーしました!

三菱自動車工業株式会社は、2023年1月13日(金)から15日(日)まで幕張メッセにて開催される世界最大級カスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」に出展し、2023年5月に発売を予定している新型『デリカミニ』を中心に、合計9台を展示する。『次の時代の、次の冒険を。』をテーマとし、新型『デリカミニ』とオールラウンドミニバン『デリカD:5』によるデリカシリーズ、『アウトランダー』や『eKクロス EV』などの電動車、アジアクロスカントリーラリー参戦車『トライトン』などを展示し、環境にやさしく安全・安心で快適な三菱車の魅力を提案するとしている。

目次

三菱自動車、東京オートサロン2023に新型軽自動車「デリカミニ」など9台を参考出品

環境にやさしく安全・安心で快適な三菱車の魅力をいっそう高めて提案します

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、2023年1月13日(金)から15日(日)まで幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」に出展し、本年5月に発売を予定している新型『デリカミニ』を中心に、合計9台を参考出品します。

三菱自動車ブースでは『次の時代の、次の冒険を。』をテーマとし、新型『デリカミニ』とオールラウンドミニバン『デリカD:5』によるデリカシリーズ、『アウトランダー』や『eKクロス EV』などの電動車、アジアクロスカントリーラリー参戦車『トライトン』などを展示し、環境にやさしく安全・安心で快適な三菱車の魅力をいっそう高めて提案します。
 
なお、1月13日(金)13:00より三菱自動車ブース(西ホールNo.109)において、プレスカンファレンスを行います。

三菱自動車 東京オートサロン2023 スペシャルサイトはこちら
URL:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/autosalon/tas2023/

三菱自動車 東京オートサロン2023 プレスカンファレンスの動画はこちら (1月13日13時公開)
URL:https://www.youtube.com/watch?v=BCreKJRrbTk

新型デリカミニ
新型デリカミニ × Coleman
新型デリカミニ SNOW SURVIVOR
デリカD:5 SNOW SURVIVOR
アウトランダー BLACK Edition Premium
エクリプス クロス BLACK Edition Premium
eKクロス EV Smooth × Tough
ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style II
トライトン ラリーカー “アジアクロスカントリーラリー参戦車(レプリカ)”

1.出品車概要
(1) 新型デリカミニ[参考出品]
本年5月に発売を予定している新型『デリカミニ』は、デリカらしい力強いデザインと大径タイヤによるSUVらしいスタイリングに、アウトドアから日常使いまで便利で快適な広々とした室内空間、毎日の運転をサポートする走行性能と安全装備を特長とし、お客様の行動範囲を拡げ、家族や仲間と楽しく過ごす時間やレジャーシーンを提供する、軽スーパーハイトワゴンです。新開発したアッシュグリーンメタリックをボディカラーとし、SUVらしいアクティブなイメージを高めるサイドアンダーデカールや、オールウェザーマット、9型ナビゲーションなどの、新型『デリカミニ』に設定予定の純正用品を装着しています。
 
(2)新型デリカミニ × Coleman(デリカミニ ミーツ コールマン)[参考出品]
新型『デリカミニ』とアウトドアブランドとして広く親しまれている「Coleman」は、アウトドアを「家族」や「仲間」と共に楽しむことで、ワクワクする時間や新しい挑戦をする気持ちを後押ししたいという同じ想いのもとタイアップをし、「デリカミニ×Coleman」として、さまざまなコラボレーションを実施するなど、気軽にアウトドアを楽しむライフスタイルを提案していきます。
本車両はその第一弾として、コラボレーションしたカスタムカーです。最新の「Coleman」製品とベストマッチするグレーとベージュを掛け合わせた「グレージュ」をボディカラーとし、ボディサイドにはランタンロゴマークをあしらった特徴的な外観としました。またグロスブラックを基調としたダイナミックシールドやテールゲートガーニッシュ、前後のホワイトレターロゴやマッドフラップなど、アウトドアシーンに映える純正用品も装着。内装にはベッドキットを採用して車中泊を可能とし、サイドストレージパネルなどにより収納性を高めています。
 
(3)新型デリカミニ SNOW SURVIVOR(スノーサバイバー)[参考出品]、
デリカD:5 SNOW SURVIVOR(スノーサバイバー)
新型『デリカミニ』及び『デリカD:5』の「SNOW SURVIVOR」は、雪道を力強く駆け抜ける『デリカ』のイメージを、共通の世界観でコーディネートしたカスタムカーです。雪山を思わせるホワイトのボディカラーに、等高線をモチーフにしたグラフィックとスノーカモフラージュを施し、フロントガードバーやルーフキャリア、リヤラダー、オールテレーンタイヤを装着、さらにリフトアップすることで、力強い『デリカ』らしさをよりいっそう演出しました。内装ではベッドキットやサイドストレージパネルなどを採用し、キャンプや車中泊での使い勝手を高めています。
 
(4)アウトランダー BLACK Edition Premium、
エクリプス クロス BLACK Edition Premium
PHEVシリーズの『アウトランダー』及び『エクリプス クロス』の「BLACK Edition Premium」は内外装にブラックのアクセントを配した特別仕様車「BLACK Edition」をベースとし、いっそう上質かつ精悍なカスタムカーとしています。『アウトランダー』はボディカラーをチタニウムグレーメタリック(ボディ)とブラックマイカ(ルーフ)の2トーンカラーとし、ボディ同色のフロント及びリヤのコーナーガーニッシュ、サイドアンダーガーニッシュとブラックのテールゲートスポイラーやプロテクションガーニッシュなどを装着。『エクリプス クロス』は、ボディカラーをチタニウムグレーメタリックとし、ブラックのフロント及びリヤのアンダーガーニッシュ、テールゲートスポイラーなどを装着し、精悍さとともにプレミアム感を高めました。また両車ともに、ベースキャリアやルーフバスケットを装着し、アウトドアレジャーでの使い勝手も高めています。
 
(5)eKクロス EV Smooth × Tough(スムーズ バイ タフ)
『eKクロス EV Smooth × Tough』は、2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーをはじめとするカーオブザイヤー3冠を受賞した『eKクロス EV』をベースとし、EVの滑らかで力強い走りをそのままに、SUVテイストをより一層高め行動範囲を広げてくれるカスタムカーです。ボディカラーは上質なマットグレーメタリック(ボディ)とブラックマイカ(ルーフ)の2トーンカラーとし、フロントグリルガードやオールテレーンタイヤを装着、さらにリフトアップすることでオフローダースタイルとしています。また、ルーフラックやリヤラダーなどを装着し、アウトドアレジャーでの使い勝手を高めています。
 
(6)ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style II(ビーレジャー スタイル ツー)
『ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style II』は、EVならではの給電機能を活用し、平日は移動式オフィスとして、休日は渓流釣りなどのアウトドアレジャーや自然の中でeスポーツなどをシームレスに楽しむことのできるカスタムカーです。アウトドアシーンに溶け込むアイボリー(ボディ)とモスグリーン(ルーフ)の2トーンカラーとし、ボディサイドには、EVを象徴する電源プラグなどのデカールをあしらいました。
キックスケーターや渓流釣りセットを装備することで、アウトドアスタイルを演出するとともに、室内はリヤスペースをフルフラットとして居住性を高め、リモートワークに必要なデスクや座椅子、車中泊に必要なベッドキットを装備することで、プライベートな空間を演出します。さらに、駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を使用し、リヤゲートに取り付けたプロジェクターでの eスポーツ体験や、リモートワーク用パソコンの充電などを可能とするなど、新しい生活様式にあった快適性と利便性を兼ね備えたアクティブなビジネス&レジャースタイルを提案します。 
 
(7)トライトン ラリーカー “アジアクロスカントリーラリー参戦車(レプリカ)”
『トライトン ラリーカー』は、2022年11月にタイ~カンボジアで開催されたアジアクロスカントリーラリー(以下AXCR)に参戦して総合優勝を果たしたT1仕様(改造クロスカントリー車両)のレプリカです。ボンネット、前後ドア、内装部品などを軽量化するとともに、ロールケージやアンダーガードを装着するなどボディの要所を補強。専用のサスペンションを装着して優れたハンドリング性能を実現するとともに、前後LSDの採用や大径オフロードタイヤ&軽量アルミホイールの装着も相まって、悪路走破性を大幅に向上させています。搭載する2.4Lディーゼルターボエンジンは、フリクションロスの低減と軽量化を中心としたチューニングにより、ラリーで使用頻度の高い中速域での応答性を向上させています。なお、AXCRのステージには川を渡る場面もあるため、各部のシーリングの強化やシュノーケル(吸気ダクト)の装着など、水回りの対策も行っています。

リリース提供元:三菱自動車工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次