MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

9位でフィニッシュ! TOYOTA GAZOO Racingがラリー・カムイに初参戦

愛車投稿募集中

トヨタ自動車株式会社は、2024年7月5日(金)〜7日(日)にかけて、北海道虻田郡ニセコ町を拠点に2024年シーズンの全日本ラリー選手権(JRC)第6戦「2024 ARKラリー・カムイ」が開催され、TOYOTA GAZOO Racing(TGR-WRJ)の眞貝知志/安藤裕一組(GR YARIS GR4 RALLY DAT)が9位で完走を果たしたと発表した。

ラリー初日は、雨の影響もあり路面に深い轍が刻まれ、難しいコントロールが要求されるなか、大きなミスやトラブルもなく、8番手で走り切った両選手。最終日も雨が降ったり止んだりという安定しない天候のもと、他のクラスも含めリタイアする選手が続出するなか、グラベルにおける様々なデータを持ち帰ることを優先した眞貝選手はリスクを避けたペースで走行し、前日からひとつ順位を落としながらも、すべてのSSを走り切り9位で完走を果たした。

目次

GR-DAT車両で初参戦のラリー・カムイ 難コンディションを9位でフィニッシュ

7月5日(金)〜7日(日)にかけて、北海道虻田郡ニセコ町を拠点に2024年シーズンの全日本ラリー選手権(JRC)第6戦「2024 ARKラリー・カムイ」が開催され、TOYOTA GAZOO Racing(TGR-WRJ)の眞貝知志/安藤裕一組(GR YARIS GR4 RALLY DAT)が9位で完走を果たしました。

滑りやすく、場所によっては轍ができやすい路面を果敢に攻める眞貝選手/安藤選手

「人材育成」と「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の実践を目的に、全日本ラリー選手権に参戦するTGR。2024年シーズンは、2023年の知見をフィードバックし、進化を果たしたGR YARIS GR4 RALLY DATで、トップカテゴリーのJN-1クラスにエントリーしています。

開幕以来、5戦連続でターマック(舗装路)を舞台とするラリーが開催されてきた全日本ラリー選手権。第6戦のカムイは、今シーズン初のグラベル(未舗装)ラリーとなります。ニセコ町周辺のスペシャルステージ(SS・タイムアタック区間であり、タイムが計測されるコース)は、路面コンディションが比較的安定していますが、区間によっては路面が柔らかく、2回目の走行では深い轍が刻まれる場合もあります。

昨年のラリー北海道以来となるグラベルラリー参戦に向けて、チームは入念なテストを実施。グラベル用車両には昨年の経験だけでなく、シーズン前半のターマックラリーで得た知見もフィードバックされています。昨年の大会では、JN-2クラスに「GR YARIS GR4 Rally MT」で出走しており2位表彰台を獲得していますが、GR YARIS GR4 RALLY DATがカムイのSSを走行するのは今回が初となります。

ラリー初日、朝から小雨が降るなか、久しぶりのグラベル走行となった眞貝選手は、慎重なペースで走行を続けます。午後に入ると、雨の影響もあり路面に深い轍が刻まれ、難しいコントロールが要求されるなか、大きなミスやトラブルもなく、8番手で走り切りました。最終日も雨が降ったり止んだりという安定しない天候のもと、路面は滑りやすく気の抜けないコンディションに。他のクラスも含めリタイアする選手が続出するなか、グラベルにおける様々なデータを持ち帰ることを優先した眞貝選手はリスクを避けたペースで走行。前日からひとつ順位を落としながらも、すべてのSSを走り切り9位で完走を果たしました。

■眞貝知志(ドライバー)
濡れたグラベル路面という難しい状況でしたが、まずはクルマを無傷でフィニッシュまで持ち帰ることができました。GR-DATは、路面が安定しない状況下でもステアリング、アクセル、ブレーキングに集中でき、かつクルマが適切なギヤを選んでくれる点が大きなメリットです。その一方、0.1秒を争う状況においては、特にブレーキング時の挙動や制御に改善の余地を感じてもいます。今回、完走できたことで、長所や課題などのデータを持ち帰ることができました。チームの皆さんと今後の改善につなげていきたいです。

■川端千加良(眞貝号エンジニア)
レクサス性能開発部で、パワートレイン系の制御、主にGR-DATの開発の担当をしています。今回はGR-DATを中心としたパワートレインの制御全体のデータ解析を行いました。雨も降り、路面コンディションが悪いなか、眞貝選手には丁寧に車両を走らせていただき、大変貴重なデータを得ることができました。事前テストよりも高い車速域を使う状況が多いこともあり、事前テストでは出てこなかった課題も色々と見つかりました。今大会で得られたデータを、次のラリー北海道にしっかりと活かしていきたいと思います。

■丸田智(チーフメカニック)
グラベルラリーはシリーズの全8戦中2戦のみと、走行機会が多くありません。今回は難しい路面でしたが、眞貝選手にもしっかり走り切っていただき、特にいいデータが取れたと思います。チームとしては、グラベルの経験のないメンバーを連れてきたので、実際の作業にあたって戸惑う点も多かったと思います。それでも大きなトラブルなく落ち着いて作業できたことは、今後に向けてひとつの土台ができたと考えています。次のラリー北海道も同じメンバーで挑むので、今回の経験をもとに、冷静に対処できるはずです。

■久米田英一(眞貝号メカニックリーダー)
今大会はリーダーとして臨む初のグラベルラリーでした。泥で整備の目が届きにくい部分もありましたが、こうした状態での練習はなかなかできないので、実戦のなかでいかに普段の作業に近づけられるかをテーマに取り組みました。今回得たものを、来られていないメンバーにもしっかり伝え、次戦の準備に活かしたいと思っています。また、今大会は他の部署から参加する実習生が1名加わりました。ラリーの現場で学んだものを、たくさん職場に持ち帰ってもらいたいです。

曇天のもとサービスパークからスタートする眞貝選手/安藤選手のGR YARIS GR4 RALLY DAT
雨のグラベルラリーでは車両に大量の土が付着するためより効率の良い作業が求められる

全日本ラリー選手権第6戦 2024 ARKラリー・カムイ

JN-1クラス最終結果

1 新井大輝/松尾俊亮(シュコダ・ファビアR5)1:03:59.5
2 勝田範彦/木村裕介(GR YARIS RALLY2)+1:00.8
3 奴田原文雄/東駿吾(GR YARIS RALLY2)+1:13.6
4 福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)+1:42.4
5 新井敏弘/井上草汰(スバルWRX S4)+1:57.4
6 鎌田卓麻/松本優一(スバルWRX STI)+3:37.6
7 柳澤宏至/竹下紀子(トヨタGRヤリス)+5:56.2
8 今井聡/高橋芙悠(シトロエンC3 R5)+6:31.4
9 眞貝知志/安藤裕一(GR YARIS GR4 RALLY DAT)+6:33.3
10 石黒一暢/穴井謙志郎(トヨタGRヤリス)+8:58.4
11 ヘイキ・コバライネン/北川紗衣(GR YARIS RALLY2)+9:46.5
12 金岡義樹/マクリン大地(シュコダ・ファビアR5)+13:41.6
参戦12台、出走12台、完走12台

TOYOTA GAZOO Racingは、「もっといいクルマづくり」のために「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の一環としてGRヤリスで全日本ラリー選手権に参戦し、将来の車両開発に活かします。

TOYOTA GAZOO Racingの全日本ラリー選手権(JRC)における活動は、パートナー企業の皆さまによって支えられています。

リリース提供元:トヨタ自動車株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次