MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

安心できる穏やかな乗り心地 ホンダから新型「FREED」が発売

本田技研工業株式会社は、新型「FREED(フリード)」を2024年6月28日(金)に発売すると発表した。

3代目となる同モデルは、運転に不慣れな人でも安心して運転できるうえ、同乗する人にも不安を感じさせない穏やかな乗り心地が特徴だ。また、上質で洗練されたシンプルなデザインのFREED AIRと、力強く遊び心に溢れるデザインのFREED CROSSTARの2タイプを設定し、ユーザーの生活スタイルに合わせて選べるのもうれしいポイントである。興味のある方は公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

目次

新型「FREED」を発売

~日々の暮らしに笑顔をもたらすクルマとなることを目指した3代目~

Hondaは、新型「FREED(フリード)」を6月28日(金)に発売します。
3代目となる新型フリードは、グランドコンセプトを「“Smile” Just Right Mover(“スマイル” ジャスト ライト ムーバー)」とし、人びとの暮らしだけではなく、使う人の気持ちにも寄り添い、日々の暮らしに笑顔をもたらすクルマとなることを目指して開発されました。

新型フリード製品サイト:https://www.honda.co.jp/FREED/

FREED e:HEV AIR EX
FREED e:HEV CROSSTAR

販売計画台数(月間)
6,500台

新型フリードの主な特長

パッケージング

  • 先代モデルでも好評の、フリードならではの取り回しのしやすいボディーサイズを維持するため、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイ―ブイ)」搭載による全長の拡大を45mm※1に留めました。また、1列目のシート形状を工夫し、ウォークスルーや2列目シートへのアクセス性を向上するなど、さらに使い勝手を高めています。
  • インホイールメーターの採用などにより、水平基調でノイズレスなダッシュボードを実現し、すっきりとした前方視界を提供します。またベルトラインを水平基調とするとともに、前方から側面を連続性のある視界とし、さらに3列目席は、リアクォーターウインドウを四角基調に変更し先代モデルよりも窓の面積を拡大するなど、全席で明るく開放感を感じることのできる空間を目指しました。
  • フロントピラーの付け根をタイヤの真上に配置することで、タイヤの位置がイメージしやすく、車幅がつかみやすいデザインとしました。またフロントピラーの一本化やドアミラーの位置の変更により、ななめ前方の視界をより向上させ歩行者を認識しやすくするなど、運転時におけるさらなる安心感を提供することを目指しました。
  • 3列目シート※2は、座り心地の良さはそのままに、シート構造部の軽量化と薄型化を実現。また、シート跳ね上げ時の固定位置を低く、ほぼ垂直とすることで、荷室への張り出し量を最小限とし、畳んだ際のシート間の距離を現行より約160㎜拡大しました。荷室の使いやすさと自由度がより向上しています。

※1 3列シートの場合
※2 タイプ別設定

デザイン
お客様の生活スタイルに合わせてお選びいただけるよう、上質で洗練されたシンプルなデザインのFREED AIR(フリード エアー)、力強く遊び心に溢れるデザインのFREED CROSSTAR(フリード クロスター)の2タイプを設定し、それぞれの個性をより際立たせました。

  • エクステリアは、クルマ全体をシンプルな造形かつ上質なデザインとするとともに、信頼感とクルマとしての使い勝手の良さを感じさせるスタイリングを目指しました。フロントは、ヘッドライトやフロントグリルのシャープな造形により、凛とした表情を創出し、親しみやすさと所有する誇りを表現しました。サイドは、ヘッドライトからキャラクターライン、リアライセンスガーニッシュまで、繋がりのある水平基調のラインで構成するとともに、高度なプレス技術によるシャープなキャラクターラインの造形を用いることで、シンプルでありながらクオリティーの高さを感じさせるデザインとしました。またリアは、安定感がありスタンスの良い台形のフォルムや、先代モデルより低い位置に縦基調に配置したリアコンビネーションランプなどにより、走りの良さや広い室内空間を外観からイメージできるデザインを目指しました。
    フリードクロスターは、フリードエアーで作り上げた信頼感のあるデザインをベースに、クロスター専用のブラックのフロントバンパーやホイールアーチプロテクター、サイドシルガーニッシュ、また、高輝度シルバーの専用フロントグリル、リアロアガーニッシュ、ルーフレールなど、さまざまな専用装備を採用することで、フリードのもつ個性を生かしながらもアクティブな活動を後押しする力強さを表現しています。
  • インテリアは、視覚的ノイズの少ないシンプルな構成とし、ストレスなく操作ができ、使う人がゆったりとした気持ちになれる空間を目指しました。7インチTFT液晶メーターは、速度や現在時刻など、必要最小限の情報に絞り込んだシンプルな表示とし、見やすさとわかりやすさを追求しました。またセンターパネルは、運転に関する操作スイッチと空調などのスイッチを左右でゾーニングして配置することで、運転時も直感的にスイッチ類を操作できるようにしました。

ダイナミクス
運転に不慣れな人でも安心して運転できることや、同乗する人に不安を感じさせない穏やかな乗り心地の実現など、乗員全員のこころに余裕をもたらすようなダイナミクス性能を目指しました。ボディー剛性バランスを適正化し、ドライバーの意思に忠実に応える、素直で安心感の高いハンドリング性能を追求。また、サスペンションのフリクションを低減し、荒れた路面の走行や段差を乗り越す際の振動を抑制することでさらに快適な乗り心地を実現しました。

パワートレーン
ハイブリッドモデルには、Honda独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」※3をフリードとして初搭載。1.5L DOHC i-VTECエンジンを搭載したガソリンモデルもラインアップしています。

  • e:HEVモデルのエンジンは、先代ハイブリッドモデルに対して燃焼を高速化し、フリクションを低減することで最大熱効率を40%以上に引き上げ、走りと燃費をより高い次元で両立させました。また、モーターならではの低速域からの力強い走りを提供しつつ、乗る人全員が安心できる穏やかでスムーズな走りを実現しました。
  • ガソリンモデルでは、静粛性に優れたポート噴射エンジンを採用。CVTは、フリクションの低減により伝達効率を向上させるとともに、ローレシオ設定により多人数乗車時にもスムーズな加速を提供します。
  • Honda独自の「リアルタイムAWD」を、ハイブリッド・ガソリン両モデルに設定。雪上走行や悪天候時においても安定したドライビングを提供することを目指しました。特にe:HEVとの組み合わせにおいては、モータードライブの特長である大トルクを、素早く最適に駆動配分することで、さまざまな路面環境でより安定感のある走りを提供します。

e:HEV(イーエイチイーブイ)は、電動化コア技術である高効率・低燃費な2モーターハイブリッドシステムのグローバル統一呼称。“e:”には「electric(電気)をenergy(原動力)にして、みんなの笑顔と元気を力強くenergize(活気づける)していく」という意味が込められています

安心・安全領域
先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※4を全タイプに標準装備。フロントワイドビューカメラと前後8つのソナーセンサーを用いたシステムを採用し、さらなる安心・安全を追求しました。

<Honda SENSING搭載機能一覧>

1) 衝突軽減ブレーキ<CMBS>
2) 誤発進抑制機能※5
3) 後方誤発進抑制機能※5
4) 近距離衝突軽減ブレーキ※5
5) 急アクセル抑制機能※6
6) 歩行者事故低減ステアリング
7) 路外逸脱抑制機能
8) 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
9) 車線維持支援システム<LKAS>
10) 先行車発進お知らせ機能
11) 標識認識機能
12) オートハイビーム
13) アダプティブドライビングビーム※7
14) トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支機能)
15) ブラインドスポットインフォメーション※2
16) パーキングセンサーシステム
17) 後退出庫サポート※7

※4 Honda SENSINGは、ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします
詳細はホームページをご参照ください https://www.honda.co.jp/hondasensing/
※5 「誤発進抑制機能」、「後方誤発進抑制機能」、「近距離衝突軽減ブレーキ」を組み合わせて「踏み間違い衝突軽減システム」と呼びます
※6 工場出荷時は機能オフの設定です。オンにするには別途販売会社の専用機器によるセッティング作業が必要です。別途セットアップ費用(ディーラーオプション)が必要となります。
※7 タイプ別メーカーオプション

全国メーカー希望小売価格

ボディーカラー

FREED CROSSTAR スロープ/
FREED CROSSTARリフトアップシート(助手席)

フリード クロスターをベースに、スロープ車とリフトアップシート車を設定しました。

FREED CROSSTAR スロープ
FREED CROSSTARリフトアップシート(助手席)
  • スロープ車は、電動ウインチ(速度調整機能・進路補正付)とスーパーフレックススロープを設定。普段のお買い物やレジャーシーンでご使用いただけるとともに、介護用途における利便性を追求することで、生活スタイルの変化に適した多様な使い方により、幅広い層のお客様にご使用いただけるクルマを目指しました。また、リアヒーターダクト(車いす乗車スペース用)に加え、リアクーラーをFREEDとして初めて備えることで、2列目や車いす乗車スペースにおいても快適な車内環境を提供します。さらに、今回の新型フリードから型式指定自動車としてラインアップすることで、持ち込み登録の手間が省け、納車までの時間が短縮されました。
  • リフトアップシート車は、助手席のシートの回転から昇降まで、すべて電動で操作を行うことで、車いすや杖を利用する方にとってストレスの少ないクルマの乗り降りを実現します。また、シートの背もたれの角度やシートポジションの電動調整を採用し、シート調整のしやすさを追求。さらに、車いすの方もシートに乗り移ることで、長距離でも快適な移動の実現を目指しました。

全国メーカー希望小売価格

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次