MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

ホンダが佐藤琢磨の「エグゼクティブ・アドバイザー」就任を発表

本田技研工業株式会社は、株式会社ホンダ・レーシングが、これまで世界最高峰レースFIAフォーミュラ・ワン世界選手権への参戦や、インディアナポリス500マイルレースの2度の制覇など、世界トップカテゴリーで活躍してきた佐藤琢磨氏とアドバイザリー契約を締結し、HondaとHRCの四輪レース活動全般における助言・サポートを行う「エグゼクティブ・アドバイザー」に就任したと発表した。

佐藤琢磨氏はホンダ・レーシング・スクール・鈴鹿のプリンシパル(校長)としてHondaのドライバー育成に尽力していたが、それに加え、今後はエグゼクティブ・アドバイザーとして、国内外のドライバー育成戦略やプログラムの策定、レースの参戦計画や運営体制などにも助言とサポートを行っていく予定だ。

目次

佐藤琢磨氏のHRC「エグゼクティブ・アドバイザー」就任について

株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、これまで世界最高峰レースFIA※1フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)への参戦や、インディアナポリス500マイルレース(以下、インディ500)の2度の制覇など、世界トップカテゴリーで活躍してきた佐藤琢磨氏とアドバイザリー契約を締結し、HondaとHRCの四輪レース活動全般における助言・サポートを行う「エグゼクティブ・アドバイザー」に就任いただきます。

佐藤琢磨氏は、1997年にHondaのドライバー育成プログラムである鈴鹿レーシングスクール(現ホンダ・レーシング・スクール・鈴鹿※2、以下、HRS)を卒業した後、2001年に英国F3選手権チャンピオンに輝くなどの活躍を見せ、2002年からF1に参戦。2004年のアメリカGPでは3位表彰台を獲得しました。
その後、2010年よりアメリカのインディカー・シリーズに参戦し、F1モナコGP、ル・マン24時間レースと並ぶ「世界3大レース」のひとつとして知られるインディ500において、日本人では唯一となる2度の優勝を達成しました。
2024年シーズンも、5月26日(日)に開催されるインディ500に、Rahal Letterman Lanigan Racing(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)より参戦し、3度目のインディ500制覇を目指します。

Hondaはこれまで、佐藤琢磨氏に、HRSのプリンシパル(校長)としてHondaのドライバー育成に尽力いただいています。それに加え、今後はエグゼクティブ・アドバイザーとして、国内外のドライバー育成戦略やプログラムの策定、レースの参戦計画や運営体制などに助言とサポートを行っていただきます。
また、HRCブランドの商品展開の際には、佐藤琢磨氏のトップレーシングドライバーとしての経験と知見を投入し、さらなるHRCブランドイメージの向上を目指します。

  • ※1Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称
  • ※2ホンダモビリティランド株式会社が運営するレーシングドライバー・ライダー育成スクール

佐藤琢磨氏のコメント
「長年にわたって私の『夢の実現』を支え、二人三脚で歩んできたHondaとの絆の象徴ともいえる『HRCエグゼクティブ・アドバイザー』への就任を心より誇りに思います。私が培ってきた技術と経験を後進に伝えていくことに加えて、自分も”No Attack, No Chance”の気持ちを忘れることなく、チャレンジャーとしてHonda/HRCとともに新たな挑戦を続け、さらなるHondaモータースポーツの発展に貢献できるよう努めてまいります」

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 渡辺康治のコメント
「レーシングドライバーとして進化を続け栄冠に輝いてきた佐藤琢磨氏を我々HRCのエグゼクティブ・アドバイザーに迎え入れることを大変うれしく思います。佐藤琢磨氏には、これまでもHRSのプリンシパルとして若手ドライバーの育成に大きく貢献していただいておりました。今後はHRCのエグゼクティブ・アドバイザーとしてさらに活動の幅を広げ、Hondaのモータースポーツ活動を多角的にサポートしていただけることを心強く思います。また、佐藤琢磨氏の魅力は、そのドライビングスキルだけでなく『勝利を目指しチャレンジし続ける強い信念』にあると思います。今年もインディ500に果敢に挑戦する姿を称え、3回目のインディ500勝利という金字塔を打ち立ててくれることを心より願い、ファンの皆様とともに精一杯応援したいと思います」

佐藤琢磨氏の主な経歴

1997年
鈴鹿レーシングスクール フォーミュラ(SRS-F)を卒業

2001年
英国F3選手権チャンピオン
マスターズF3優勝
マカオGP優勝

2002年
ジョーダン・ホンダよりF1デビュー

2003年
B・A・R ホンダに移籍

2004年
F1 第9戦アメリカGPで3位表彰台

2006年
スーパーアグリ・ホンダに移籍

2010年
KVレーシングからインディカー・シリーズに参戦
第94回インディアナポリス500にてインディ500に初挑戦、20位完走

2011年
インディカー・シリーズ第8戦で日本人初のポールポジション獲得

2012年
レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに移籍
第4戦サンパウロで自身初の3位表彰台
第96回インディ500にて終盤まで優勝争いを演じるも、惜しくも最終ラップでスピン

2013年
AJフォイト・レーシングに移籍
第3戦ロングビーチでインディカー・シリーズ日本人初優勝

2017年
アンドレッティ・オートスポーツに移籍
第101回インディ500で日本人初優勝
この勝利により内閣総理大臣顕彰受賞

2018年
レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに移籍

2019年
鈴鹿レーシングスクール(現ホンダ・レーシング・スクール鈴鹿)プリンシパルに就任
第103回インディ500でトップに約0.3秒及ばず、3位

2020年
第104回インディ500予選で日本人過去最高位となる3位
決勝レースで自身2度目となる優勝

2021年
第105回インディ500で連覇を狙うも、14位。

2022年
デイル・コイン・レーシング・ウィズ・リック・ウェア・レーシングから参戦

2023年
チップ・ガナッシ・レーシングからオーバルコースでのレース5戦に参戦、第107回インディ500は7位

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次