MENU
カテゴリー
モトメガネ バイク買取一括査定

公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

「SUPER GT第3戦」 DUNLOPタイヤ装着車両がGT300クラスで今季初優勝を達成

住友ゴム工業 株式会社は、2024年6月1日から2日に鈴鹿サーキットで開催された国内最高峰の自動車レースのひとつ『2024 AUTOBACS SUPER GT』の第3戦で、DUNLOP(ダンロップ)としてサポートするチームがGT300クラスで今季初優勝を達成したと発表した。

同チームは、4年ぶりに『SUPER GT』に復帰したグローバルで活躍中の「D’station Racing」となり、マシンは「Aston Martin Vantage GT3 evo」だ。後続を寄せ付けないペースで序盤からリードを拡大していき、DUNLOPのパフォーマンスを活かしたピット戦略も機能し、2位に40秒近い大差をつけ、ポールトゥウィンを達成した。

目次

『SUPER GT第3戦鈴鹿』でDUNLOPタイヤ装着車両がGT300クラスで今季初優勝

住友ゴム工業(株)は、6月1日から2日に鈴鹿サーキットで開催された国内最高峰の自動車レースのひとつ『2024 AUTOBACS SUPER GT』の第3戦で、DUNLOP(ダンロップ)としてサポートするチームがGT300クラスで今季初優勝を達成しました。

優勝したCharlie Fagg選手(左)、藤井誠暢選手(右)

決勝レースは、雨予報が発表されるなど天気に左右されましたが、終始ドライ路面でのレース展開となりました。予選1位 のポールポジションからスタートしたのは、4年ぶりに『SUPER GT』に復帰したグローバルで活躍中の「D’station Racing」の「Aston Martin Vantage GT3 evo」。後続を寄せ付けないペースで序盤からリードを拡大してきました。DUNLOPのパフォーマンスを活かしたピット戦略も機能し、終始ライバルを圧倒、2位に40秒近い大差をつけ、ポールトゥウィンを達成しました。「D’station Racing」としては、GT300クラスでの初優勝となります。

「D’station Racing」の「Aston Martin Vantage GT3 evo」

今年から『SUPER GT』では、タイヤの使用本数に関するレギュレーションが改正され、タイヤメーカーがクリアしなければならない技術的なハードルが格段に上がりました。DUNLOPでは、今後もブランドのさらなる価値向上を目指し、コンマ1秒を争うモータースポーツにおいてタイヤ開発を強化していきます。

■DUNLOPタイヤ装着車両順位

クラス順位チーム車両ドライバー
GT50013位Modulo Nakajima RacingHonda CIVIC TYPE R-GT伊沢 拓也
大草 りき
GT3001位D’station RacingAston Martin Vantage GT3 evo藤井 誠暢
Charlie Fagg
9位K-tunes RacingLEXUS RC F GT3新田 守男
高木 真一
10位LM corsaTOYOTA GR Supra GT吉本 大樹
河野 駿佑
リタイアR&D SPORTSUBARU BRZ GT300井口 卓人
山内 英輝
リタイアGAINERNISSAN FAIRLADY Z GT300 GT富田 竜一郎
石川 京侍

リリース提供元:住友ゴム工業 株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次