MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

HondaとTOYOTAが異例のタッグ ライバルと挑むカーボンニュートラル【後編】

  • URLをコピーしました!

Hondaの”これから”がわかるメディア「Honda Stories」で、国内最高峰のレースの一つ「SUPER FORMULA」でスタートしたプロジェクト「SUPER FORMULA NEXT50」の対談が公開された。後半となる今回は「レースにカーボンニュートラルは必要か?」をテーマに、持続可能なレースを実現するために必要となるカーボンニュートラル実現に向けた次世代マシン開発について、Honda、TOYOTAそれぞれのドライバーとエンジニア、またファンや運営会社の社長にまでインタビューをおこなっている。

目次

ライバルと挑むカーボンニュートラル ~レースに関わるいろいろな人の声を集めてみた。~

HondaとTOYOTAのメディアコラボが実現! 国内最高峰のレースの一つ「SUPER FORMULA」でスタートしたプロジェクト「SUPER FORMULA NEXT50(ネクスト ゴー。以下、SF NEXT50)」。その取り組みを「HondaStories」と「トヨタイムズ」が同時取材し、別の視点で紹介する。HondaStoriesでは、前編でカーボンニュートラルに向けた取り組みを、後編で関係者インタビューをお届け。トヨタイムズでは豊田章男社長の一言に端を発した改革のスタートと現在地を伝える。

後編となる今回は、持続可能なレースを実現するために必要となるカーボンニュートラル実現に向けた次世代マシン開発について、Honda、TOYOTAそれぞれのドライバーとエンジニア、さらにファンや運営会社の社長まで、いろいろな人の声を集めてみた。レースの中と外から「SF NEXT50」はどう見えているのだろうか?

ケース#01:ドライバー 「次代のイメージリーダーにならなければ」

塚越広大(左):1986年生まれ。2004年に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を主席で卒業。05年のフォーミュラ・ドリームでは全勝優勝でチャンピオンに輝く。マカオGP、ユーロF3など海外での活躍を経て、09年からはSUPER GT、フォーミュラ・ニッポン(現、SUPER FORMULA)に参戦。SF NEXT50では開発ドライバーを務めテストカー「白寅」に乗る。

石浦宏明(右):1981年生まれ。2003年からのフォーミュラトヨタ以降、08年にフォーミュラ・ニッポン(現、SUPER FORMULA)などに参戦。15年、17年にタイトルを獲得し、20年にSUPER FORMULAを引退。SF NEXT50では開発ドライバーを務めテストカー「赤寅」に乗る。

Q.レースの脱炭素化。どう考えている?

塚越選手:レースを含め、長らく続いたクルマ文化が今急激に変化しています。その中で、ドライバーとして脱炭素化に向けて取り組むことは、日ごろお世話になっているクルマ業界への恩返しになる。僕らが率先して動かなければと考えながら、さまざまなテスト走行を行っています。

石浦選手:新しいことへのチャレンジ。誰もしていないことを始めるときの一歩目は本当に難しいですが、うまくいけば大きな流れを作ることができます。こうした動きが世界中に広がれば、将来、一般のモビリティにもつながっていく可能性がある。新しい時代の幕開けに関われることにワクワクしています。

SF NEXT50でHondaが開発するカーボンニュートラルマシンの通称「白寅」でテスト走行に挑む塚越選手

Q.ライバルであるHondaとTOYOTAの共同開発はどんな印象?

塚越選手:そもそもTOYOTAのメンバーと膝を突き合わせて話すことなんてなかったので、ものすごく新鮮。勝負するのは、レースを続けていくための開発を経た後、最後の最後でいいんです。HondaとTOYOTAは、大きなところでモータースポーツの仲間です。

石浦選手:僕はエンジン(内燃機関)と、その音の迫力が子どもの頃から大好き。開発しているカーボンニュートラル燃料などは、僕の大好きなエンジンを残すための一つの選択肢。そのための共同開発なら大歓迎です。

TOTOTAが開発中のカーボンニュートラルマシンの通称「赤寅」に乗る石浦選手

Q.今後、ドライバーとして目指す姿は?

塚越選手:“速さ以外の開発”に携わったのは今回が初めて。レース人生を送っていく中で、自分が役に立てることが増えたし、自分が未来のために役立てることは素直にうれしい。カーボンニュートラルのためにモータースポーツが一役買っていることが広く知れ渡れば、ドライバーもエンジニアも、「これは自分たちが造ったマシンなんだよ」って子どもたちに向けて胸を張って言える。そうなれば、レースは持続可能なものになりますよね。

石浦選手:最近、小学校でカーボンニュートラルをテーマにした授業を行ったんです。想像以上に子どもたちが良い反応をしてくれて、「自分にこんな役目があるんだ」と学ばせてもらいました。少しでも誰かに影響を与えられるのなら、それがいつか世界中に広がるかもしれない。僕が子どもの頃に憧れたレーサーたちのように、自分たちも環境問題に対するイメージリーダーにならなければいけないと思っています。

ケース#02:エンジニア 「いい音が聞けるレースを持続させる」

(左から)HRC(ホンダ・レーシング)の松原弘武さんと佐伯昌浩さん、TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)の佐々木孝博さんと中島竜也さん

Q.ライバルであるHondaとTOYOTA。初めて共同した際の印象は?

佐伯さん:実は、国内最高峰のエンジン開発をスタートさせた2010年ごろからの付き合いで、SUPER FORMULA(以下、スーパーフォーミュラ)の規則作りも長年一緒にやってきています。決してSF NEXT50から始まったわけではなく、これまでの関係性があるからこそ今回もスムーズな共同開発ができています。

佐々木さん:ここまで密な共同開発は初めてですが、長い付き合いがあるからこその今です。性能試験の結果など、普段のレース中には絶対に語れない部分も、ここではオープンに共有し合っています。

燃料だけでなく、新しいカウル(外装)のテストも実施している

Q.HondaとTOYOTAの開発車両の違いは?

佐伯さん:不思議なことに、データを比較すると全く同じで、テストカーを走らせてもほぼ同じタイムが出る。違いといえば、フォーミュラカー独特の音を出すための排気管開発。我々はやらないと決めていたのだけど、実はTOYOTAさんがやっていて(笑)。だから今回、Hondaでも開発して、7月のテストで走らせたクルマに搭載しました。今後、2つの車両の音の違いにも注目してほしいですね。

佐々木さん:音を作ってみようと、技術的なチャレンジをしました。そうしたら佐伯さんから「排気管を見せて」と申し入れがあり、我々はピットに招きました。普段のレースなら、ライバルをピットに入れるなんてあり得ない状況なんです。カーボンニュートラルに向けたマシン造りは共同作業ですが、音作りだけはライバル意識を持って取り組んでいこうと思っています。

Hondaの開発車に搭載された排気管
テスト走行を終え、佐々木さんが新たな排気管の見学でHondaのピットに

Q.フォーミュラカーのカーボンニュートラル化。実現に向けてのこれからは?

佐伯さん:使用するカーボンニュートラル燃料が決まったら、今のエンジンでいいのか、必要なら新たな開発もする、といった具合に進めていく予定です。燃料やタイヤなどの改善で、「コース上はカーボンニュートラルです」と言い切れるなら、エンジンは今のままで使うことはできるはず。そうすれば、スーパーフォーミュラはいい音が聞けるレースだよって言えるようになります。

佐々木さん:目的は、カーボンニュートラル燃料を使ってレースをすることではなく、エンジンを持続的に使えるマシンを造ること。だから、今は細かい議論をせず、将来に向けて次のステップは何か、というふうに進めています。クラシックカーやスポーツカーに乗れなくなる可能性が出てきている今、ガソリンを代替できるカーボンニュートラル燃料を生み出すことが大事。今この場でやっていることは、その入口です。

開発中のカーボンニュートラル燃料

ケース#03:レースファン 「レースが長く続くよう応援したい」

Q.SF NEXT50、知っていますか?

30代男性:初めて知りました。私は材料メーカーに勤めていて、うちの会社も新素材に合わせて材料の研究開発をしています。大手2社が標準化を目指してくれるのなら、海外にも影響していくだろうし、今後のクルマが大きく変わるかもしれませんね。

20代女性:公式サイトを見て知っていました。環境のことに加えて、サーキットが女の子にも、もう少し優しくなってもらえたらうれしいです。

Q.レースのカーボンニュートラル、脱炭素化、どう思いますか?

20代女性:これまでレースを観ていても、環境のことを意識することはほとんどなかったかも。でも、観られなくなるのなら、きちんとやっていった方がいいって思いました。

20代女性:好きなアーティストが環境を意識したライブをやっているんです。レースも同じエンターテインメント。長く残していくためには大賛成!

Q.HondaとTOYOTAの共同開発はどう思いますか?

20代女性:ライバル社が手を組むなんて驚きました。けれど、環境負荷の少ないレースをつくっていくのは、それくらいやらないと難しいことなのかもしれませんね。

20代男性:個人的には、競争して高め合ってほしい。でも、日本の中で2社が協力して初めての取り組みを進めているのなら、技術力を高めて、海外に打って出てもらいたい。

Q.もし次世代フォーミュラカーの技術が将来、市販車に応用されたら?

60代男性:それをきっかけに、クルマを運転することは楽しいって、もっと若い世代にも伝わるといいですね。

30代男性:とても良い循環だと思う。自分の子どもが大きくなった頃、今よりもさらに環境性能の高いクルマが走っている未来になってくれたらうれしいです。

ケース#04:日本レースプロモーション(JRP)代表 「カーボンニュートラルとエンターテインメント」

上野禎久:1988年に鈴鹿サーキットランド(現、ホンダモビリティランド)に新卒入社し、キャリアをスタート。レース運営、企画、広報などに従事。17年11月にJRPへ出向。SF NEXT50プロジェクトリーダーを経て、21年12月社長に就任。

Q.レースにおけるカーボンニュートラル。どう捉えていますか?

上野社長 モータースポーツは数多あるプロスポーツの中で、カーボンニュートラルという社会課題に真っ向から挑まなければならないスポーツ。だからこそ挑戦する価値があるし、目標に向かって業界が一つになれると考えています。

Q.スーパーフォーミュラで実施する理由は?

上野社長 スーパーフォーミュラは国内最速のカテゴリー。したがって持続可能な素材やカーボンニュートラル燃料の開発、エンターテインメントや通信技術なども、この場でテストし、実現できたことは他のレースカテゴリにも活用できます。だからこそここでやる意義があると考えています。業界全体で社会課題に取り組むことで、レースの現場が「走る実験室」として新たな存在価値を得られるとしたら、サーキット出身者としてはとてもうれしいことですね。

次世代フォーミュラカーがレースに登場する日が待ち遠しい

Q.カーボンニュートラル実現に向けて感じていることは?

上野社長:モータースポーツは五感を刺激するスポーツです。スポーツエンターテインメントと捉えたとき、エンジン音というのはとても重要なコンテンツ。エンジンサウンドとファンの歓声がシンクロするあの瞬間は、他のスポーツでは絶対に味わえない魅力ですから、サーキットはずっとエンジン音が鳴り響く場所であってほしいですね。開発に携わってくれている人たちも皆そう思っているはずです。そういった意味ではカーボンニュートラル燃料の開発テストなどは、社会課題の解決に取り組むとともに、エンターテインメントとしての価値を維持向上させる意味でとても重要だと感じています。

Q.レースファンに向けて今伝えたいことは?

上野社長:カーボンニュートラルってファンの皆さんには楽しいものには映りませんよね。でもスーパーフォーミュラではエンターテインメントとの両輪でこの取り組みを続けることで、ドライバーたちがアスリートとして社会からリスペクトされる環境を作れると考えています。ファンの皆さんはぜひサーキットに足を運んで、ドライバーたちへ声援を送ってください。

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次