MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ホンダの燃料電池システムを搭載した商用トラック 東風汽車集団と共同で走行実証実験を開始

  • URLをコピーしました!

本田技研工業株式会社は、中国現地法人である本田技研工業投資有限公司と東風汽車集団股份有限公司が、2050年のカーボンニュートラル実現に向け、自社の燃料電池システムを搭載した商用トラックの走行実証実験を開始したと発表した。同実験は、東風汽車集団が培ってきた商用車開発のノウハウと、同社の燃料電池技術を掛け合わせ、中国でのカーボンニュートラル実現に向けた新たな取り組みとなっている。実走行を含むさまざまな条件下での環境適合性、燃費性能、耐久性などを確認し、商用車ユースにおける自社の燃料電池システムの有用性を検証していくとしている。

目次

東風汽車集団と共同で、Hondaの燃料電池システムを搭載した商用トラックの走行実証実験を開始

<ご参考>

Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京 総経理 井上勝史)は、2023年1月11日 現地時間16時(日本時間:17時)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします

Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(以下、Honda)は、2050年のカーボンニュートラル実現に向け、東風汽車集団股份有限公司(以下、東風汽車集団)と共同で、Hondaの燃料電池(FC)システムを搭載した商用トラックの走行実証実験を湖北省で2023年1月に開始しました。

Hondaは、2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目指しており、その実現に向けた技術の一つであるFCシステムの応用や展開に取り組んでいます。
東風汽車集団とHondaは、20年以上にわたるパートナーシップのもと、中国における乗用車事業を行っています。今回の実証実験は、東風汽車集団が長年培ってきた商用車開発のノウハウと、Hondaが長年開発に取り組んでいるFC技術を掛け合わせた、中国でのカーボンニュートラル実現に向けた新たな取り組みとなります。

実証実験の開始に向け、これまで両社は東風汽車集団の商用トラックに対するHondaのFCシステムの適合性について検証を行ってきました。今後は、実走行を含むさまざまな条件下での環境適合性、燃費性能、耐久性などを確認し、商用車ユースにおけるHondaのFCシステムの有用性を検証していきます。

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

冊子版モトメガネが手に入る!

Amazonのパークアップストアでのお買い物はこちらから

※ご購入の際は販売元がパークアップになっていることをご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次