MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

トヨタ「新型 クラウン」がハイレゾ対応新世代サウンドシステムを採用

  • URLをコピーしました!

株式会社デンソーテンは、自社が開発するサウンドシステムが、トヨタ自動車株式会社の新型「クラウン(クロスオーバー)」に装着される「トヨタプレミアムサウンドシステム」として採用されたと発表した。

目次

デンソーテンの新世代サウンドシステムがトヨタ新型「クラウン」に採用

~車両ボディ・内装形状の最適化による不要振動の低減で、革新的な音響空間を実現~

株式会社デンソーテン(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:加藤 之啓)は、当社の新世代サウンドシステムが、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)の新型「クラウン(クロスオーバー)」(2022年7月15日発表)に装着される「トヨタプレミアムサウンドシステム」として採用されましたのでお知らせします。
トヨタ自動車と共同でスピーカー周辺のボディ形状などを最適化し、スピーカー駆動時の不要振動を低減することで、雑味の無いクリアな音を追求しています。10個のスピーカーと、当社独自のデジタル信号処理技術を搭載した8chフルデジタルClass-Dアンプから成るハイレゾ対応※1のサウンドシステムで、従来のコンセプト「原音に対して正確な音の再生+立体空間再生」を更に進化させ、「雑味の無い上質さ+車室外まで広がるようなゆとりの音空間」を目指し開発しました。

新世代サウンドシステム

【車両ボディ・内装構造の最適化による、不要振動の低減】
スピーカー駆動によって発生する周辺部品の不要振動を見える化するために、振動シミュレーション技術を開発しました。車両の3Dモデルで不要振動を解析した結果をもとに、トヨタ自動車と共同で、サウンドシステムの性能を最大限に引き出せるように車両ボディ/内装形状を最適化しています。(図1)

<図1: 3Dモデルによる、スピーカー周辺の振動シミュレーション>

【車室内特有の音の乱れを補正し、心地よい響きを付与することで、リスニングルームのような音空間を再現】
高性能DSPにより、①車室内で発生する不要なガラス反射やドア振動などによる音の乱れを信号処理で制御・補正し、元の音源をより正確に再現します。加えて、②リスニングルームで音楽を聴いた時の反射音を到来方向まで忠実に車室内で再現することで、車室外まで広がるような心地よい音空間を実現します。(図2)

<図2: 理想の音空間を目指した、補正イメージ>

【その他の技術】
■独自形状の振動板・エッジ設計でスピーカーの剛性や振幅対称性を向上し、原音に対して正確な音を再生
■ハイレゾの良さを活かす高性能マスタークロック搭載※2
■アンプ筐体の刷新による対ノイズ性能向上・高剛性化で、音質を大幅に改善

当社は1955年にトヨタ自動車工業(現在のトヨタ自動車)の初代「クラウン」用オートラジオの納入で自動車産業に参入して以来、長年培ってきた車載音響技術で、快適な車室空間づくりに取り組み続けてきました。自動車の静粛性が高まることで、ますます車室内は音楽を楽しむのに適した環境になっていくと予想されます。また、今後の自動運転時代を見据えると、エンターテインメントとしての音(音楽)だけでなく、乗員に様々な情報を伝えるHMIとしての音の役割も高まっていくと考えます。当社は、双方の領域において、今後もさらなる技術開発に取り組んでいきます。

デンソーテングループは、企業ビジョン「VISION2030」の実現に向けて、人と地球に優しい製品でクルマの魅力を高める「クルマの価値向上」や、移動の課題を解決し人々の生活を豊かにすることに貢献する「生活の価値向上」への取り組みを具体化していきます。人・モノ・モビリティなど、“移動”の困りごとを解決する『モビリティソリューションパートナー』を目指し、「環境にやさしいモビリティ社会」「安心・安全なモビリティ社会」の実現に貢献していきます。

※1 クラウン(クロスオーバー)向けの当社新世代サウンドシステムは、日本オーディオ協会の“Hi-Res Audio”に認定された製品です。
※2 マスタークロック:デジタル信号処理の心臓部。デジタル機器はクロックを基準にして一定の周期を持って回路が動作します。

リリース提供元:株式会社デンソーテン

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次