MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

国産車初!ホンダ「CIVIC e:HEV/TYPE R」パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー受賞

  • URLをコピーしました!

本田技研工業株式会社は、CIVIC e:HEV(シビック イーエイチイーブイ)CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)が、2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて国産車初となる「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを発表した。ハイブリッドカーであるe:HEVは、爽快な走りと環境性能の両立を実現した、新開発となる2.0L直噴エンジンとハイブリッドユニットを組み合わせたパワートレーンが評価された。 TYPE Rは、ドライバーを夢中にさせる優れたシャシー性能と空力ボディ、滑らかな回転フィールのVTECターボエンジンにより、街乗りからサーキット走行まで幅広くカバーするパフォーマンスに多くの評価が集まり、受賞へと繋がった。

目次

2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて「CIVIC e:HEV/ CIVIC TYPE R」が「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

~国産車として初の受賞~

Hondaの「CIVIC e:HEV(シビック イーエイチイーブイ)/CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」が、2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)で「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーの受賞は国産車として初となります。

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー受賞理由

ハイブリッドカーであるe:HEVは、洗練されたパワートレーンにより、現代的でスマートな走りがしっかり作り上げられたスポーツサルーンとして評価された。
タイプRは、優れたシャシー性能と空力ボディ、滑らかな回転フィールのVTECターボエンジンにより、街乗りからサーキット走行まで幅広くカバーするパフォーマンスを実現。ドライバーに素直な感動を与えてくれる点に多くの評価が集まった。

※ 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会のホームページから引用

 2022年7月に発売したシビックe:HEVは、新開発となる2.0L直噴エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせたスポーツe:HEVを搭載したモデルです。シビックが持つ基本性能のよさはそのままに、進化したe:HEVによる爽快な走りと環境性能の両立を実現しました。

 また、2022年9月に発売したシビックTYPE Rは、スポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」が両立する、究極のピュアスポーツ性能を目指して開発されました。Honda独自のVTEC TURBOエンジンをさらに磨きあげることで、出力とトルクの向上を実現するとともに、運転に夢中になることを目指した痛快なドライビングフィールを追求しました。

本田技研工業(株)シビックシリーズ開発責任者 山上 智行(やまがみ ともゆき)のコメント

「シビック e:HEVは、爽快な走りと高い環境性能の両立、シビックTYPE Rは、究極のFFスポーツを目指し開発してきました。今年は、Hondaを代表するモデルであるシビックシリーズが、発売より50周年を迎えるとともに、TYPE Rブランド も30周年を迎えました。記念すべきこの年に名誉ある賞をいただきうれしく思います。ありがとうございました」

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次