MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

トルクフルな走りが楽しいボバースタイルクルーザー Bonneville Bobber【バイク買取調査隊】

愛車投稿募集中

目次

トライアンフ Bonneville Bobberの車種プロフィール

2017年に登場したBonneville Bobberは、ボンネビルシリーズにおいて車体の付加装備をそぎ落としたシンプルさが特徴であるボバースタイルを設定したモデル。ボンネビルの名の通り、1200cc水冷2気筒エンジンを搭載したボンネビルT120をベースにサドルシート、幅広のフラットバーハンドル、クラシックなリアまわりデザインを採用している。

Bonneville Bobberを高く売るならモトメガネバイク買取!

加速と鼓動感が楽しいトライアンフのBonneville Bobber。この車両をより高く簡単に売りたいのなら『モトメガネバイク買取』がおすすめ! 買取店からの電話が最大3件のみで、営業電話のラッシュがないことが大きなポイント。WEBでの事前査定では、必要事項を記入するだけでできるため面倒な車両の撮影が不要。多数の買取加盟店が参加しているため、より高い金額で買い取ってもらえるのだ

バイクインプレ

車両の特徴

車体サイズは全幅800mm、全高1025mm、シート高690mm、ホイールベースは1510mmで、車両重量は243kgとなっている。

キャスター角は25.8度で、タイヤサイズはフロントが全体的にかなりクラシカルな印象を強調する19インチとリアが16インチで、前後ともにスポークホイールを採用。前後ブレーキともにシングルのディスクブレーキを採用しており、キャリパーはNISSIN製だ。

エンジンは水冷4ストロークSOHC4バルブの並列2気筒エンジンを搭載。
ボアストロークは97.6mm×80mm。圧縮比は10で最高出力は77PS/6100rpm、最大トルクは106Nm/4000rpm。

特徴的なデザインとして空冷エンジンを模したフィンが深く鋳込まれているほか、クランク周りのカバー類も昔の別体式のトランスミッションのデザインテイストを踏襲しているようだ。

ラジエーターはクラシカルな空冷エンジン的な雰囲気を損ねない薄いラジエターを採用し、さらにはホースを一カ所から出すなどかなり配慮されている。またインジェクションのデザインも昔のキャブレーターを模倣したデザインを取り入れた「キャブレター風のインジェクションカバー」になっている。

マフラーはかなりのショートマフラーを採用。またリア周りの印象として、実際にはスイングアーム方式でありながらも一見するとリジットサスのような外観になっているのもおしゃれなポイント。

シートは完全な1人乗り仕様で、すぐにリアフェンダーとなっており荷物の積載性はほとんど考慮されていないので、ロングツーリングするには工夫が必要だ。ショックアブソーバーはシートの下にスッキリと格納されている。シートは前後に位置調整が可能だ。

走り

メーターパネルの内側液晶部分には回転数が表示できるようになっており、数字表示なので回転上昇の感じはわからないものの、回転数が表示できるのは機能としてはいいと思う。

そして特徴的なのはバーエンドに搭載されたミラー。そんなにハンドルバーからはみ出しているわけではないので、邪魔にならないといえば嘘になるが、市街地走行でもそれほど気にはならない。シンプルな丸型なのでミラーが見やすいというのも好感が持てるポイント。

さっそくエンジンを始動して走り始めると、やはりパワーがすごい!! ドラッグレーサーのように感じてしまうほど、瞬発力も加速力も鋭い。

トライアンフのパラレルツイン並列2気筒エンジンの中でも排気量が大きい方のライン1200CCあるということで、アイドリングしているときの感触、大排気量エンジンらしいフィーリングが結構強く感じられた。900ccのエンジンはもう少しマイルドだったが、1200ccは振動が大きいという意味ではなくて、「ライダーの足の間で大きなクランクが回転している」というフィーリングが強かった。

驚いたのがデザイン性重視と思っていたシングルシート。加速時にライダーをシートの後方に置いてきぼりしないように着座位置をホールドしてくれていたのだ。

ハンドリングは、フロントフォークが寝かせ気味のモデルながらハンドルに癖もなく、ライダーのイメージした通りに素直に曲がってくれるといった印象。

足着き性がとてもいいので、なんの不安もなくUターンなどもでき、エンジンが極低速からかなりトルクフルなのでエンストの気配なども一切ないという感じ。

まとめ

鋭い加速ながら、低速域では扱いやすくドコドコッというクルーザーらしい鼓動と乗り味も楽しめ、ライダーの着座位置が低いので、あまり恐怖を感じることなく、低い位置からライダーが車体を倒すことになるので、結構思い切って車体をバンクさせることもできる。

不安なく乗れて、スロットルの開け閉めという操作が純粋に楽しく思えるような、そういう鼓動感を持ったマシンだった。乗っていてシンプルに楽しい!! 

※当記事は動画「MOTO BASIC」協力のもと、モトメガネが編集構成したものです。

簡単でより高くバイクを売却したいなら『モトメガネバイク買取』!

乗っていないバイクがあり、それを〝売却しよう〟と思った時、簡単でより高く売れるサービスを利用したいのは、バイク乗りなら誰しもが思うもの……。

とはいえ、一括査定サービスだと営業電話のラッシュで時間を取られそうだし、一社だけの買取査定だと相場よりも安く買われてしまうのではないか?という心配がつきまとう。

そこで、両サービスのいいところを持ち合わせた「モトメガネバイク買取」がおすすめなのだ!

①簡単に申し込める!

WEBで事前査定を行なうのだが、その際に車両の撮影が不要で、必要事項を記入するだけでOK!
記入した情報をもとに、全国のバイク買取店がその査定を元に入札する。

②多数の買取加盟店が参加!

車両の入札は、多数の買取加盟店が参加しているためより高い金額で買い取ってもらえる。一社のみだと提示された買取金額で本当に良いのか悩むところだが、全国の買取加盟店が参加しているので、より高い金額で車両を売却できるというわけ。

③買取店からの連絡は最大3社のみ!

全国のバイク買取店がその査定を元に入札し、事前の入札で高額査定をつけた最大3社が連絡をしてくるという仕組み。
営業電話のラッシュがないことは大きなポイントだ。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次