MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

鉄道×自転車 京都エリア「丹鉄サイクルトレイン(西舞鶴~豊岡間)」が運行

  • URLをコピーしました!

京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS株式会社は、自転車を解体したり折りたたむことなくそのまま列車内に持ち込める「丹鉄サイクルトレイン」を、2022年9月10日(土)~2023年2月28日(火)に運行する。海の京都エリアは海岸線の絶景が眺められるサイクリングロードが広がり、サイクリストにも人気のエリアとなっている。「丹鉄サイクルトレイン」を事前予約し活用することで、追加料金なしで自転車のスペースを気にすることなく、サイクリングを楽しむことが可能だ。運行開始に先駆け、9月1日(木)より、丹鉄サイクルトレイン予約ページにて予約受付を開始する。

目次

鉄道×自転車で海の京都エリアをエコ&健康的に満喫 西舞鶴~豊岡間を「丹鉄サイクルトレイン」が運行します!

京都丹後鉄道を運行するWILLER TRAINS株式会社(本社:京都府宮津市、代表取締役:飯島徹)は、自転車を解体したり折りたたむことなくそのまま列車内に持ち込める「丹鉄サイクルトレイン」を、2022年9月10日(土)~2023年2月28日(火)に運行します。運行開始に先駆け、本日9月1日(木)より、丹鉄サイクルトレイン予約ページ(https://trains.willer.co.jp/cycletrain/)にて予約受付を開始します。

「丹鉄サイクルトレイン」車両ラッピング

海の京都エリアは、海岸線の絶景が長く続くサイクリングロードがあり、日本三景の天橋立や由良川橋梁、伊根の舟屋群、夕日ヶ浦、久美浜湾など数々の絶景スポットが広範囲に広がっており、サイクリングイベントが開催されるなどサイクリストにも人気のエリアです。また近年では健康志向の高まりや環境への配慮から、自転車や公共交通の利用が促進されています。

 通常、列車への自転車の持ち込みは解体したり折りたたんだりして専用の袋に入れることで持ち込むことができますが、「丹鉄サイクルトレイン」は、自転車をそのまま列車内に持ち込み、降車後もスムーズに移動いただけるサービスです。当サービスにより、非日常のサイクリングや観光を楽しむことができるのはもちろんのこと、沿線地域にお住まいの皆さまの日常のお出かけやお買い物、お子さま連れのお出かけなどにも便利で快適にご利用いただけます。

「丹鉄サイクルトレイン」のポイントは、以下3点です。
① 追加料金が不要で、乗車区間の運賃のみで持ち込めます。
② 事前予約制のため、自転車スペース確保における心配がなく、安心して利用できます。
③ 自転車を解体または折りたたんで専用の袋に入れることなく、そのまま列車内に持ち込むことができるため、サイクリングや日々の移動が便利かつ快適です。

今後も、京都丹後鉄道は、地域の皆様に愛される鉄道を目指してまいります。

■詳細
・運行日
 2022年9月10日(土)~2023年2月28日(火)  ※年末年始及び車両検査日除く
・利用可能駅
 西舞鶴駅、宮津駅、天橋立駅、夕日ヶ浦温泉駅、豊岡駅の全5駅
・利用可能列車
 西舞鶴駅(10:37)⇒豊岡駅(12:49)、豊岡駅(13:00)⇒西舞鶴駅(15:00)
・利用可能台数
 4台
・利用料金
 無料
 ※乗車区間の運賃のみで乗車可能。
・利用方法
① 乗車駅の発車時刻までに「丹鉄サイクルトレイン」予約ページで予約
  予約ページ:https://trains.willer.co.jp/cycletrain/
  ※ご予約にはWILLER会員登録(無料)が必要です。
② 利用日当日、乗車区間の切符を購入。乗車駅で切符と予約確認書(スマホ画面または印刷したもの)を提示。
  ※ご乗車には「mobi Community Mobility」アプリによるQRコード決済(https://travel.willer.co.jp/maas/howto/)やVisaのタッチ決済(https://trains.willer.co.jp/guide/pay-with-visa/)がオススメです。
③ 予約した番号のドアより乗車。
④ 積み込み可能エリアで自転車が倒れないようしっかりと固定する。
⑤ 目的の駅に着いたらお近くのドアから降車し、切符を渡す。
 ※利用可能駅・利用可能列車以外で自転車の持ち込みをする場合、自転車を解体または折りたたんで専用の袋に入れてご乗車をお願いします。

車内イメージ
積み込み可能エリア

リリース提供元:WILLER株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次