MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【キャノンデール】グラベルシーンの高まりと共に国内でも高いシェア率を誇る

ニセコグラベルバイクシェアNo.1を獲得
  • URLをコピーしました!

自転車メーカー「キャノンデール」が、9月上旬に北海道で行われた「パナレーサーニセコグラベル2022」において、イベント参加者のバイクシェア率1位を獲得した。

グラベルライドでは舗装路から砂利道まで、様々なロードシチュエーションを走ることとなるが、グラベルライダー達にとって、多様なモデルラインナップを行っているキャノンデールはとても魅力的なブランドであるようだ。メーカーは今後も国内向けイベント等、グラベルカルチャー拡大に貢献していく。

目次

キャノンデールのバイクが 北海道で開催の「パナレーサーニセコグラベル2022」にて バイクシェアNo.1を獲得

~グラベルシーンに合わせた多様なモデルラインナップが支持される~

キャノンデール・ジャパン株式会社は、2022年9月3日~4日に北海道ニセコエリアで開催された「パナレーサーニセコグラベル2022(以下、ニセコグラベル)」に協賛出展し、イベント参加者のバイクシェア率1位(参加者への事前アンケート算出データより)を獲得したことを報告する。

キャノンデールでは、グラベルライダーのそれぞれのスタイルにフィットするバイクラインナップを数多く取り揃えることで、多くの支持を得た結果だと考えている。欧米でのグラベルバイクの人気が高まるなか、日本市場に合わせたイベントとともにグラベルカルチャー拡大を今後もサポートして行く。

≪樫村 浩史コメント≫

国内のグラベルシーンの人気の高まりを象徴するかのような素晴らしいニセコグラベルにおいて、参加されたお客様のバイクシェア率が1位であったことを嬉しく思います。現在、国内では様々なグラベルシーンに対応できるようにアルミバイク、カーボンバイク、Eバイクなど幅広いラインナップを取り揃えています。今後も「グラベルバイクといえば、キャノンデール」と言っていただけるよう、様々なグラベルイベントを盛り上げていきたいと思います。引き続きキャノンデールをご愛顧いただきますようよろしくお願いします。

≪グラベルライドにおすすめのバイクラインナップ≫

■Topstone(トップストーン):オンオフ問わずあらゆる道を。ワイドタイヤが装着可能なグラベルシーンを牽引する代表モデル。アルミバイク、カーボンバイク、Eバイクがあり、ライダーの好みに合わせて選択可能。キャノンデールを代表する片持ちフォーク「レフティ」搭載モデルもラインナップされる。
https://www.cannondale.com/ja-jp/bikes/road/gravel

新型トップストーンカーボン
新型トップストーンカーボン

■Synapse(シナプス):長距離を走破するために誕生したロードバイク。あらゆるニーズに応えるため、最大35mm幅のタイヤを装着可能。ロードライディングすべてを楽しめる万能ロードバイク。フレームはアルミバイク、カーボンバイクの2種類があり、安全性と利便性を高める前後ライトと、ミリ波レーダーで車の接近を知らせる「スマートセンス」を標準装備するモデルも存在する。
https://www.cannondale.com/ja-jp/bikes/road/endurance/synapse

新型シナプスカーボン
新型シナプスカーボン

≪キャノンデールについて≫

1971年にアメリカのコネチカット州で創業したスポーツバイクブランド。アルミの製造技術で業界をリードするとともに、リアサスペンション、ヘッドショック、レフティ、BB30などの斬新な機構を生み出して市場を拡大。多くの自転車競技をサポートし、今やレースの現場になくてはならない存在となっている。ブランド創業50周年を迎えた最も歴史の長いアメリカン・スポーツバイクブランドのひとつ。現在は先進技術SmartSenseを搭載したロードバイク、グラベルバイクを発売したことで話題となっている。
https://www.cannondale.com

会場内は多くのキャノンデールバイクが並んだ
会場内は多くのキャノンデールバイクが並んだ

リリース提供元:キャノンデール・ジャパン株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 
ニセコグラベルバイクシェアNo.1を獲得

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次