MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

子供と「生きるチカラ」を育む 五感で楽しむ自然体験型のリゾート施設が登場

愛車投稿募集中

株式会社アサマリゾートは、 長野県小諸市にBBQやアスレチック、展望台など五感全体で楽しむことができる「KOMOROBI Athletic & Camp (コモロビ アスレチック&キャンプ)」を2023年7月15日(土)よりオープンすることを発表した。

同施設は、キャンプファイヤーが特徴の「炎のキャンプフィールド」や、子供が自然の素材と触れ合える「山のアスレチックフィールド」、キャンプ場を一望できる展望台「フィンガーキャノピー」など、自然体験型コンテンツを複合的に楽しめるのが特徴だ。また、食事の有無や滞在時間に合わせてチケットを選択できるため、日帰りも宿泊もできるようになっている。自然からしか学べない経験を親子で楽しんでみてはいかがだろうか。

目次

「生きるチカラ」を育む、おもいっきり自然体験施設「KOMOROBI アスレチック&キャンプ」7月15日(土)長野県小諸市にオープン、6月7日(水)より予約開始

〜BBQ、アスレチック、展望台など五感を刺激する体験を提供〜

株式会社アサマリゾート(本社:長野県小諸市、代表取締役社長:柿沼 秀明)は、 長野県小諸市にBBQやアスレチック、展望台など五感全体で楽しむことができる「KOMOROBI Athletic & Camp (コモロビ アスレチック&キャンプ)」を2023年7月15日(土)よりオープンいたします。

※ 画像は、建設途中のためイメージとなります。

第二次キャンプブームの到来はさることながら、コロナ禍でも密を避けられるアクティビティとして人気が続いたキャンプ。2023年春からは新型コロナが5類に移行し、お出かけ需要のさらなる高まりが感じられます。数年ぶりに外で遊べる機会が多くなるこのグリーンシーズン、キャンプも家族や友達とのお出かけの選択肢の一つとなるのではないでしょうか。

この度、アサマリゾートでは、お子さまやそのご家族が自然に触れ、そこから沢山のことを学んでほしいという想いを込めて “「生きるチカラ」を育む、おもいっきり自然体験″をコンセプトに、アスレチックフィールドやキャンプ場を中心に自然体験型コンテンツを複合的に楽しめ、五感全体で自然を味わえる「KOMOROBI Athletic & Camp」を7月15日(土)よりオープンいたします。

どのテントからも見えるよう中心で燃え上がるキャンプファイヤーが特徴の「炎のキャンプフィールド」や、子供が自然の素材と触れ合える「山のアスレチックフィールド」、小道から飛び出すような設計でキャンプ場を一望できる展望台「フィンガーキャノピー」など、親子で楽しめるエリアが充実した施設です。食事の有無や滞在時間に合わせてチケットを選択でき日帰りでも宿泊でも楽しめるほか、キャンプ初心者やファミリー層でも快適に楽しめるよう、レンタルセットを充実させ、自由度の高い幅広い選択肢をご提供いたします。

【名称由来・ロゴについて】
「KOMOROBI(コモロビ)」という名前は、所在地である小諸(コモロ)と自然の中で楽しめる遊び(アソビ)、そして太陽と自然を感じることができる言葉である木漏れ日(コモレビ)を掛け合わせた名称として生まれました。

“「生きるチカラ」を育む、おもいっきり自然体験”というコンセプトのもと、ロゴは「KOMOROBI Athletic & Camp 」のコンセプトを象徴したものとし、「季節の変化を彩る葉」と「頭文字のK」、「太陽の光」を融合しデザインされたマークと、自然の中で飛び跳ねて、元気に遊ぶ子供たちをイメージしたオリジナルの文字デザインが組み合わされています。四季折々さまざまな自然体験ができる場所に、という想いが込められたロゴデザインになっています。

■燃え上がる火を眺め対話を楽しむ「炎のキャンプフィールド」
「炎のキャンプフィールド」は間隔を広めに保って張られたテントと、エリアの中心で燃え上がるキャンプファイヤーが特徴です。最大16のテントを張ることが可能。全サイト車を横付けすることが可能で、テント間を広く保っているため、周囲のテントを気にすることなく過ごしやすいのも特徴です。キャンプの目玉とも言えるキャンプファイヤーは、エリアのシンボルとして各テントから見えるよう中心に設置。高さ3メートルにのぼる炎のゆらめきを眺めながら、憩いの時間を過ごすことができます。

「炎のキャンプフィールド」イメージ

■自然の素材と触れ合える「山のアスレチックフィールド」
総面積3,200平方メートルと広大な森の中に、体全体を動かして遊べるアスレチック施設を設置。ネットや木を利用し、大自然の中だからこそ実現が可能な大規模なアスレチックです。中でも、木材の組み方によって様々な形や仕掛けに変化する、自然の素材のみで作られたアスレチックは、周囲の森の雰囲気とも一体化しており注目の施設です。さまざまな難易度のアスレチックが、山の斜面を利用して13基設置されており、子供から大人まで楽しめます。

「山のアスレチックフィールド」イメージ

■キャンプ場を一望できる迫り出しウッドデッキ「フィンガーキャノピー」
パーク内のメインスポットであるセンターハウス横から、アスレチックフィールドに向かって飛び出すように展望デッキ「フィンガーキャノピー」を設置しました。フィンガーキャノピーは長さ約20m、先端の高さは9mのウッドデッキとなっており、歩いていくと森と一体化したような感覚を得ることができます。また、先端まで進むと木々を抜けて視界が開き、小諸市街が一望でき遠くは八ヶ岳連峰を見渡すことができます。

画像左:フィンガーキャノピー建設予定地/画像右:フィンガーキャノピーからの景色

■KOMOROBIの森
BBQエリア、森の広場、森のアトリエ、森の泉、イベントスペースからなるKOMOROBIの森。「KOMOROBI Athletic & Camp」の森内に全9サイトで配備されたBBQエリアは、BBQ付チケットにて利用可能。子供は思いっきり体を動かしながら、大人はBBQを楽しむことができます。また森の中にも、土掘り放題スペースショベルパークや、ハンモックエリアなど、自然を満喫できるコンテンツがたくさん。森のアトリエでは、松ぼっくりアートなど、自然を活かした木工クラフトなどが楽しめます。またゴールデンウィークから9月頃までは、森の泉で水遊びをすることができます。

画像左:「KOMOROBIの森」イメージ/画像右:木工クラフト制作例

■雨の日も自然体験が楽しめる「KOMOROBIスタジアム」
「KOMOROBIスタジアム」は雨でも楽しめる体育館。バスケットコート2面分の広々としたスタジアム内に天候に左右されず自然体験ができるオリジナルプログラムを多数ご用意。道具を使わずに重さや長さを測ったり、手を使わず紙を動かすなど、機械やゲーム機ではなく、身近なものでチャレンジできるコンテンツがあります。他には1DAYチケット利用者もテントや寝袋を体験できるアウトドア体験コーナーや、小さなお子さまが遊べるようにキッズスペースも備えております。KOMOROBIスタジアムと森のアトリエのように、屋根付き施設もあって雨天でも楽しめるのが「KOMOROBI Athletic & Camp」の特徴です。

「KOMOROBIスタジアム」イメージ

「KOMOROBI Athletic & Camp」では、お客様に新たな価値をお届けできるよう、サウナや農園、ピザ窯など今後も様々な施設やアクティビティを続々オープンする予定です。
また、子どもたちがもっと楽しめるように、日々体験プログラムを開催中。椅子づくり体験や薪割体験など、さまざまな自然体験プログラムを用意してお待ちしております。詳細情報は下記URLからご確認いただけます。ご予約は、6月7日(水)より予約開始いたします。

ホームページ:https://komorobi.com/
Instagram:https://instagram.com/komorobi_official
Twitter: https://twitter.com/komorobi_camp

<全体マップ>

<利用料金>

【施設概要】
施設名:KOMOROBI Athletic & Camp
所在地:〒384-0801 長野県小諸市甲4717
定休日:通年営業(1~3月はキャンプ場素泊まり営業のみ)
営業時間 パーク:10時-17時
     キャンプ:IN 12時/ OUT 10時
     トレーラー:11時-15時
敷地面積:43,867㎡
運営会社:株式会社アサマリゾート
問い合わせ先:0267-46-9850
キャンプ場HP: https://komorobi.com/

【会社概要】
企業名:株式会社アサマリゾート
代表取締役社長:柿沼 秀明
本社: 〒384-0061 長野県小諸市加増3丁目8-43 2階
創業:2015年2月
事業内容:ゴルフ場、スキー場、ホテル等、リゾート施設の運営

リリース提供元:株式会社アサマリゾート

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次