MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ナビタイム 8月大雨被害に伴う交通道路通行止めによる交通影響分析レポート発表

  • URLをコピーしました!

ナビタイムジャパンの交通データ事業が、2022年8月5日(金)~6日(土)にかけて、東北・北陸地方を中心に発生した大雨の影響による自動車の交通影響調査を発表した。

この大雨被害により福井県内の敦賀トンネル付近で、大規模な土砂流入が発生し、本区間の上下線は通行止めとなっていた(現在は解除済み)。またこの影響で、並行する国道8号や国道476号へ迂回する車両が多く見られ、一時的に道路混雑が発生していた。

今後も同事業では、道路交通や公共交通など、移動に関する各種ビッグデータを扱った分析を行っていく。

目次

8月の大雨被害に伴う高速道路通行止めによる交通影響分析を発表

~北陸道通行止めにより、走行車両が国道8号線へ転換。走行速度が大幅に低下~

株式会社ナビタイムジャパンの交通データ事業は、2022年8月5日(金)~6日(土)まで、東北・北陸地方を中心に発生した大雨に伴う自動車の交通影響調査を発表する。

今回の大雨で特に8月5日(金)頃から北陸自動車道(以下、北陸道)の 敦賀IC(福井県敦賀市)~今庄IC(同県南越前町)の敦賀トンネル付近において、土石流による大規模な土砂流入が発生し、これに伴い本区間の上下線で通行止めが発生した※1。上り線(米原方面)は8月10日の0時に、下り線(金沢方面)は8月27日の6時に通行止めが解除された。

上記により、並行する国道8号や国道476号に迂回する車両が増加したが、これらの道路も大雨に伴う通行止めや通行規制により、一時的に道路混雑が発生した。

本分析では、北陸道に並行する国道に着目し、北陸道の通行止めが発生した8月6日(土)を起点とし、平常時の9時~21時と下記の3時点の交通状況を対象に、自動車の走行経路変化や混雑状況を分析した。

なお、分析にはナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリ(『カーナビタイム』、『トラックカーナビ』他)から取得した走行実績データを活用している。

分析対象時点

①7月31日 :平常時
②8月7日 :国道8号通行止め時
③8月14日 :国道8号片側通行規制時
④8月21日 :国道8号全面通行可(北陸道下り線通行止め時)

※1 通行止めの状況(区間、発生・解除時刻等)は、以下を参照してほしい。
https://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/5506.html

図1 分布エリア位置
図1 分布エリア位置

分析結果

【走行経路の変化】
●敦賀IC手前を走行する自動車の約75%が国道8号に転換

北陸道敦賀IC手前(米原側)を通過する自動車の走行経路を可視化すると、平常時はほぼ100%が北陸道を金沢方面に走行していることがわかる。一方、8月7日は、金沢方面に向かう全道路が通行止めになったことにより、いずれの経路も通行できていないことがわかる。8月10日に国道8号の通行止めが解除されたことにより、金沢方面へ走行する自動車は8月14日は敦賀ICで一般道に降りた約75%が国道8号で金沢方面へ走行していることがわかる。8月21は敦賀ICで一般道に降り、国道8号と国道476号の選択割合は約50%ずつとなっていることがわかる。

図2 敦賀IC付近を走行する自動車の経路変化
図2 敦賀IC付近を走行する自動車の経路変化

【走行速度の変化】
●国道8号が一時的に混雑

北陸道に並行する国道8号の平常時・片側通行規制時・規制解除後の平均走行速度を可視化した。平常時と片側通行規制時の速度を比較すると、敦賀IC付近から通行規制区間である南越前町大谷方面への下りで約25~50km/h超速度が低下していることがわかる。このことから、国道8号の片側通行規制により、平常時よりも混雑度が高まっていることが推察される。なお、解除後の走行速度は平常時と同傾向であることがわかる。

図3 国道8号の平均走行速度の変化
図3 国道8号の平均走行速度の変化

【所要時間の変化】
●国道8号が一時的に混雑

北陸道に並行する国道8号線敦賀IC付近から武生IC付近までの下りおよそ35.8km区間(図4青色の経路)で平常時・片側通行規制時・規制解除後の所要時間の変化を整理した。

図4 対象区間
図4 対象区間
図5 国道8号の平均所要時間
図5 国道8号の平均所要時間

自動車の走行実績データについて

ナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリ『カーナビタイム』、『NAVITIMEドライブサポーター』、『トラックカーナビ』等において、同意を得たユーザーを対象に、GPSにより1~6秒間隔で取得された自動車ごとの走行実績データである。ユーザーを匿名化した上で、取得したプローブデータを交通量・交通流分析/所要時間・速度分析/走行挙動分析などに利用することが可能である。

・主な特長
分析用途に応じて提供フォーマットの調整ができる
走行実績を把握できる-様々な車種のデータを取得できる
様々な車種のデータを取得できる

『道路プロファイラー』について

道路プロファイラーとは、Web上で簡単に道路交通に関する各種分析ができるシステムです。分析対象の道路や期間を自由に選択することができ、今回のような開通速報分析を行うことも可能。

紹介サイト:http://consulting.navitime.biz/roadprofiler/index.html

「交通データ事業」について

ナビタイムジャパンの交通データ事業では、道路交通や公共交通、国内観光や訪日外国人について、移動に関する各種ビッグデータを活用した分析を行っている。
紹介サイト:https://data.navitime.co.jp/
お問い合わせフォーム:https://data.navitime.co.jp/contact/

「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標。

リリース提供元:株式会社ナビタイムジャパン

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次