MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

スタイリッシュなスクーター ランブレッタから2機種が登場!

  • URLをコピーしました!

ランブレッタを取り扱うモータリスト合同会社は、新たにLambretta G350と、Lambretta X300の2機種を発表した。Lambretta G350の生産は2022年11月に開始される予定。日本での発売開始は未定だが、2023年春ごろになる見通し。Lambretta X300の生産は2022年10月下旬頃から。日本での発売開始は2022年春を予定している。今後の展開に注目だ。

目次

Lambretta、ニューモデルを発表

2022年6月 - 1947年に最初のスクーターを発表して以来、イタリアから発信され、高品質、かつライフスタイルを彩るモデルとして世界で愛されてきたスタイリッシュなスクーター、ランブレッタ(Lambretta)。その商品は絶えずライバルたちよりスポーティーで、プレミアムな位置づけを誇ってきました。1970年代前半にイタリアでの生産を終了、その後2017年に復活して以来、アイコニックなイメージを現代のスタイルに上品に融合させたV-Specialシリーズを育て続けてきましたが、誕生から75周年を迎えたこのほどラインアップを追加、ますますランブレッタ・ブランドをほかに比肩するもののないスクーター・ブランドとして高めていくことを決意したのです。

6月6日から開催されているフオリサローネ/ミラノ・デザイン・ウィークでは、ランブレッタ・ミュージアムとコラボレーションし、ランブレッタ・ブランドの75周年を祝うとともに、2機種の全く新しいランブレッタが発表されました。同時に開催されたヒストリー展示では、最初のランブレッタであるモデルM(A)やそのデザイナー、さらに当時を代表する女優・ジェーン=マンスフィールドらが過去の歴史を彩る存在として展示され、注目を集めたのです。

ランブレッタの過去のモデルがそうであったように、今年もまた、ニューモデル発表の場にミラノを選んだランブレッタ。今回発表された2機種のニューモデルを以下に紹介します。

Lambretta G350

2019年のミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で発表され、注目を集めたニューモデル、G325 Special。COVIDパンデミックの影響を被り、その開発が大幅に遅れていましたが、エンジンの排気量を引き上げ、G350として改めて発表することとなりました。G350は現行のV-Specialシリーズ同様、クラシック・ランブレッタのデザインにインスパイアされた、現代によみがえるネオ・レトロ・ランブレッタの頂点を飾るモデルです。

イノチェンティのオーナーであるウォルター=シェフラン肝いりのデザインは、V-Specialシリーズで現代によみがえったランブレッタならではの流麗なボディを、さらにシャープにリフレッシュ。丸みを帯びた柔らかさとエッジの効いたスタイルとを絶妙に融合させたのです。プレミアム・スクーター・セグメントの中では最大となる330.1㏄の水冷エンジンを、フルメタル・モノコックボディに搭載。フルカラー・TFTディスプレイ、ダブル・リンク式フロントサスペンションシステム、デュアル・チャネルABS。最新の装備をクラシックなスタイルに見事に溶け込ませることに成功しました。

G350の生産は2022年11月に開始される予定。12月以降、順次欧州の主要輸出先を中心に出荷が進められる見通しです。日本での発売開始は未定ですが、2023年春ごろになる見通し。

Lambretta X300

X300の登場はだれも予想していなかったはず、とランブレッタ・チームは胸を張っています。イノチェンティのDNAを受け継ぐ現代のランブレッタのリーダー、ウォルター=シェフランが描き出したコンセプトをベースに、極めて現代的なラインを与えられ、以前として一見してランブレッタとわかるようなスタイルながらも、全く革新的なスクーターとして作り出されました。

面を鋭く切り出したかのようなシャープなデザインは「ダイヤモンド」ラインと呼ばれ、固定式フェンダーはランブレッタらしさにあふれています。ボディの主要な部分をスチール製としたセミ・モノコック・スタイルには、ダブル・リンク式フロント・サスペンションやダブルディスクブレーキ、デュアル・チャネルABSと大排気量のエンジンを支える足回りがおごられ、BOSCH製フューエル・インジェクション・システムはスムースかつパワフル。キーレス・エントリー・システムも装備しました。

X300の生産は2022年10月下旬ごろから。出荷は12月初旬になる見通し。日本での発売開始は2023年春を予定しています。

Lambrettaの今後

現在のランブレッタの主要モデルであり、リーズナブルながらスタイリッシュなプレミアム・スクーターとして底堅い人気を誇っているのが、50㏄、125㏄、200㏄(170㏄)の3種の排気量ラインアップを持つV-Specialシリーズです。2022年に新色を追加したばかりのラインアップは、もちろん今後も継続販売され、さらにテコ入れが予定されています。今回はニューモデルの発表をランブレッタ75周年に合わせて行いましたが、11月に予定されているミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)ではさらにニューモデルを追加して話題を提供する予定。ランブレッタの今後からはますます目が離せません。

ランブレッタを2017年の復活と同時に取り扱いを開始し、徐々に販売店を増やしながら日本でのプレミアム・スクーター・マーケットを着実に育ててきたモータリスト合同会社。新たに発表されたX、Gは、現行のVに加えてランブレッタ・ブランドをさらにプレミアムに育てるための重要な商品と位置付けています。生産開始はまだ先の予定ですが、モータリストではランブレッタ本社とこれまで以上に深くタッグを組みながら、信頼いただける供給とサービスを武器に、これからも日本でのランブレッタ・ブランド浸透のため、全力を尽くしてまいります。ぜひご期待ください。

リリース元:モータリスト合同会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる