MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

バイク用インカムのB+COMに2万円以下のモデル登場! スキのない最強ラインナップに!

愛車投稿募集中

【Brand PR】

こんにちは、ライターのサブローです。
B+COM (ビーコム)の新製品「B+COM TALK(ビーコムトーク)」が発売されましたね!

実はこのモデル、個人的にかなり待ち望んでいたんです。その理由は…。

友人

インカム買いたいからオススメ教えろ

サブロー

ビーコムはいいぞ!
周りもビーコム使ってる人が多いしな

友人

ハイスペすぎん?
もうちょっと機能と値段が控えめのやつがいいわ

サブロー

…もうね、こんなやりとりを友人たちと10回以上繰り広げてきた気がします。
つまり、機能と価格が控えめのビーコムを聞かれても「コレだ!」と言えるモデルがなかったんですね。
(もちろんビーコム上級グレードを買って満足している友人もいます)

ちなみに当時のビーコムのライナップはこんな感じでした。

SB6XR
(ハイエンドモデル)
4万4,000円(税込)
B+COM ONE
(プレミアムスタンダードモデル)
3万4,980(税込)
B+COM PLAY
(ソロモデル)
1万2,980円(税込)

お値段は、機能順に左から4万円台、3万円台、すこし飛んで1万円台。

そう、2万円台の製品がなかったんです!

「もし2万円台のビーコムがあれば友人にオススメできるのに!」と、いつも思っていました。
ボクと同じように2万円台のビーコムを求めていたライダーも多かったのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、そんな「2万円台の穴(※)」を埋めることで、ビーコムをスキのない最強ラインナップにしてくれた新製品。それが「B+COM TALK」です!
正確には1万9,800円です安い!

ここからは、B+COM TALKを含む各ビーコム製品の機能を紹介します。
また「どんなライダーにどのビーコム製品が合っているのか?」についても解説していきます。

目次

B+COMの4つのラインナップと各製品の機能

まずはこちらの表がわかりやすいですね。「聴きトーク」などの各機能は下で解説します。

【聴きトーク】
インカム通話をしながら音楽やナビ音声を聞ける機能。

【B+LINK】
かんたんにグループ接続ができる通話機能。最大6台まとめて一発接続。しかも距離が離れても自動で復帰するすぐれモノ

【ユニバーサル通話】
ビーコムの旧モデル・SB5X/4Xや、他社インカムと接続・通話できる機能。

【B+COM SOUND SYSTEM】
良質な音質とパワフルな音圧を体感できる機能。ざっくりいうと別売りのスピーカーに対応可能かどうかです。高音質の「EXP01」や、小型で薄型の「スモール」といった別売りのスピーカーに付け替えることができます。

表を見てわかるように、4モデルのうち、どれを選んでも、スマホとのペアリングが可能です。
そして「TALK」以上のモデルはインカム同士のペアリングも可能

より上級グレードになれば「聴きトーク」や「B+LINK」といったさらに便利な機能が備わりますので、それらの機能が必要かどうかで購入するモデルを選ぶといいですね。

どんなユーザーにオススメ?

ここからは、ビーコム4機種がそれぞれどんなユーザーに合った製品なのかについて解説します。

SB6XR

・4人以上でツーリングをすることが多い人

ツーリングメンバーがSB6XR、ONE、SB6Xなら、「B+LINK」で最大6台の同時接続が可能です。

もしそれ以外のB+COM製品や他社インカムでも「ユニバーサル通話」ができますし、あなたが橋渡しをすることで3台のインカムを同時接続することも可能
なお、ONEにも上記の2機能が備わっています!

ユニバーサル通話の「橋渡し」のイメージ

・グループツーリングで先頭を走ることが多い人

先頭を走るライダーは後続車を正しく導く必要があります。
そんな先頭ライダーがインカム通話に気を取られてナビの指示を見逃してしまう…なんてことがあれば大変!
聴きトークがあれば通話中も音声が聞けるのでそんな心配は無用です。

・ナビの地図を見ることが苦手な人

ハイ、これはボクのことですね。

ナビの地図を見て確認しているにもかかわらず、1本早く曲がってしまったり、高速インターの分岐でテンパったり…。
こういう経験を持つ者としては、聴きトークによるナビの音声ガイドは必須です。

あと、なるべくナビ画面を見ずに運転に集中したい人にもオススメですね。

・インカム通話中にBGMが欲しい人

※画像はB+COM ONE

いくらインカムがつながっていても、常に会話をするわけじゃない。
お気に入りの音楽を流しておきたい。
つまり俺たちはルートの共有さえできればいいんだ!…という人ですね。
会話が途切れた瞬間の微妙な空気がニガテな人にもオススメです。

B+COM ONE

・4人以上でツーリングをすることが多い人

これはSB6XRと同じですね。ONEにも同じくB+LINKとユニバーサル通話の機能が備わっています。

聴きトークは不要! その分安くインカムを買いたい人

SB6XR(左)とONEの機能面の違いは聴きトークの有無

インカム通話中にナビ音声、音楽を聞く必要がない人ですね。
SB6XRとONEの違いは、細かい仕様(バッテリー容量やデザイン)を除けば、聴きトークの有無だけしかありません。
聴きトークを省いた分、価格が約1万円安く抑えられます。

B+COM TALK

・3人以下でツーリングをすることが多い人

TALK同士なら最大3台以上の接続が可能
さらにユニバーサル通話もできます

ただし、SB6XRやONEと違ってユニバーサル通話に一部制限があり(相手がSB6XR、ONE、SB6Xの場合のみ推奨)、B+LINK機能がありません。
B+COM SOUND SYSTEMにも非対応ですので、オプションのスピーカーに変更することができません。

ONE(左)とTALKの違いは、ユニバーサル通話の性能、B+LINKの有無、B+COM SOUND SYSTEMへの対応/非対応など

が、その分お値段はONEと比べると1万5,000円以上も安くなります。
上記の点がONEとTALKの大きな違いですね。

・インカム通話ができる最安モデルが欲しい人

ビーコムシリーズでインカム通話機能を持つモデルは、このTALKがもっともリーズナブルです。
「いや、もっと安い他社インカムあるじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、それはタンデム用だったり、聞き慣れないノーブランド品だったりしませんか

インカム通話の機能とメーカーのアフターサービス(後述)が充実して、さらに日本語ガイダンスもついて2万円以下というインカムはかなりの高コスパだといえるでしょう。

・タンデマーにプレゼントしたい人

TALKの機能はライダー同士での通話を想定したものですが、もちろんタンデマーとの通話にも使えます。
逆に、他社製だとは通信距離の短さなどから「このインカムはタンデム用ですよ」とうたっているインカムもありますが、TALKはライダー、タンデマーどちらにも使える万能選手です!

たとえば、まずはタンデムからバイクデビューして、いずれはライダーになりたい。
そんな人へのプレゼントに、このTALKはピッタリだと思います!

B+COM PLAY

・ソロツーリングで使えれば十分という人

PLAYにはインカム同士のペアリング&通話機能はなく、スマホなどのデバイスに対してのみペアリングが可能です。
TALKとPLAYで大きく異なる点は、ペアリングの対象が違うところですね。

そこだけ聞くとイマイチに思えますが、一人で走っているときってスマホとペアリングできていれば十分なことがほとんどじゃないですか?
音楽やナビ音声はバッチリ聞こえますし、スマホに搭載された純正の通話アプリなら会話をすることもできるんです(ただしLINEなどの無料通話アプリの動作保証はされていません)。

・小型&軽量で個性的なインカムが欲しい人

SHOEI・グラムスター+B+COM PLAY
カブト・エクシード+B+COM PLAY

ビーコムシリーズはどれも軽量ですが、PLAYはその中でも22グラムとかなり軽く(SB6XRの53グラムの半分以下!)、本体が小さいためどんなタイプのヘルメットに装着しても違和感がありません。

さらにカラーバリエーションが豊富で、5色から選ぶことができます。

まとめ

4種類になったことで、用途や予算に合わせてより細かく選べるようになったB+COMシリーズ。

もし今、友人に「もうちょっと機能と値段が控えめのやつがいいわ」と言われたら、ボクは迷わずB+COM TALKを勧めます!
また、「ペアリングしやすいやつ」とか「機能は求めないから価格を抑えたやつ」とかの注文に対しても、最強ラインナップのおかげで、すぐにオススメ製品を挙げることができるようになりました。

そして最後になりましたが、ボクがB+COMをオススメする理由はアフターサービスの良さです。


実は、ヘルメットを落として2度もB+COMを壊してしまったことがあるんですが(1度目はスピーカー、2度目はデバイスボタン)、オンラインでカンタンに修理見積が出せたうえに、すぐに対応してくれたんです。
故障の程度にもよりますが、ボクの場合は「こんなに安く直せるの?」と驚いたほどです。
しかも送料込みの価格で。

なので、インカムが欲しい人はまずはB+COMに注目して、そこから用途と予算で選べばいいと思います。
現在のこの最強ラインナップなら、きっとあなたにピッタリのインカムが見つかりますよ!

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次