MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【作業動画あり】バイクビギナー女子がオイル交換に挑戦!添加後に体感できたスーパーゾイルの効果とは? 

  • URLをコピーしました!

バイクの消耗品の中でも最も交換サイクルが早いのがエンジンオイルです。 

エンジンは金属部品の集合体であり内部では常に高速かつ高温下で金属と金属が擦れあっています。 

その摩擦を低減し、エンジン部品の摩耗を防ぐ役目を担うのがエンジンオイルとなります。しかし、エンジンオイルは熱が入ることによる酸化が進みますし、燃焼によって発生したカーボンなどで汚れたりすることで、徐々に性能が低下していきます。
 

エンジンオイルの定期交換を怠ると、エンジン内部部品の摩耗が進んだり、オイルがスラッジ化してオイル経路を詰まらせたりして、故障や不調の原因となり、エンジン寿命を縮めることになってしまいます。 

目次

エンジンのベストコンディションを保つために高性能添加剤が有効!

エンジンオイルの定期交換が欠かせないのはもちろんですが、良質なオイル添加剤を使えば、さらにエンジンの好調を保ち、そして維持することができるのです。 

いつものオイルに混ぜるだけでエンジンをケアできる高性能添加剤 

いつも使っているオイルに添加することで、金属表面を再生し、 フリクションを大幅に低減させることができるのが「スーパーゾイル」です。

肉眼で見ると平滑に見えるエンジン部品の金属面も、ミクロの単位で見ると凹凸があります。また、走行距離を重ねたエンジン内部は、摺動によって細かな傷が入ることは避けられません

こうしたダメージを負った金属表面を再生することができる添加剤がスーパーゾイルなのです。

今回はメンテナンスビギナー女子にスーパーゾイルを使ったエンジンオイルの交換に挑戦してもらいました。

バイクのオイル交換は簡単!? 

ものすごく端的に言えば、オイル交換は古いオイルを抜いて、新しいオイルを入れるだけです。 

ただ、オイルは量が少なくても多くても不調や故障の原因となりますし、オイルが漏れれば走行中にエンジンが焼き付いたり、オイルで滑って転倒することも考えられるので、しっかり確実に作業を進め、作業後の確認をしっかりと行うことが求められます。 

バイクのオイル交換に初挑戦!作業はスムーズに進むか……!? 

今回エンジンオイルの交換を行うバイクはスズキのGSR750。定期的なオイル交換などのメンテナンスはひと通り行ってきていますが、走行距離が2万キロを超えてきて、少しリフレッシュさせたいタイミングです。 
 

オーナーは手放すつもりも無く、これからも永く乗れるようにエンジンの寿命を延ばしたいということで、スーパーゾイルを添加することにしました。  

 
今回使用するスーパーゾイルは「スーパーゾイル for 4cycle」の効果をそのままに、成分を濃縮させることで、半分の使用量で同等の効果が得られる「スーパーゾイル ECO for 4cycle」です。 

オイル交換に必要な工具、用品の紹介 

スズキ純正のエンジンオイル4ℓとエンジンオイルフィルター、それにドレンボルトのワッシャーを準備しました。 

ドレンワッシャーは締めると潰れてオイルを漏らさないようにシールするワッシャーなので、毎回交換するのが基本です。 

廃油処理ボックスを使うことで古いオイルを染み込ませて燃えるゴミとして処理できます。また、廃油はガソリンスタンドやオイルを購入した用品店で引き取ってもらえることもあります。 

同時に、オイルの汚れをクリーンナップするためのパーツクリーナーとウエスも欠かせません。作業用のグローブは、ラテックス製のものが使い捨てできて便利です。 

今回はオイルとオイルエレメントをセットで交換するので、オイルフィルターの脱着を行うフィルターレンチも用意しました。その他、ドレンボルトをしっかり締め緩めできる工具であれば、メガネレンチでもソケットレンチもどちらかがあればOKです。 

また、ボルトの締め付けトルクを数値管理できる「トルクレンチ」があると、初心者はさらに安心です。 

バイクメンテビギナー女子がオイル交換に挑戦! 

エンジンオイルは温度が上がると柔らかくなって、抜けやすくなります。そのため、オイル交換時はエンジンが温まっている方が良いですが、火傷のリスクもあるので注意が必要です。 

まず、オイルを抜く前に車体をまっすぐに立てて、エンジンのクランクケースにある「サイトグラス(のぞき窓)」からオイル量の確認を行います。 

オイル量が大幅に多かったり、少なかったりする場合は、エンジンのトラブルである可能性もあるので、気を付けましょう。 

エンジンオイルを抜きます。 

ドレンボルトは、エンジン底部のオイルパンにあるはずです。ボルトにワッシャーが入っているので、見た目で判断できます。GSR750のドレンボルトはエンジンの前方方向についていました。 

14mmのメガネレンチを使用して緩めました。 

いったん緩んだら手でボルトを回して抜き取ります。オイルが勢いよく飛び出るので、床にこぼさないように気を付けてください!また、ボルトの落下にも要注意です。 

次にオイルフィルターを外します。フィルターレンチをセットしてから工具を使って緩めます。

少し奥まった場所にありますが、メガネレンチを使用して無事はずれました。

ドレンボルトとオイルフィルターが外れた状態で少し時間を置きます。車体を立てるなどすると、オイルパンの端に寄っていたオイルが出てくることもあります。 

オイルフィルターとドレンボルト締め付け前に座面の部分を綺麗なウェスで拭いておきます。この部分に砂利などが付着していると、密着が悪くオイル漏れの原因となります。 

新品のオイルフィルターのOリング部分に「スーパーゾイルラバーグリス」を塗布しておきます。こうすることで、締め付け時にOリングが捻じれて切れてしまう心配が無くなり、密着も良くなります。 

ラバーグリスが手元に無い場合は、新品のエンジンオイルを少量塗っておきます。 

オイルフィルターを締め付けますが、締めすぎると次回交換の時に緩みにくくなるので、締め付け具合に注意します。 

ドレンボルトはパーツクリーナーでネジ山を綺麗に掃除しておきます。 

新品のドレンワッシャーを組付け、やはりエンジン側の座面を拭いておきます。古いドレンパッキンがエンジンに張り付いて残っていると、ダブルパッキンとなり、エンジンオイル漏れの原因となりますので注意しましょう。 

ドレンボルトは最初は手で締まるところまで締めてから工具で締め付けます。バイクのオイルパンはアルミ製なので、締め付けすぎるとネジ山が壊れてしまいます。トルクレンチを使用すればメーカー規定のトルクで締め付けが可能です。 

マフラーに付着したオイルをパーツクリーナーで洗浄しておきます。 

GSR750の規定オイル量は3.4リットルなので、まずは2リットルのオイルを先に入れました。 

スーパーゾイルエコはエンジンオイル1リットルに対し、添加量は50mlとなります。ただ、スーパーゾイルはオイル成分でできているので、他の添加剤のように厳密に添加量を守らなくても効果の低下はありませんし、エンジンに悪影響が出ることもありません。 

オイル量は3.4リットルなので、スーパーゾイルエコは170ml使用します。

エンジンオイルに混ぜて注入します。 

オイルは多すぎても少なすぎても良くないので、レベルゲージのオイルレベルを注視しながら作業を進めます。 

オイルレベルを合わせたところで、エンジンを始動します。 

エンジンがかかるとオイルポンプが動いて、エンジン各部にオイルを圧送していきます。オイルラインにエアが嚙んでオイルが循環しない状態となると、メーター内の油圧警告灯が点灯して異常を知らせます。オイル交換後のエンジン始動時は必ず油圧警告灯の消灯を確認してください! 

アイドリングさせている時に、ドレンボルトやオイルフィルター周辺にオイル漏れが無いか確認します。排出したオイルで汚れたままだと、漏れたオイルなのかどうかわからないので、エンジン始動前に必ずオイル汚れを綺麗に掃除しておきましょう。 

2~3分アイドリングさせたらエンジンを停止し、各部に回ったオイルがオイルパンに戻ってくるまでしばらく待った後、再度オイルレベルを確認します。 

新品オイルフィルターにオイルが回ることで、オイルレベルは若干低下しているはずなので、その分を補充し、再度エンジンをかけます。 

最後にオイルレベルの最終確認をして作業は完了となります。 

オイル交換作業は無事終了!

メンテビギナーの2人ははじめてのオイル交換作業をスムーズに終えることができました。

すぐに体感できたスーパーゾイルの効果!

オイル交換後、さっそくGSR750オーナーに試乗してもらいました。

スーパーゾイル添加後、明らかにシフトタッチがソフトになり、今までよりスムーズにギアチェンジができるようになりました。 

バイクのミッションは「ドグ」と呼ばれるミッション同士が勘合する部分が摩耗すると、ギア抜けと呼ばれる症状を起こします。バイクのミッションを交換するには、ほとんどの場合エンジン全バラが必要となり、多大な部品代と工賃がかかるので、ミッション故障=廃車となるケースも多いです。 

こうした事態を防ぐために、丁寧なギアチェンジと金属表面を再生し、スムーズな作動を実現するスーパーゾイルは効果的だと言えます。 

また、エンジンのパワーを維持するにはコンプレッションの低下を防がなければなりません。 

シリンダーの摩耗によって圧縮が低下すれば、それに伴ってエンジンパワーが落ちていきます。同様に潤滑不足による カムやロッカーアームなどの摩耗はエンジン異音の原因となります。 つまり、摩耗を防ぐことこそ、好調なエンジンコンディションを保つの秘訣となるのは言うまでもありません。 

だからこそ、スーパーゾイルによって、金属表面をミクロのレベルで再生し、平滑化することで摺動抵抗を減らせば、摩耗を抑えられることは間違いないのです。 

今度のオイル交換にスーパーゾイルを使ってみよう!

オイル交換はショップ任せという人も、一度自分で作業に挑戦してみてはいかがでしょうか? その際はスーパーゾイルを使ってみることをお勧めします。

作業の手順はこちらの動画でもご覧いただけます!

作業の手順を動画でもチェック !

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次