MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

カジュアルに着られるhit-airのバイク用エアバッグジャケット。季節を問わずおトクに使える「転用システム」とは?

愛車投稿募集中

【Brand PR】
二輪用エアバッグは以下イラストのように、事故や転倒でライダーがバイクから投げ出された時に膨張して衝撃から守ってくれる装備だ。

ライディングジャケット(プロテクター)の防護性にエアバッグの衝撃吸収性がプラスされるため、安全性はきわめて高い。
…のだが、昔ながらのイメージで「着ぶくれする」「デザインがワンパターン」「高価」といったネガティブ要素があるためか、一般ライダーへの普及はまだこれからといったところだ。

しかし、そんな過去のネガティブな要素をなくしたスタイリッシュなエアバッグ内蔵ジャケット「HDS」が2024年に無限電光から登場。
これを期にライダーへの普及は一気に高まりそうだ。

そんな人気モデルとなったHDSだが、進化はまだ終わらない。
HDSを夏場のライディングに対応させたモデル「HDS-Mesh」と「MX-9」が間もなく登場予定なのだ。

HDS-Mesh
MX-9

【HDS-MeshとMX-9の特長】
・ストリートやアウトドアでも違和感のないデザイン
・夏場も快適なライディングが楽しめるメッシュ構造
・「転用システム」でリーズナブルに1年中使える

目次

無限電光のhit-air(ヒット・エアー)とは?

無限電光は名古屋に拠点を置く日本のメーカー。
同社が手がけるエアバッグジャケットのブランドが「hit-air」だ。

余談だが、エアバッグは2018年にMotoGPで着用が義務化。
2020年に国内のMFJ公認競技会(全日本・地方選手権)において18歳未満のライダーにエアバッグの義務化がスタートし、それ以降各サーキットが独自に義務化ルールを設けるなど、エアバッグはサーキットではスタンダードになりつつある。

それらの大半のユーザーがhit-airを装着し、これまで多くのライダーを転倒のダメージから守ってきた。安全性・信頼性の高い装備である。

無限電光は着用が義務化される20年前(1998年)に世界で初めてバイク用エアバッグジャケット「hit-air」を完成させた老舗であり、レース用はもちろん、ストリート用にも安全性の高いエアバッグシステムを提供し続けている。

hit-airのニューモデル「HDS-Mesh」「MX-9」

HDS-Mesh(グレー)

今回新発売される2モデルは夏場のライディングを想定したメッシュジャケット。
発売は2024年6~7月予定だ。 

HDS-Meshはカジュアルなパーカースタイルで、メッシュ穴を大きく設計することで通気性を高めたストリートモデル。

MX-9はスポーティなライダーススタイルで、メッシュ穴を小さく(細かく)設計することでハイスピードクルーズに対応させたモデルになっている。

MX-9(左)とHDS-Mesh(右)のメッシュの違い

いずれも肩・ヒジ・脊椎にプロテクターを標準装備。
別売りの胸部プロテクターを追加したり、より防護性の高い脊椎パッドに交換したりできる。

胸部プロテクター
CE規格脊椎パッド

HDS-Mesh フーデットエアバッグメッシュジャケット

フードは好みに合わせて取り外し可能

【エアバッグ展開時】

サイズS~3XL
CO₂カートリッジサイズ50cc
プロテクターCE規格 EN1621-1 肩肘プロテクター、脊椎ソフトパッド
カラーグレー、ダークグレー、ブラック
素材表地:ナイロン/裏地:ポリエステル(メッシュ)/エアバッグチューブ:ポリウレタン
発売予定2024年6~7月
本体予価6万3,800円(税込)
グレー
ダークグレー
ブラック

MX-9 エアバッグメッシュジャケット

【エアバッグ展開時】

サイズM~4XL
CO₂カートリッジサイズ50cc
プロテクターCE規格 EN1621-1 肩肘プロテクター、脊椎ソフトパッド
カラーブラック/レッド、ライトグレー、ダークグレー/イエロー
素材ナイロン(表地)、ポリエステル(裏地)、ポリウレタン(エアバッグチューブ)
発売予定2024年6~7月
本体予価6万4,900円(税込)

新機能「hit-airエアバッグ転用システム」とは?

「hit-airのジャケットタイプを着たいけど、シーズンごとに買いそろえるとコストが…」というユーザーに向けた新機能だ。

この転用システムのポイントは、内蔵されているエアバッグシステムは、どのモデルも同じ形状で付け外しが可能だというところ。

つまり今回紹介した「HDS-Mesh」や「MX-9」を夏用に購入すれば、冬用の同社製アウター(アウター単体購入も可能)にエアバッグシステムだけを移植することができる。

一見高価に感じる同社製品だが、アウター単体なら他社のライディングジャケットと同等の価格で購入可能。

一度エアバッグシステムを購入してしまえば、入れ替えることで季節を問わず着用ができる。
これが「エアバッグ転用システム」だ。
対応モデルはHDS、HDS-Mesh、MX-9で、今後販売予定のジャケットモデルすべてに同システムを導入予定とのこと。

さらに、エアバッグのメンテナンスチェックは無限電光の「hit-air CARD」に登録すると、なんと3年間無料(送料別途)で受けることができる。

長期の使用も安心できるhit-airのエアバッグシステムを、ぜひチェックしてみよう。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次