MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

実証実験中の機体に乗ってみた【電動キックボードのある生活】

  • URLをコピーしました!

SUMRiDE」は、好きなポートで電動キックボードのレンタル開始して、移動先の手頃なポートで返却可能なシェアリングサービスだ。
現在、SUMRiDEのシェアリング網は千葉市・大阪市のみに留まるが、順次エリア拡大を予定しており、あなたの町にも専用ポートが設置される日も遠くない。

今回はそんな電動キックボードSUMRiDEの実証実験機体を千葉県幕張で試してきた。

目次

レンタルにあたっての手続きは1~2分と簡単!

SUMRiDEを利用するには、LINEの友達登録を行うだけでOK。国内のLINE利用率は8割を超えており、電動キックボードの利用者層を考えるとほぼ全員のスマホにLINEは入っていると考えていいだろう。
この手のシェアリングサービスは、利用のために自社アプリの導入を勧めてくるケースも多いが、SUMRiDEにはそういった煩わしさはない。

LINE経由で免許証とクレジットカードの登録を済ませ、道路走行の簡単なテストに答えるだけで利用を開始することができる。
テストは道交法の基本的なルールの確認なので、わたしは100点だった。

実証実験では、基本的には車と同じ規則が適用される

千葉市で行われている実証実験ではいわゆる原付のルールではなく、基本的には車の規則(小型特殊自動車)が適用される。

車のルールとなるため、右折時は原付の様に二段階右折をする必要はない。
法定最高速度は15km/hなので少々ドキドキするが、手押しで歩道を歩くこともできるので、危険を感じる時は歩行者と同じ様に横断歩道を渡るのがいいだろう。

この爽快感、これからの季節にピッタリ!!

乗ってみてのファーストインプレッションは「これは確かに気持ちがいい!」
幕張の大通りを避けて交通量の落ち着いた道路で試したが、操作方法は簡単ですぐに慣れることができたし、なにより心地よい風を感じられて爽快感があった。

SUMRiDEのポートは海浜幕張や検見川浜、そして稲毛海岸駅などに設置されており、2~3kmの移動にはとても勝手が良い乗り物だろう!

ママチャリに抜かされるスピード感

最高スピード15kmまで。

走行して3分もたたない内にキックボードを乗りこなすことができたが、走り出してから10分でたくさんのママチャリに抜かされてしまった……。
バイクや車のスピードに慣れていると最初は残念に思うかもしれない。しかし、意外とこのスピード感が程よく落ち着いており、まわりの風景を楽しみながら走るには最適な速度と言える。

車道外側線の走行って、、

電動キックボードは道路の左側を走行するわけだが、まず実感するのは路側帯付近は想像以上に凹凸が激しいということ。
SUMRiDEの電動キックボードは、10インチタイヤなので凹凸が激しい場所ではそれなりに衝撃を感じる。

市販されている電動キックボードの公道走行可能モデルの中にはサスペンションがないものや、タイヤ径がさらに小さい機種もあるが、この路面の凹凸は厳しいのではないだろうか……。

現在は、電動キックボードは新しい乗り物ということで、ネットの書き込みなどでも批判的な意見が散見される。
ただし電動キックボード以外にも、自転車の並走や歩道走行、スマホのながら運転、傘を持っての走行、車のスピード違反、路駐の常態化など、ルール違反は様々なモビリティで発生している。
この試乗で、改めてモビリティ全般の安全面や走行ルールについて見直すきっかけとなった。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次