MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

バイク用品選びのコツを伝授! ライディンググローブ・特徴&製造編【フラッグシップ・ライディングギア・ラボラトリー】

  • URLをコピーしました!

みなさんこんにちは。
フラッグシップの上野です。

ライディングで欠かせないギア・グローブ。

今回はグローブの細かな部分に着目してお話していきましょう。

目次

オートバイ用のグローブで重要なポイントとは?

オートバイ用のグローブで重要なポイントはズバリ、安全性と装着感の両立です。

じゃ 安全性ってどんなんよ?となりますよね

前回のナックルパッドもそうですが、

転倒時、手のひら側から手を着いた時に

スライドさせる事で衝撃を逃すパッド(パームスライダー)があったり

手のひら側は摩耗に強い生地(レザーや人工皮革等)を使ったり

指先にPVC(ポリ塩化ビニル)をつけたり

といったものが、基本的なオートバイ用グローブの安全装備となります。

価格が高い理由はなぜ? 他のグローブで代用したらダメなの?

オートバイ用のグローブは安全性と装着にこだわっているのは分かっていただけたかと思います。
しかしながらオートバイのグローブって値段高いよね?ともよく言われます。

安全性を高めるパーツ類が必要になるうえ、
他にかなりの数のパターン(型紙)によって構成され作られているからなんです。 

型紙から金属の抜き型を起こして作られる物がこちら。これを金型と言います。

こういった金型をプレス器で生地を抜きます。

抜いたパーツを一つ一つ縫製して……

合体させ一つのグローブへとなるわけなんです。

異種素材との組み合わせや、各パーツとの組み合わせに手間がかかり複雑です。

例でいうと操作性、装着性をよくするために、指のサイドをストレッチにしたり
曲がりをよくするためシャーリング(蛇腹になってるとこ)を施しています。

なおかつ各メーカーさんのこだわりや、ノウハウが入ってくるのでより工程が増え複雑になるんです。

いま人気のワーク系ショップで販売されているオートバイ用ではないグローブは、
細かい操作性を考慮しているものよりも、保護性能(耐油、耐熱、耐寒など)に特化しているものがほとんど。
それらグローブは繊細なクラッチ操作やブレーキ操作には不向きです。

快適で安全なライディングを楽しむためにも、オートバイ用の製品を選びましょう。

縫製には熟練の技が必要!

多数のパーツからできているオートバイ用のグローブは立体裁断なので、
経験と熟練した技術がないと出来ません。

ちなみに、弊社のライディンググローブの主な生産国は中国です。
上海から長江を渡った辺りのところで量産しております。

上海と言えば 上海蟹!!

ですが上海蟹はとても高級な食材なんです。 ほんと気軽に食べる物ではないらしいです。
で、私も工場に行った時、せっかくだから「こちらでよく食べる物を食べたいです!! 」とお願いをしたところ…… 

ではザリガニを食べましょう!!

となりました。 
これがその料理……

うん ザリガニ。 まんまです。

肝心なお味は 塩茹でした海老そのもの!! 「あれ!? これ美味しい・・。」

その時、白酒(バイジョウ)というアルコール度数の高いお酒を飲んでアッパラパアになっている頭でも、その美味しさは覚えてます(笑)。

子供とザリガニ釣りをした時に、ふと、このザリガニ食べられるじゃね? と思いますが、
今のところそこには手を出さずにすんでます……。 

そんな思い出の工場、次に行けるのはいつになることやら。

繊細な感覚を持つ指先だからグローブ選びは慎重に!!

グローブからだいぶお話がそれてしまいました(笑)。
最後に話を戻すと、

見えているところ以外にもこだわりを持って作っているグローブ。
ぜひ、お店で試着してみてください。

2回目ですが、

手の感覚は騙せません!!

 各メーカーさんの特徴が感じ取れるはずです。
そんな、グローブのお話でした。

次は『バイク用シューズ&ブーツ類のフットウェア』のお話をしたいと思います。

今回も読んでいただきありがとうございました。

【FlagShip・フラッグシップ】
オートバイ専用のジャケット、パンツ、グローブなどのウエア類からバッグ、アクセサリーまで幅広くライディングギアをラインナップしているFlagShip(フラッグシップ)。 エルフ(ELF)の日本正規販売元オフィシャルメーカーでもある。

【執筆者・FlagShip企画室 上野時夫】
ライディングジャケットはもちろん、バイクでライディングする時に使用するギアに至るあらゆるものの企画を担当。素材から製造まで幅広い知識をもつ。
初めてのバイクは国産アメリカン。そこからなぜか旧車に目覚めAT90なる1965年生の90cc2サイクル2気筒の謎なバイク(音が最高でした……)を所有経験あり。その他にも色々乗り、大型自動二輪免許を取得してからはアメリカンに再び戻りハーレー・ダヴィッドソンを経て、これまた何故かオフロードに目覚める。現在WR250Rとカブを所有。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネch開設記念キャンペーン中

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次