MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ホンダ EV「e:Nシリーズ」向けバッテリーの長期安定調達実現に向け始動

  • URLをコピーしました!

本田技研工業株式会社は、中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司が、世界最大手の電気自動車用電池メーカーであるCATL(宁德時代新能源科技股份有限公)より、2024年から2030年までの7年間で、合計123GWh分のEV「e:N(イーエヌ)」シリーズ用バッテリーを安定的に調達すると発表した。2社は、2020年に新エネルギー⾞⽤バッテリーに関する包括的戦略アライアンス契約を締結し、バッテリーの共同開発、安定供給、リサイクル・リユースといった幅広い領域を対象に協業してきた。同バッテリーは、CATLが現在建設を進める宜春工場にて集中生産される予定である。これにより、2027年までにe:Nシリーズを10車種投入し、EV販売を拡大していくとしている。

目次

中国においてEV用バッテリーをCATLから長期安定調達

~EV「e:Nシリーズ」向けバッテリーを2030年までに123GWh調達~

Hondaの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司(本社:北京 総経理 井上勝史)は、2022年12月8日現地時間16時(日本時間:17時)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします

Hondaは中国において、宁德時代新能源科技股份有限公司(以下、CATL)より、2024年から2030年までの7年間で合計123GWh分のEV(電気自動車)「e:N(イーエヌ)」シリーズ用バッテリーを安定的に調達します。

HondaとCATLは、2020年に新エネルギー⾞⽤バッテリーに関する包括的戦略アライアンス契約を締結し、バッテリーの共同開発、安定供給、リサイクル・リユースといった幅広い領域を対象に協業してきました。2022年11月には、中国においてe:Nシリーズ向けのバッテリーをCATLから一括調達する新会社「衆鋭(北京)貿易服務有限公司(HDG(Beijing)Trading Service Co., Ltd)」を設立しています。

Hondaは中国でのEV販売拡大に向け、EV用のバッテリーを安定調達する取り組みの一環として、2024年から2030年までの7年間で、この新会社を通じて、CATLから合計123GWh分のEV用バッテリーを調達します。このバッテリーは、CATLが現在建設を進める宜春工場にて集中生産される予定です。

Hondaは中国において、2027年までにe:Nシリーズを10車種投入し、EV販売を拡大していきます。2050年カーボンニュートラルの実現に向け、Hondaはバッテリーの安定調達も含め、今後もバリューチェーン全体で電動化に取り組んでいきます。

  • ※中国において政府が普及を促す電気自動車・プラグインハイブリッド車・燃料電池自動車を指す。

リリース提供元:本田技研工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次