MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【スズキグループ初】再生可能エネルギー由来電力の調達を開始

  • URLをコピーしました!

スズキのインド生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社(以下、SMG)は2022年5月、スズキグループとして初めて、電力事業者がSMG敷地外に設置する発電設備から電力を購入するオフサイトコーポレートPPA※の仕組みを利用して、再生可能エネルギー由来電力の調達を開始した。

目次

スズキ、インドでの再生可能エネルギー由来の電力使用を拡大

スズキは、カーボンニュートラルの実現に向け、インド四輪工場において、再生可能エネルギー由来の電力使用を拡大します。

スズキのインド生産子会社スズキ・モーター・グジャラート社(以下、SMG)は2022年5月、スズキグループとして初めて、電力事業者がSMG敷地外に設置する発電設備から電力を購入するオフサイトコーポレートPPA※の仕組みを利用して、再生可能エネルギー由来電力の調達を開始しました。

※PPAは、Power Purchase Agreement(電力購入契約)の略。

発電設備は風力と太陽光のハイブリッド型(発電出力17.6MW)で、インド再生可能エネルギー事業者大手ReNew Power Private LimitedがSMG専用として設置しました。今回の取り組みにより、CO2排出削減量は年間約59,000トンを見込みます。
尚、SMGが2018年に敷地内に設置した太陽光発電設備では、0.5MWを発電しています。

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社においては、2014年にマネサール工場敷地内に太陽光発電設備を導入して以来、再生可能エネルギー由来の電力を活用しています。2021年9月に、マネサール工場敷地内の太陽光発電設備(20MW)の拡張を行い、発電出力を26.3MWまで拡大しました。今回の拡張によるCO2排出削減量は年間約20,000トンを見込みます。

マネサール工場のモータープールの頭上に設置したソーラーパネル

スズキは中期経営計画において、2050年での製造時CO2排出量ゼロの実現を目指しています。今後も、再生可能エネルギーの利用拡大、省エネルギーの推進、日々の改善活動等を通じて、CO2排出量を削減してまいります。

リリース元:スズキ株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる