MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ファルケン、ニュルブルクリンク24時間レースにて、総合9位で完走

  • URLをコピーしました!

住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパは、5月26日から29日にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース『ニュルブルクリンク24時間レース(正式名称:ADAC TOTALENERGIES 24H NÜRBURGRING)』にFALKEN(ファルケン)モータースポーツチームとして参戦し、「Porsche 911 GT3R」33号車が総合9位で完走したことを発表した。

参戦したポルシェ車両の中では最高位の順位となり、またFALKENモータースポーツチームがトップ10に入るのは2014年以降9年連続となる。

目次

『ニュルブルクリンク24時間レース』でFALKENモータースポーツチームが総合9位で完走

住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパは、5月26日から29日にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース『ニュルブルクリンク24時間レース(正式名称:ADAC TOTALENERGIES 24H NÜRBURGRING)』にFALKEN(ファルケン)モータースポーツチームとして参戦し、「Porsche 911 GT3R」33号車が総合9位で完走しました。

参戦したポルシェ車両の中では最高位の順位となり、またFALKENモータースポーツチームがトップ10に入るのは2014年以降9年連続となります。

FALKENモータースポーツチームは、「Porsche 911 GT3R」33号車が25番手、同44号車が33番手からのスタートでした。本年のレースは快晴の空の下スタートしましたが、日中と夜間の路面温度の急激な変化や二日目の突然の降雨など、激しいコンディション変化の中でのレースとなり各所でクラッシュが多発しました。

過酷なコースと厳しい環境が重なり完走すること自体が難しいレースでしたが、FALKENタイヤは、ドライ・ウエットグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さを発揮しました。その結果、33号車は24時間、距離にして約3,984キロメートルを走り総合9位で完走を果たしました。

なお、44号車および「SP3T」クラスで参戦していた「スバルテクニカインターナショナル」の「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2022」はリタイアとなりました。

リリース元:住友ゴム工業株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる