MENU
モトメガネ バイク買取一括査定

カテゴリー
公式SNS
モトメガネ楽天市場でバイク&キャンプ用品購入
オリジナルフリーペーパーが貰える!チェック!

乗りこなす喜びがあるジャジャ馬バイク Vストローム1050DE【バイク買取調査隊】

愛車投稿募集中

「より快適に」、「より扱いやすく」、「より楽しく」ロングツーリングでの快適性、Vツインエンジンの心地よい鼓動と力強さ、軽快なハンドリングにタフなボディライダーが自由自在に操れるスポーツアドベンチャーツアラーです。 新世代のVストローム1050DEで新たな冒険が始まります。

目次

Vストローム1050DEの車種プロフィール

Vストローム1050DEには、最新のスズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S.)を搭載。路面の変化やライダーの好みに合わせ最適な設定を提供。ライダーが求めるニーズに合わせたパフォーマンス特性を最適化しています。ライディングに集中できるようS.I.R.S.がアシストすることで、ライダーの疲れを軽減し、走る楽しさをさらに感じることができます。

Vストローム1050DEを高く売るならモトメガネバイク買取!

軽快な走りが楽しめるVストローム1050DE。この車両をより高く簡単に売りたいのなら『モトメガネバイク買取』がおすすめ! 買取店からの電話が最大3件のみで、営業電話のラッシュがないことが大きなポイント。WEBでの事前査定では、必要事項を記入するだけでできるため面倒な車両の撮影が不要。多数の買取加盟店が参加しているため、より高い金額で買い取ってもらえるのだ

バイクインプレ

本日はスズキのVストローム1050DEに試乗します。大型のアドベンチャーバイクは19インチフロントタイヤが主流になっていましたが、ここ最近はフロント21インチが復活しているのでオールドファンとしては嬉しく思います。

足つき

それではVストローム1050DEの外観スペック装備などを確認しましょう。全長2390mm・全幅960mm・全高1505mm・ホイールベース1595mm・最低地上高190mm・シート高880mm・装備重量252kgです。アドベンチャーモデルの大排気量車なので車高が高く、乗り手を選んでしまうのは致し方ありません。

タンデムシート下にはわずかなスペースがあり、ETC 車載器や交換用のグローブなどを収納できそうです。荷物の積載やトップケースの装着を想定した強固なキャリアは標準装備されています。

エンジンは水冷 4ストローク 4バルブ DOHC 90度V型 2気筒。ボア&ストローク100mm×66mm・圧縮比11.5・最大出力106ps/8500rpm・最大トルク99N・m/6000rpm。バルブ駆動は今では珍しいギアとチェーンの併用セミカムであるギアトレイン方式を採用しています。

スロットルは電子制御式でパワフル&トルクフルながら、ライダーの意思通りに反応するキャラクターを実現しています。メインフレームは TL系の流れを継ぐダイヤモンドタイプのアルミフレームが奢られています。

フロントサスペンションは、KYB製の倒立タイプのテレスコピック・フロントフォーク、インナーチューブ径は43mmでプリロード伸び側厚側のダンパー調節が可能です。リアはリンク式モノショックとロングタイミングアームの組み合わせで、こちらはプリロードと伸び側のダンパー調節が可能です。

フロントブレーキは対向4ピストンのTOKICO性ラジアルマウントモノブロックキャリパーを採用したセミフローティングタイプのダブルディスクブレーキ。リアは260mm径のシングルディスクブレーキで、こちらはTOKICO製ワンポッドキャリパーを採用しています。左右のステップには着脱可能なラバーを装着し、バンクセンサーはやや長めに取られています。

プロテクション効果の高いナックルガードは標準装備。ブレーキ&クラッチレバーの両方に角度調節のアジャスターが装着されています。電子制御サスペンションを除けば、現在考えられる電子装備が満載です。

スイッチボックスはシンプルで操作性は良好。右手側スイッチボックスにはクルーズコントロールのオンオフスイッチがあります。多彩な機能を制御操作するため、メーターパネルは TFTのカラー液晶を採用しています。ウインドスクリーンは走行時にヘルメットに干渉しないよう、ショートタイプが装着されています。また、工具は必要ですが高さ調節が可能。内側にはアクセサリーをクランプするためのバーが装着されています。タンデムシート下から12Vの電源を取り出せるなど、ツーリングユースに配慮されています。

走り

それではいつもの峠道を走ってみたいと思います。ギアは3速でスピードは35㎞/hで走っています。まずはエンジンの低回転域の粘りを確認します。この速度から一気に6速にシフトアップしました。通常のエンジンよりもギアが多く噛み合っているフィーリングです。おそらくセミカムギアトレインの音だと思いますが、シュルシュルルルというようなサウンドも混じっています。

峠道の上りが始まったので、ギアを落として少しエンジンを回してみたいと思います。一番元気のいいAモードで走行。3速までシフトダウンしました。アップダウン両対応のクイックシフターを搭載しているので、峠道でのシフトチェンジは楽勝です。やはり90度V ツインということで、シリンダー配列によって振動がキャンセルされるレイアウトになっているので、ギアチェンジはとてもスムーズです。基本設計自体は古いですが、このエンジンは一線級で素晴らしいフィーリングだと思いました。

「大きなアドベンチャーに乗りたい」というライダーには、最適な一台だと思います。本格的なオフロードは難しいですが、フラットダートなら問題なく走ることができます。時には脇道に入り込んで冒険家気分を味わってください。

※当記事は動画「MOTO BASIC」協力のもと、モトメガネが編集構成したものです。

簡単でより高くバイクを売却したいなら『モトメガネバイク買取』!

乗っていないバイクがあり、それを〝売却しよう〟と思った時、簡単でより高く売れるサービスを利用したいのは、バイク乗りなら誰しもが思うもの……。

とはいえ、一括査定サービスだと営業電話のラッシュで時間を取られそうだし、一社だけの買取査定だと相場よりも安く買われてしまうのではないか?という心配がつきまとう。

そこで、両サービスのいいところを持ち合わせた「モトメガネバイク買取」がおすすめなのだ!

①簡単に申し込める!

WEBで事前査定を行なうのだが、その際に車両の撮影が不要で、必要事項を記入するだけでOK!
記入した情報をもとに、全国のバイク買取店がその査定を元に入札する。

②多数の買取加盟店が参加!

車両の入札は、多数の買取加盟店が参加しているためより高い金額で買い取ってもらえる。一社のみだと提示された買取金額で本当に良いのか悩むところだが、全国の買取加盟店が参加しているので、より高い金額で車両を売却できるというわけ。

③買取店からの連絡は最大3社のみ!

全国のバイク買取店がその査定を元に入札し、事前の入札で高額査定をつけた最大3社が連絡をしてくるという仕組み。
営業電話のラッシュがないことは大きなポイントだ。

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

カテゴリー

モトメガネ バイク買取一括査定

目次