MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

【動画あり】触媒付き!? 煙と匂いを軽減した異端系ストーブを要チェック

  • URLをコピーしました!

造船・配管施工・溶接など〝鉄〟を扱うスペシャリストが集結する株式会社興栄企画。
その職人たちのこだわりがギュッと凝縮されたのが、おうちで料理を楽しむ焚き火ギア『タキビクッカー』。

応援購入サイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で応援購入が開始されているのでキャンプ好きなら要チェックだ!

目次

タキビクッカーとはどういうもの?


2018年〝持ち運べる焚き火ギア〟として誕生した『TAKI BE CAN(タキビーキャン)』。
その兄貴分となる〝おうちで料理を楽しむ焚き火ギア〟『TAKI BE COOKER(タキビクッカー)』が登場した。

自宅の庭でも焚き火が楽しめるよう、火の粉の飛散を防ぎ、煙が出にくい構造を採用。
天面と庫内を使って料理ができるようになっている。
注)屋外専用品。

天面がコンロ、内部をオーブンとして使える!

五徳マークが印字された天面部分はコンロがわりに使える。
鍋を置き煮込み料理などに最適だ。

庫内は取り外し可能な網がセットでき、オーブンとして使用可能。
28cm×28cmの一般的なMサイズのピザはもちろん、スキレットを載せたり、ダッチオーブンでパンも焼ける!

地面へのダメージを防ぐ遮熱板は、料理を保温するスペースとしても使え非常に便利だ。

製品の特徴

①耐熱ガラスの窓で火の粉が飛ばず炎を楽しめる

焚き火の最中に薪が爆ぜたり、火の粉が飛ぶことがある。しかし、耐熱ガラスの窓があることで、炎のゆらめきを楽しみつつ、それらが飛散するの防ぐことができる。

②触媒付き煙突で煙が出にくい

煙突の最下部には車の排気管にも使われる”触媒”を装備。白金触媒による化学反応で煙や匂い、CO(一酸化炭素)や有害物質を軽減させる。また、煙突の内部は2重構造になっていることで、上昇気流(煙突効果)が起こりやすくなり燃焼効率を上げている
煙突は差し込むだけの簡単取り付け。

③煤汚れなども簡単に拭ける全面ホーロー

『タキビクッカー』は全面がホーロー加工されている。ホーロー仕様ならではの淡い色のカラーラインナップを実現。さらに、煤汚れなどを簡単に拭き取れるメンテナンス性にも優れている。

④火力調整楽々自在


本体側面には火力調整窓があり、開閉することで炎の勢いを調整できる。

製品スペック

脚を折り畳み、煙突は全て庫内に収納可能。

組立時サイズ:約 W335 × H1,480 × D540(mm)
収納時サイズ:約 W335× H370 × D460(mm)
重量:約 20.5kg(遮熱板を含む)
材質:スチール(一部ホーロー)、ガラス

リターンについて

セット内容

製品についての注意

・本製品は屋外での使用を目的として設計。室内やテント内での使用はできません。
・薪ストーブが使用可能な場所か自治体に確認し、周囲に配慮しながら使用してください。
・触媒は煙や匂いを完全に消せるわけではありません。着火時の庫内があたたあるまでの間や、薪の乾燥度合い・種類によっても煙の出方は変わってきます。
・遮熱板は完全に熱を遮る物ではありません。燃やす薪の量や使用時間など条件によって温度は変わります。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる