フリーペーパー「モトメガネ」秋号配布中!CLICK!

TBSドラマ「ドラゴン桜」にCABALLERO スクランブラー250が登場

4月25日(日)夜9時より放送開始となったTBSドラマ「ドラゴン桜」にて、FANTIC CABALLERO SCRAMBLER250 が使用される事となった。

目次

話題のドラマ「ドラゴン桜」にスクランブラー登場

モータリスト(東京都大田区)が日本の総輸入販売元として提供するイタリア・ファンティック・モーター社(Fantic Motor SPA)が製造するオートバイ、ファンティック・キャバレロ・スクランブラー 250 が、話題のドラマ「ドラゴン桜」に登場。

FANTIC-dragonzakura

すでに予告編や本編でその姿をご覧になっている方も多いのではないだろうか。
4月25日(日)夜9時に初回拡大版が放送され、その後毎週同時刻、ゴールデンタイムの「日曜劇場」枠を使って制作・放送される「ドラゴン桜」。

前作は、2005年に放送、原作漫画のヒットと共に話題作となった。今作では、前作の15年後を描く「ドラゴン桜 2」を原作としながらも、ドラマならではのオリジナルエッセンスを加え、新しい展開が期待されている。

FANTIC-dragonzakura

ドラマ中の時代背景は前作から16年後。
詳細はTBSの公式サイトに譲るが、前作同様、弁護士の主人公・桜木健一が落ちこぼれの高校生を東大合格に持ち込む骨子は生かしつつ、合格のためのメソッドを現代に即してアレンジ。
多彩な若手俳優に囲まれながら、骨太の人気ドラマとなる期待が高まっている。

FANTIC-dragonzakura

ファンティック・スクランブラーは、その拡大放送となる第1回から派手に登場。
主人公自らがスクランブラーを駆るシーンも見られるなど、ドラマの主役に花を添える存在となる。

近年のドラマではオートバイが登場するシーンが見られるのも貴重だが、スクランブラーならではの鮮やかなスタイル、映像映えするデザインに現実的に使いやすく高校生が操っていても十分におしゃれで魅力的なマシンであることも、ドラマの小道具として選ばれた一因だろう。
特に話題の第1話では、そのスクランブラーが舞台となる高校の廊下を駆けるシーンもあり活躍が楽しみだ。

FANTIC-dragonzakura

「ドラゴン桜」はTBSテレビのプライムタイム、日曜劇場として毎週日曜日夜9時からの放送。
ファンティック・スクランブラーは第1話のみならず、その後もストーリーの中で活躍していく予定。お見逃しなく!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる