MENU

【スズキ】ラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」をマイナーチェンジして7/6日より発売

スズキ株式会社は、エレガントなスタイリングと快適性、充実した収納、動力性能を兼ね備えた400ccのラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」をマイナーチェンジして、2021年7月6日より発売する。

「バーグマン400 ABS」は、国内初の400ccスクーターとして1998年に発売して以来、高い走行性能や快適な乗り心地、洗練されたスタイリングで好評を得ていた「スカイウェイブ400」の全面改良モデルだ。2017年に車名を「バーグマン400 ABS」に変更。洗練されたスタイリングと快適性を維持しながら、スリム、スポーティーで軽快な印象のデザインとし、リンク式モノショックリヤサスペンションを採用、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプにLEDを採用した。

今回、新たにトラクションコントロールを装備し、エンジン出力を効率よく路面に伝えることが可能になった。また、エンジンにスズキデュアルスパークテクノロジー※を採用し、燃焼効率の向上を実現。新しい触媒システムを採用することで、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応した。

※1気筒あたり2本のスパークプラグを持ち、高い燃焼効率を実現。スムーズな出力特性と高い燃焼性能、排出ガス低減に貢献している。

主な変更点

・トラクションコントロール装備
・スズキデュアルスパークテクノロジーの採用
・イージースタートシステム装備
・平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応
・車体色:3色
 マット銀「マットソードシルバーメタリック」(QKA)
 黒「マットブラックメタリックNo.2」 (YKV)
 灰「ソリッドアイアングレー」 (YUD)

スズキ バーグマン400ABS マット銀「マットソードシルバーメタリック」(QKA)
マット銀「マットソードシルバーメタリック」(QKA)
スズキ バーグマン400ABS 黒「マットブラックメタリックNo.2」 (YKV)
黒「マットブラックメタリックNo.2」 (YKV)
スズキ バーグマン400ABS 灰「ソリッドアイアングレー」 (YUD)
灰「ソリッドアイアングレー」 (YUD)

「バーグマン400 ABS」の主な特長

■デザイン
「バーグマン クーペ」をコンセプトにデザインされた、スポーティーなクーペのようなスタイリング。
機敏な走りをイメージし、スリム、スポーティーで軽快な印象のフロントとリヤのボディデザインとした。
1)LED を採用したバーグマンシリーズ共通イメージの左右二灯ヘッドランプ
2)エレガントさと軽快な印象を与えるシャープでスリムなLED リヤコンビネーションランプ
3)流麗なフォルムを引き立てる上向きにデザインされたマフラー

■装備
厚みに定評のあるクッションを採用し、快適性をサポート。ヘルメットなどの用品を収納できる 42Lのシート下トランクスペースと、グローブなどの小物の収納に便利なハンドル下左右のスペース。右側には12V のアクセサリーソケットを装備。

■エンジン・車体
・デュアルスパークテクノロジーを新たに採用した399cm3DOHC エンジンにより、燃費性能を向上しながら、二人乗り時でも余裕のある走行フィーリングを実現。
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動するイージースタートシステムを新たに採用。
・リンク式モノショックリヤサスペンションを採用。快適性とスポーツ性能を最大限に両立し、ひときわ優れた操縦性を発揮。
・スリムな車体や外装は、操縦性が良く、特に狭い道などでの走行時に貢献。
・シートとハンドルの位置は、快適でスポーティーなライディングポジションを実現。
・スリムなシートと左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによる良好な足つき性。
・15インチフロントホイールによる高い操縦安定性。

■電子制御
・新たにリヤタイヤのホイールスピンを検出した際、速やかにエンジン出力を低減するトラクションコントロールシステムを搭載。エンジン出力を効率よく路面に伝えることが可能になり、より快適なライディングを楽しむことができる。

スズキ バーグマン400ABS トラクションコントロールシステム図
商品名メーカー希望小売価格発売日
バーグマン400 ABS (AN400AM2)¥847,000(税込)2021年7月6日
*価格(リサイクル費用を含む)には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。

スズキ バーグマン400 ABS 公式ページ:https://www1.suzuki.co.jp/motor/lineup/an400am2/?page=top

リリース:株式会社スズキ二輪

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

様々な職種を経験した後にこの仕事に辿り着いた、ただのバイク好き。ツーリングとキャンプとコーヒーが好き。最近はキャンプ道具ばかりが増えて、実践する機会が少ないことが悩み。カフェイン摂取率と某S菌保有率が高め。