MENU

【ハーレーダビッドソン】世界限定1,500台!プレミアム復刻シリーズ「アイコンコレクション」が始動

ハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON®)は、ハーレーのクラシックなデザインテーマを再考し、モーターサイクルスタイリングの未来を探求する限定生産のプレミアム復刻シリーズ 「アイコンコレクション」を、日本を含むグローバルで展開することを発表した。その第1弾モデルが「エレクトラグライド リバイバル(Electra Glide® Revival™)」だ。日本国内の希望小売価格は、3,375,900円(税込)で、全国の正規ディーラーにて抽選販売となっている。

ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル

アイコンコレクションのシリーズは、ハーレーダビッドソン伝統的なフォルムを高め、アメリカらしさをより強く表現するようデザインした、通年の限定生産プログラムだ。

今後も毎年1~2種類のモデルを発表し、各モデルの生産は完全な1回限りで、各モーターサイクルにはシリアルナンバーを付与し、全てのご購入者様には証明書も発行される。世界限定1,500台(全世界の正規ディーラーにおよそ1台分限りの割当て)を目安に生産され、きわめて希少価値の高い、”自分だけのハーレーダビッドソン”を手に入れることができる。

そのシリーズ第1弾モデルが、「エレクトラグライド リバイバル」(写真は米国仕様)だ。このレトロクラシックなモーターサイクルの外観は、ハーレーダビッドソンのモーターサイクルとしては初めて「バットウィング」と呼ばれるフェアリングを搭載した1969年製Electra Glideにインスパイアされ、最新テクノロジーと共に復刻された。

1969年当時、フェアリングとサドルバッグは白のグラスファイバー製の成形品のみだったが、「エレクトラグライド リバイバル」ではバーチホワイトの塗装を施し、その外観を再現。タンクメダリオンとフロントフェンダーのElectra Glideの文字が、当時の雰囲気を強く醸し出している。

ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル

日本市場には114台限りの導入となり、多くの話題を集め高い人気も予測されることから、2021年4月27日(火)~2021年5月27日(木)までの期間に正規ディーラー各店と公式WEBサイト(https://www.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/icons.html)で申込みをした人に抽選販売を実施する予定で、抽選販売期間中に申込がない場合には、後日に店舗ごとに先着順で販売となる。

各店では、2021年5月29日(土)に店頭にて、ハーレーダビッドソンの新シリーズの門出を購入者と共にお祝いする、「購入権抽選イベント」を開催する予定だ。購入権の抽選はハーレーダビッドソン正規ディーラー各店で行い(イベントご来場の有無は、ご購入権には影響はありません)、イベントの内容および抽選方法は店舗ごとに異なるため、詳細は各店へ問い合わせをして欲しい。

■1960年代ベースのクラシック・スタイルを、ハーレーダビッドソン最新テクノロジーで蘇らせた「エレクトラグライド リバイバル」

ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル

「エレクトラグライド リバイバル」のデザイン上の見どころは、1960年代のハーレーダビッドソンFLモデルにも通じる、調整可能なコイルスプリングとショックアブソーバーの上に取り付けられた、白と黒のカバーとクロームのレールを持つソロサドルであり、ライダーの快適性を高める機能的な特長でもある。

クロームのスチールレースホイールとホワイトウォールのワイドタイヤがノスタルジックな色合いを強め、その他あらゆる箇所にもクローム仕上げが施されたプレミアム・クラシックとも呼べる1台だ。

1969年のオリジナル・カラーにインスパイアされた単一のカラー展開で、ハイファイブルーとブラックデニムのツートンカラーの燃料タンクに、バーチホワイトのストライプを配し、フェンダーとサイドパネルにはハイファイブルーのペイントを施している。
そして「エレクトラグライド リバイバル」には、クラシックなスタイルでありながら、多くのハーレーダビッドソン最新テクノロジーが投入されている。

ミルウォーキーエイト114 Vツインエンジン(1,868cc)を搭載し、ベースはシングルスパーのハーレーダビッドソンツーリングフレームで、現在のエンジンパワーを支える高剛性のバックボーンを採用。
シャシー全体をツーリングに最適な長距離用に設計し、エマルジョンテクノロジーを採用したリアショックアブソーバーのプリロードを油圧で調整し、最適な乗り心地とコントロール性を実現している。
デュアルベンディングバルブサスペンションテクノロジーを採用した49mmフォークは、リニアな減衰特性でスムーズな走りを実現する。

クラシカルなバットウィング(フェアリング)には、背の高いクリアウインドシールドとスプリットストリームベントを装備し、ライダーの負担を軽減し、さらにハーレーダビッドソンの最新安全支援技術「RDRS セーフティ エンハンスメント」も標準装備している。
加速時、減速時、ブレーキ時に利用可能なトラクションに応じてモーターサイクルの性能を調整するように設計された、トラクションコントロールをはじめとする技術の集合体だ(詳しくは解説ページ参照: https://www.harley-davidson.com/jp/ja/content/reflex-defensive-rider-systems.html)。

他の2021年ツーリングモデルと同様にBoom!™ Box GTSインフォテインメントシステムとカラータッチスクリーンも搭載し、2つのフェアリングマウントスピーカーも備えている。
ヘッドセットやAndroid Auto™アプリケーションとApple CarPlay®ソフトウェアにも対応しており、クラシカルなハーレーダビッドソンのリバイバルを、多くの最新テクノロジーが支えている。

ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル
エレクトラグライド リバイバル
ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル エンジン タンク
ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル フロント
ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル シート
ハーレーダビッドソン エレクトラグライドリバイバル リア

■モデル名: 「エレクトラグライド リバイバル」
■車両本体価格: 3,375,900円(税込)
■全長:2,400mm ■ホイールベース:1,625mm ■シート高(*無負荷状態):785mm ■車両重量:391kg ■レーク・トレール: 26°173mm ■フューエルタンク容量:22.7L ■フロントタイヤ:MT90B16 72H ■リアタイヤ:180/65B16 81H ■ブレーキ、キャリパータイプ: 32 mm、4ピストン、フロントデュアル、リア固定■ エンジン:Milwaukee-Eight 114 V-Twin (排気量:1,868cc)

※車両画像はすべて米国仕様。日本仕様とは一部異なる場合がある。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

様々な職種を経験した後にこの仕事に辿り着いた。モノ自体に対しての興味は強くなく、モノと過ごす時間や過ごし方に興味があるタイプ。バイクも乗ること自体が好き。カフェイン摂取率と某S菌保有率が高め。