MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

ヤマハクロスカントリー競技用モデル「YZ125X」「YZ250X」2023年モデルが登場

  • URLをコピーしました!

ヤマハ発動機株式会社は、クロスカントリー競技用モデル「YZ125X」「YZ250X」の2023年モデルを発表した。「YZ125X」は、2022年に17年ぶりにフルモデルチェンジした「YZ125」のエンジンとボディをベースに、圧縮比、YPVS、CDIユニットのセッティングをクロスカントリーモデル専用に変更。「YZ250X」は、2022年モデルの「YZ250」の基本性能を継承し、YPVS、前後サスペンションなどのセッティングをクロスカントリー向けに最適化し、マイナーチェンジをしている。発売日は10月31日を予定している。

目次

クロスカントリー競技用「YZシリーズ」2023年モデルを発売~「YZ125X」「YZ250X」はエンジン・車体の進化で戦闘力向上~

ヤマハ発動機株式会社は、排気量124㎤~449㎤のクロスカントリー競技用の2023年モデル4機種を10月31日から順次発売します※。
「YZ125X」は、2022年に17年ぶりフルモデルチェンジした「YZ125」のエンジンとボディをベースに、扱いやすさを優先し、圧縮比、YPVS(ヤマハパワーバルブシステム)、CDIユニットのセッティングをクロスカントリーモデル専用に変更。また、エンジンの出力向上に伴って、サスペンションのセッティングを最適化し、国内メーカー唯一の2ストローク125ccクロスカントリーモデルとして、初級者から上級者まで幅広く楽しめるよう作り込みました。

マイナーチェンジとなる「YZ250X」は、2022年モデルの「YZ250」の基本性能を継承し、YPVS、前後サスペンションなどのセッティングをクロスカントリー向けに最適化しています。
なお、各モデルには共通コンセプトである直線的なホリゾンタル・ムーブメントのグラフィックと、ヤマハブルーに異なる色域のブルーを組み合わせたカラーリングを採用しています。

※本製品は「ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店」にて、2022年9月13日から12月25日までの期間限定で予約の受付を行います。予約が生産計画を上回る場合は、予約受付期間終了を待たずに受付を終了する場合があります。

「YZ125X」
「YZ250X」

※YZシリーズ各モデルは、国土交通省の認定を受けていませんので、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺社の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品です。

【YZ125Xの主な特長】
1)クロスカントリー向けに最適化したエンジン
 2022年モデルのYZ125エンジンの高回転域での力強さを維持しながら、ウッズ、ガレ場、マディ、ダートなど、さまざまな路面状況に遭遇するクロスカントリーに求められる低中回転域での扱い易さを徹底的に追求しました。またシリンダーヘッド、YPVS(ヤマハパワーバルブシステム)、CDIユニットには専用パーツを使用。加えてキャブレターには専用セッティングを施すことで、クロスカントリーモデルとして最適化を図っています。
 なおシリンダーボディ、ピストン、コンロッド、クランクケース、カーボン製リードバルブ(V-FORCE4R)、チャンバー、ハイパワーに呼応して歯幅を広げたトランスミッションギアなどの機能パーツは 2022 年モデル YZ125 と共通です。
 また、吸気方法を2022年モデルのYZ125/YZ250同様の後方ストレート吸気とすることで、高回転域での伸び感、優れたオーバーレブ特性を感じられます。
 
2)専用セッティングの前後サスペンション
 前後とも日本仕様に専用セッティングしたKYB製を搭載。特にデビューライダーにとっての扱い易さを重視し、サスペンションの減衰感がもたらす安定した操作性をライダーが得られるよう最適化しました。ウッズ、ガレ場、マディ、ダートなどの低中速度域を多用する走行シーンから、ギャップやジャンプ着地時などの高負荷時、高速度域の走行シーンまで、官能評価を行いクロスカントリーに必要な「長時間走行」と「さまざまなセクションの走行」に適した特性を追求しています。
 フロントの減衰機構は、背面バルブに微量のオイル流量にも対応するリーフスプリングを採用し、サスペンションがゆっくり動くシーンにおいても優れた減衰力を発揮します。またダストシールとオイルシールとの間に泥をかき落とす”スクレ―パー”を新たに織り込み、オイルシールの保護性能を高めました。
 リアも専用にセッティングし、2022年モデルのYZ125/YZ250よりも前後ピッチが少なく、しなやかな減衰特性となっています。

リリース提供元:ヤマハ発動機株式会社

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

モトメガネCh バイク動画配信中!

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次