MENU
カテゴリー
フォローをお願いします(^^)
フリーペーパー「モトメガネ」配布中!チェック!

パワー!重量!価格!すべてがちょうどいい「ミドルスポーツのススメ」

  • URLをコピーしました!
目次

「ミドルスポーツ」はスポーツ走行からツーリングまでマルチに楽しめる!

バイクのカテゴリーの中でも最近よく耳にするのが「ミドルスポーツ」というカテゴリー。明確な基準があるわけではないが、排気量でいうと400㏄以上〜900㏄未満のモデルが当てはまる。
1000㏄を超えるリッタースポーツは重量があるしパワーもありすぎて扱いきれない。一方で400㏄クラスではちょっと物足りない。そこで重量、パワー、価格など、トータルでちょうど良いということで人気が高まっているのが中間的な排気量に位置するミドルスポーツなのである。

このミドルスポーツが属するミドルクラスにはスーパースポーツ、ネイキッド、アドベンチャー、アメリカンといったいくつかのジャンルが存在しているが、今回ピックアップしたいのは、高いスポーツ性能を備える「ネイキッド」。
カウルこそ纏っていないが、サーキットやワインディングなどでスポーツ走行を楽しめるモデル
だ。
エンジン特性は幅広いライダーが扱いやすい程よいパワーを発生しながらコントローラブルなセッティング。
足回りには高性能なサスペンションやブレーキを備え、しなやかかつキレのあるハンドリングで思い通りの走りを楽しめる。
さらに先進の電子制御を備えているので、路面状況に合わせてエンジン特性を変更したり、自分のライディングに合った足回りにセッティングが可能なモデルもある。
そしてこれらに加え、ツーリングにも対応可能な装備や快適性まで備えているなど、まさにマルチパーパスに乗れるモデルなのである。
そんなミドルスポーツの中でも注目のスポーツネイキッド2車をじっくりとチェックしたのでその魅力を紹介していこう。

ピックアップミドルスポーツ① SUZUKI SV650X ABS

スポーティーながら扱いやすいVツイン

645ccの水冷4ストロークV型2気筒エンジンを搭載した、ネオレトロな外観のミドルスポーツモデル。低めにセットされたセパレートハンドルと高級感溢れるタックロールシートを採用している。独特のVツインサウンドを発するエンジンは、低回転域では独特の鼓動感を味わえるとともに、トルクフルで扱い易い。高回転域では伸びのあるパワーを発揮する味付け。他にはない個性的なデザイン、味わいある走りが特徴となっている。

<主要諸元> ■全長2140 全幅730 全高1090 ホイールベース1450 シート高790(各㎜) 車両重量199㎏ ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 総排気量645㏄ 最高出力72ps/8500rpm 燃料タンク容量14ℓ 変速機6段リターン ■タイヤサイズF=120/70ZR17M/C R=160/60ZR17M/C ■価格:847,000円(税込)

ピックアップミドルスポーツ② KTM 890DUKE

まぎれもないリアルスポーツモデル

889ccの並列2気筒エンジンを搭載する890DUKE。DUKEシリーズは125ccから1290ccまでラインナップされるが、890は次男という存在と言える。デザインは各部にDUKEシリーズ共通のデザインを採用。そのシャープで洗練されたフォルムは、ネイキッドと言うよりも、ストリートファイター的なアグレッシブさを感じさせる。エンジン特性は扱いやすい一方で、回転が上がるほどにパワーが盛り上がる刺激性も持ち合わせる。

<主要諸元>■シート高820㎜ 車両重量174㎏(半乾燥) ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 総排気量889㏄ 最高出力116ps/9000rpm 燃料タンク容量14ℓ 変速機6段リターン ■タイヤサイズF=120/70ZR17M/C R=180/55ZR17M/C ■価格:1,320,000円(税込)

ミドルスポーツ2車の走りと装備などの特徴をチェック

SUZUKI SV650X ABS

ネオレトロな外観が特徴のSV650X ABSだが、Vツインならではのスリムな車体は取り回しも動き出しも軽い。低くセットされたハンドル位置のため、想像以上に前傾姿勢になり、気合いの入るライディングポジションとなる。

走り出すとハンドリングは軽快でキビキビとした走りを楽しめる。低回転からしっかりとトルクが出るVツインエンジンはスムーズに高回転まで回る。パワー感はスペック以上に感じされたのが印象的だった。
見た目のカフェレーサー的な雰囲気もあり、スポーティな走りを楽しめるモデルだ。

不等間隔爆発がもたらすVツインサウンドが心地良い。スムーズな出力特性は街中から高速まで扱いやすいのが特徴だ。
セパレートハンドルの採用でレーシーなライディングポジションとなる。シート高は790㎜で足付き性も良好だ。(ライダー身長:176cm)
今では新鮮な丸型のハロゲンヘッドライトを備えている。
ネオレトロな外観とは異なり、メーターはフルLCDタイプ。
シート前部はタックロール風だが、リヤシートはフラットな形状を採用。これによりバッグなどの固定がしやすい。
ツーリングバッグを装着した状態。

KTM 890DUKE

特筆すべきはその軽さだ! 半乾燥状態で174kgは400ccにも匹敵するレベルの車両重量。これにより取り回しの軽さはもちろんのこと、116馬力のパワフルなエンジンとの組み合わせで抜群の加速力を発揮してくれる。

ハンドリングはまさに自由自在の軽快さであり、街中からワインディングまでスポーティな走りを味わえる。
エンジン特性はKTMらしくレスポンスは鋭い。アクセルの開け閉めに忠実に反応してくれる。ネイキッドスタイルではあるが、もはやリアルスポーツバイクと言えるだろう。

並列2気筒のエンジンは、迫力あるサウンドを発生。889ccから116馬力しパワフルな走りを実現している。
バーハンドルは高めにセットされるが、開き気味なので自然と肘が開くポジションとなる。シート高は820㎜となっている。(ライダー身長:176cm)
ヘッドライトはDUKEシーリーズ共通のLEDタイプを装備。
レーシーなフルデジタルのメーターを採用している。
リヤシートにはしっかりとしたグラブバーが標準装備されており、これがバッグを積載する際に固定してくれる。
フラットなリヤシートとグラブバーによってツーリングバッグがしっかり固定されていた。

2気筒〜4気筒まで、今注目の「ミドルスポーツ」ラインナップ

今買える400cc以上、900cc以下のミドルスポーツの代表的な車種をピックアップ。2気筒から4気筒エンジンを搭載するモデルたちだが、どれも各メーカーのこだわりが詰まったモデルだ。この中から自分にぴったりな1台を探してみてはいかがだろうか。

HONDA CBR650R

650ccの直4エンジンを搭載したフルカウルモデル。ポジションを含め、街中での乗りやすさを重視した味付けが特徴。
●価格:1,056,000円(税込)

HONDA CB650R

CBRと同じ直4エンジンを搭載したネオレトロなモデル。乗りやすさと直4ならではのパワフルな走りを両立。
●価格:979,000円(税込)

YAMAHA YZF-R7

MT-07やXSR700と同じ並列2気筒エンジンを搭載。サーキット走行を楽しめるチューニングを施しているのが特徴だ。
●価格:999,900円(税込)

YAMAHA MT-07

トルクフルな並列2気筒エンジンを軽量な車体に搭載。街中からワインディングまで自由自在の走りを楽しめる。
●価格:814,000円(税込)

SUZUKI GSX-S750 ABS

GSXの血統を受け継ぐ直4エンジン搭載モデル。直4ならではのパワフルながら扱いやすくスムーズで爽快な走りを実現。
●価格:987,800円(税込)

KAWASAKI Ninja650

並列2気筒エンジンを搭載。カウルを纏ってはいるが、ツアラー的な要素が強いモデル。ロングツーリングにもお勧め。
●価格:913,000円(税込)

KAWASAKI Z650

Ninja 650と共通の2気筒エンジン搭載。軽快なハンドリングと優れたスロットルレスポンスを両立している。
●価格:858,000円(税込)

BMW MOTORRAD F900R

895ccの並列2気筒エンジンを採用。BMWの中ではミドルクラスに属する。軽快にスポーツ走行を楽しめる。
●価格:1,081,000円(税込)

TRIUMPH TRIDENT660

トライアンフならではの3気筒エンジン搭載のミドルスポーツ。キビキビした走りを実現。手頃な価格も魅力だ。
●価格:993,000円(税込)

Aprilia RS660

659ccの並列2気筒エンジン搭載し、100馬力を発生する。軽快でパワフルな走りを実現したリアルスポーツモデル。
●価格:1,452,000円(税込)

※記事内容は全て執筆時点のものです。最新の情報をお確かめください。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる