MENU

走りながら会話も音楽も楽しめるツーリングインカム「B+COM」を装着するなら専用WEBサイトでチェックしてみよう!

B+COMの取付方法をヘルメットのモデル別に詳しく解説するWEBサイト

現在サインハウスから発売されているB+COMは2種類。デュアルブルートゥースチップ搭載でハイエンドのSB6X。そしてコンパクトなサイズにシンプルな使い勝手が特徴のONEがラインナップされている。そんなB+COMのWEBサイト内にヘルメットのモデル別に取付方法を解説するページを設置している。取付に困った時はここを見れば簡単にできる!

B+COM SB6X
3万8280円(税込)
B+COM ONE
2万9700円(税込)

取付情報を詳しく解説している専用WEBサイト

こちらの専用サイトから入ればヘルメットのモデル別に取付情報を見ることができる。

SHOEI、Arai、KABUTOといったメーカーのヘルメットの取付情報を掲載

最新のヘルメットへの取り付け方も掲載されているので、ヘルメット選びの参考にもなる。

B+COM本体やスピーカーの取り付け方なども写真付きで詳しく解説されていて分かりやすい!

B+COMはいろいろなヘルメットに装着可能!

B+COMの取付解説は現在はSHOEI、Arai、KABUTOのみだが、実際にはいろいろなヘルメットに取り付けられる汎用性を備えている。ヘルメットの形状に合わせて取り付けられるマウントも用意されているので、愛用のヘルメットにも付けてみよう!装着したLS2 CHALLENGER Fの場合は、標準のマウントで簡単に取付けができた。

装着ヘルメット:LS2 HELMETS CHALLENGER F
SYGN HOUSE B+COM
標準装備のベースプレートでスムーズに装着ができた。

サインハウスのウェブサイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

クルマ雑誌、ツーリング雑誌の編集を経てモトメガネのWEB&フリーマガジンの編集に携わる。これまでツーリングは温泉宿派だったが、キャンプブームで屋外泊にハマりつつある。所有車はZONTESカフェレーサー125Vというマニアックな1台。